FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

瞬間移動の原因判明

CIMG0256.jpg
六日夕方親父池に行くと金魚エリアに小さな鯉が入っています。親父タモを持ち鯉をすくおうとタモを持ち鯉を見つめていると鯉が瞬間的にサッシの網戸の下を横になりすり抜けます。翌日また水を排水しながら池の底と網戸の隙間を指をいれ計ってみますと約3.5センチ位あります。網戸を支える鉄の支柱は暑さ約1センチですから本来池の底と網戸の隙間は1センチしかないはずなのですが池の底は水平ではなく部分的に3.5センチもの隙間があったのです。そして親父が考えた隙間を埋める作戦は大型タイヤショベルのタイヤチェーンをその隙間に置く事だったのです。小さな石なら大きな鯉の尾で動かされてしまう恐れが有る為です。このタイヤチェーンは親父以前港に一年中係留していた時定アンカーのラインとして使用していたものなのです。腰が悪くなる前は一年中港に係留し釣りをしていましたから。一月にマス釣りをしていた時は中通しの竿先が凍り着き使えなくなりすると海に入れると凍りが溶けまた釣り始めたと言う事もありましたが最近は寒中の一月にマス釣りをするなんてこと事は考えられなくなりました。やはり年のせいで一月に釣りをする気力が失せているのでしょう。そういえば最近中通しの竿も見かけなくなりましたね。
CIMG0255.jpg
キナンポ土木が施行した隙間埋め工事ですが今日現在鯉、金魚の越境問題は発生していません。金魚は皆仲良く集団行動していますが鯉は金魚が恋しいのか網戸に体を擦り付けるようにして泳いでいます。鯉と金魚を分離してから金魚は変化ない様子ですが鯉は泳ぐ時間が短くなったように思うのです。鯉は集団行動はとらず各自自由行動が好きなのかマイペースですが用心深くなったような気がします。池に親父が近ずくとすぐに隠れてしまいます。金魚と分けた親父を逆恨みしているのかもしれません。
CIMG0263.jpg
中央の腹の横が白いのがお嫁さん金魚ですが出産を経験しているせいか堂々たる風格ですでに肝っ玉母さんの風情です。S先生ご安心ください。侍従ともども皆さん元気で仲良くしていますから。
スポンサーサイト



<< 今日の旅人 | ホーム | 池の謎? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム