FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大時化後の清運丸

CIMG0602.jpg
大時化後初出漁し先ほど入港した清運丸ですが朝4時に出漁し先ほどの入港ですから約12時間海の上にいた計算になります。凪が良ければこれが毎日続きますので激務である事は間違いありません。今日は時化の前の網を揚げた為虫喰いのぶりも居ましたがオスの鱈140箱も揚がり大漁です。全部甲板で親父と同じようにオス、メス選別して箱に入れてありましたがまだ選別していない鱈が甲板に山積みしてありました。
CIMG0598.jpg
選別されたオスの鱈ですがほとんどの魚はメスの方が値段は高いのですが鱈だけはタチ(白子)が入っているためオスの方が値段が高いのです。この後計量し氷を入れハッポー詰めされ出荷されるのです。そして前部甲板には虫食いされた大きなぶりが見えます。
CIMG0599.jpg
二日間も海底に止め置かれた為か大きなぶりが虫に食われ身もあらわになっています。鱈は余り虫に食べられないそうですが虫も美味しい魚から食べるのでしょうか?鱈網を挿す深みにもぶりがいるのでしょう。そういえば最近ぶりの便りが島内のあちこちから聞こえるようになりました。磯から投げて小ぶりを5本も釣った人もいればプロの漁師で10キロ以上の大物を釣り上げた人もいるそうです。そして10キロ以上のぶりはキロ3,000円以上もするそうです。そして明日は親父もぶり釣りに挑戦する予定なのです。はたして親父の針に喰いつくぶりはいるのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 小ぶり釣り | ホーム | 神の手 Drキナンポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム