FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今朝の全島の水揚げ

CIMG0576.jpg
トラックに積み込まれた今朝のイカは約500箱釣り鱈100箱ですがタコの水揚げは未確認です。親父鱈釣りの準備を昨夜の内に準備を済ませまだ暗い6時に着替えを済ませ港に向かいますが何故か出漁している漁船はありません。小雨が降りまだ暗く波の状態が確認できず青苗灯台の気象情報を聞きますと南東の風5mとのことです。親父の船で宮津沖で操業出来るぎりぎりの状態ですが一艘だけで操業するのは万が一の場合不安がありますので出漁している漁船を確認するため新漁港区まで行くとちょうど積み込みの終わる頃でした。
CIMG0575.jpg
これは釣り鱈のハッポーですが朝早いためか?ピントが合っていません。いかは昨日の価格ですと20尾入れが4000円で30尾入れが2000円だそうです。そして現在は太平洋沿岸方面に出かけていた島のいか釣り漁船もほとんどが島に戻ってきています。太平洋岸でもあまり漁が無くその上時化が多く出漁できないのだそうです。しかしいかの値段は高騰し木箱なら一箱20000円近くもするのだそうです。多分採算度外視で加工業者に卸す必要があるので仲買業者が買っているのでは?と言う話です。島でも木箱なら15000円もするそうです。異常な値段です。
CIMG0578.jpg
そして午前8時の宮津沖のイカ釣り漁船です。最近いつもこの近辺に出漁していますが今から場所取りをしているのです。ソナー、魚探そして海象を見ながら午後からの操業に備えているのです。ですから朝3時頃帰航し出漁準備をし8時頃出漁なので今が睡眠時間なのです。全島でいか500の水揚げは全く大漁ではありませんがこのうち一、二隻が50~100箱位の水揚げをするのです。まだ早いですが獲った漁船にはまさにボーナスです。例年12月になると大漁した漁船はボーナスいかというのです。
CIMG0580.jpg
そして親父が今朝の鱈釣りに備え準備したクーラーですが昨夜の内に準備氷を入れ準備したのですが無駄になりました。天気予報を民間の会社で調べたら朝6時の予報は曇りで風は南東2mでなんの問題もなかったのですが現実は雨で青苗灯台では南東の風5mで海は波高1m位ありました。やはり島の天気予報は函館海洋気象台の予報が一番正確だと思う親父です。その後明るくなってからタコ獲り漁船が出漁して行きましたが今は穏やかになりましたがこの後はまた荒れる予想ですので次はいつ出漁できるのでしょうか?鱈にはタチがバンバンに入ったそうで親父は燃えているのですがプロ漁師の人達も鱈釣りしているようで親父のようなセミプロの漁師の餌に喰いつく鱈はいるのでしょうか?朝早く出漁しイカを釣りそのいかを餌にすると冷凍イカを使用している人に比べると二倍以上の釣果があるそうです。これは親父釣れない時の為の弁明ではありません。本当の話です。
スポンサーサイト



<< 青森ひばの成長H28年 | ホーム | 冬への備え Ⅰ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム