FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最悪の釣り

CIMG0634.jpg
日曜日親父の唯一の釣果の鱈ですがオスでした。6.30分出港時どんよりした曇りでしたが宮津沖の根に着いた頃には雨模様になりその上北風が吹き海上は白波が立っています。この位なら何とか釣りが出来るだろうと仕掛けを投入しますがまた下潮でその上風が強く南へ1.7マイルの速さで流されます。その上船尾にぶつかった波が襲いかかり親父びしょ濡れです。最初から合羽を着ていれば良かったのですが後の祭りです。そして二投目投入しますが流される速度が速くなかなか底に着かず諦めて漁船が沢山いる宮津陸の根に向かいます。晴れでも雨支度、夏でも冬支度とは海象の有名な言葉ですが親父のびしょ濡れの体には実感します。そして陸の根に着き一投目を投入しますが体が冷えてきたので底に着く前に巻き上げ仕掛けを回収し8時前に帰港します。これだけ濡れてしまうと船の暖房を強にしても効果は無く、本当に最悪な釣りでしたが釣った鱈がオスだった事が唯一の救いです。
20161119_113159ぶり
そして午後に届いたS船長の釣果です。北部方面の水深100mラインだそうですがこの他リリースしたのが沢山あるそうです。余り大きくなくブリの手前みたいサイズですがやはり親父と釣り方が違いジグなので深い海底を攻める事が出来るのでブリ釣りには合っているのでしょう。親父もこの時期のぶり釣りの方法を変えなくてはならないでしょう。S船長まだ若く釣りの経験は多分親父のほうが長いと思うのですがブリ釣りに関しては完全に親父の負けです。そして同じ日いつもお世話になっているT船長は親父帰港後宮津陸の根に行き昼過ぎまで粘りクーラー(親父の倍くらいの大きさ)一杯釣り上げたそうです。鱈で負けブリでも負けている本当に情けない親父です。やはりいつでも海に行けるという甘えの心が今日しか海に行けないと言う人の気力に負けてしまうのでしょう。今度からは合羽を着て波を被ってもメガネが濡れないようにゴーグルを着用して(笑い)頑張ります。
スポンサーサイト



<< 鱈のリベンジ | ホーム | 冬への備え Ⅲ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム