FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今朝の貧果とひらまさ

CIMG0295.jpg
夏の繁忙期も終わり海へ行く余裕も出てきましたが年齢のせいか体の疲れがとれません。以前なら体の疲れは仕事の後の冷たい麦ジュースで披露回復したのですが今年は万能の麦ジュースを飲んでも疲労は溜まるばかりです。そんな訳で今朝は五時半起床で六時出港の7時30分帰港でした。獲る人で5~6本で親父いつもの漁場へ着いた頃Hさんは四本を釣り上げ帰航の途中でした。今日は下潮が速く鳥山もなぶらも見えない状態でしたがそれなりに釣れたみたいでしたが大漁するにはやはり朝早くが良いのでしょう。型は平均小ぶりみたいですが親父の大きなな方で3.5キロでしたがこの小ぶりは針のかかった場所が悪かったのか強烈な引きで親父6キロ以上はあると喜んだのですが期待外れでした。
IMG_1374 (640x480)
そしてひらまさが釣れたとの報告が!Tさんが稲穂岬でジグで釣ったそうなのですが約2キロあり刺身にしたら脂がありすごく美味しかったそうです。親父かんぱちの小型は釣った事はあるのですがひらまさはまだ釣った事がありません。ぶりと似ていますが尾に特徴があるようにみえます。Tさんは島ではジグなどの草分け的存在なのですがソイなどの魚もジグで大漁しているのです。親父は昔から釣りは餌のほうが絶対釣れるとの信念を持っているのですが最近はその自信も失いつつあります。なぜならいろんな魚でジグの人が大漁するようになってきたからなのです。平均ぶりが小型になってきたのでそろそろ北上するぶりも終わりになり南下するぶりになりそうな気がします。南下するぶりは小型でも腹がまるまる太り脂がのり(親父体型)美味しいのです。ひらまさも食べてみたいものです。
スポンサーサイト



<< 孫帰る | ホーム | 金魚産卵の予兆 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム