FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

キュウイFの収穫

CIMG0607.jpg
先日の雪でキュウイの葉が落ち実がむき出しになってしまった庭のキュウイを収穫しました。今年は余り手をかけずにいた為実の小さいのも交じっていて不揃いですがキュウイは木に付いている状態では熟さないとう事で収穫しました。そして収穫前の木の状態です。
CIMG0606.jpg
キュウイの木にはオス、メスの木があるらしいのですが家にはオスの木が一本でメスの木が二本あるのですが何故かこのように上に伸びるのはオスの木ばかりなのです。収穫したこの伸びた部分を剪定したのですが本当は春先に剪定すれば良いのだそうです。キュウイの木は本当に丈夫で伸びた木を切っても切っても伸びてくるのです。新しい芽を伸ばし古い木を伐れば良いそうで実を沢山採るにはメスの木を残すのだそうです。オスメスの木は枝をたどって行けば分ります。そして側には
CIMG0610.jpg
親父体型の狸が仲間だと思っているのか親父の作業を見守っています。最近狸は山に餌が無いのか人家の回りを昼、夜関係なくうろついています。以前は夜だけ出没していたのですが最近はこの様に日中でも平気で出歩いています。島の狸は昭和10年頃軍隊用の毛皮を取る為狸を放したのだそうでそういえば終戦後狸で襟巻を作り着用していたのを思いだします。多分狸が増えたため町中に出てくるのでしょう。ほとんど毎日道路上には狸の死骸を見る事ができます。動作が鈍く車のライトに向かってくる為でしょう。
CIMG0611.jpg
剪定後の木ですが大分スマートになりましたが棚を作り横に伸ばさなければならないのですが左側には椿の木ともみじの木があり右側にはつつじとはえまつと桜の木がありこれ以上横に伸ばせない状態なのです。
CIMG0608.jpg
そして剪定後婆さん特製の肥料と糠を混ぜ合わせ来年の為の肥料を与えます。島ではキュウイはポピュラーな木で何人の栽培していますがA地区のHさんは山にキュウイを植え鉄パイプで棚を作り大規模に栽培しています。販売もしているのでしょうか?親父の場合はこれからビニール袋に入れリンゴを入れ熟成?させてから食しますが昨年は毎日食卓にキュウイが出てくるので最後はキュウイを見たくなくなりました。残ったキュウイは何処へ行ったのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 冬への備え Ⅱ ペチカ | ホーム | 小ぶり釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム