FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

冬への備え Ⅲ

CIMG0659.jpg
2日の大時化のあと今日からフエリーは運行しましたが12月から来年五月までフェリーは一便となりその一便が欠航するとまさに離島である事を実感します。でも昨日はあの強風のなか飛行機は20分遅れながらも着陸できました。東京から釣りにいらしたSさん飛行機の欠航を予想し一日早く帰ったのですが今回の釣りは大物が揚がらず残念な結果に終わったみたいです。そのおかげで帰る当日釣れたカレイを二枚頂き親父の口に入場ですが今の黒ガシラ旬だけあって美味しいですね。そして来週天気予報では雪が予想される為除雪機を始動させようとするとエンジンがかかりません。セルに勢いがありませんのでバッテリーを外し充電します。
CIMG0660_20161203161520371.jpg
この小さなバッテリーですが軽四のバッテリーよりはるかに高価なのですが容量が小さいので充電はすぐに終わり獲りつけると一度でエンジンがかかります。親父いつでも関心するのですが朝の冷えている時でもすぐにエンジンがかかるのです。このメーカーのせいなのかはたまた親父が調子の良いエンジンに当たったのか本当に関心します。もう10年以上使っているのですがトラクターの入れない狭い場所で使っているので使用頻度が少ないのが調子の良い原因かもしれません。そしてソ連の避難船が!
P1030800.jpg
1日から奥尻港沖にアンカーを打ち避難しているのです。ここは西風が吹くと島影になり波がないのです。なぜソ連船と解かるか?と言うとこの船型がソ連から来る船の照準船型でこれより大きな貨物船になると中央に船橋のある貨物船などがあります。10年位前は日本に来る船は来る時は木材を甲板一杯に積み帰りは日本の中古車を甲板に積んでいたので日本に来る船か帰る船か分かったものですが最近はこのような貨物船は見られなくなりました。当時のロシア船は船体は錆び船底塗料も塗っていないような貨物船がほとんどでしたがソ連の国力が回復してからはそのような錆びまみれの船は見られなくなりました。そしてこの奥尻に避難する船もたまにしか見られなくなりました。日本とソ連の貿易量が減ったから、それとも長期予報で運行管理しているからでしょうか?そして親父日ソ経済協力について一言も二言も云いたい事があるのですがそれはまた後で。
スポンサーサイト



<< 月と金星 | ホーム | きなんぽ頭 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム