FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

島のうに

CIMG0192.jpg
今朝集荷場に持ちこまれた取り立ての生うにです。漁師さんはこの様なざるに入れて集荷場まで持ち込み計量するのですが一つのざるに700g前後入っているそうでクーラーに入れて温度管理しながらもってきます。島全体で一日でその時の海象にもよりますが500キロから600キロ位水揚げされるそうです。現在の浜値は一キロ11,000円で昨年より値上げしています。それだけ島にウニが認められた事なのでしょう。漁師に人は嬉しいでしょうが我々消費者は口に入らなくなります。そして側には地元の水産加工業者㈱さとうの買い取り人がバケツを並べて待っています。
CIMG0191.jpg
このバケツには無菌海水が入っていてこの中に買ったウニをざるのまま入れるのです。最初にざるを斜めにして並べ水分を切った状態で計量するのです。水分が多く含まれていればそれだけ値段に反映されるでしょうしグラム当たりの単価は11円にもなるのですから。赤いダイヤならぬオレンジ色のダイヤです。
CIMG0190.jpg
そしてバケツの中はこのような状態です。バケツの中にウニの入ったまのざるを入れ一つのバケツにたしかざる七枚が入ると言っていたような気がします。そして㈱さとうさんでは毎日100キロものウニを仕入れるそうでその金額も大変なものです。㈱さとうさんは各デパートなどの催事で全国を飛び回っているのでこの位大量に仕入れる必要があるのでしょう。また㈱さとうさんは島の食材にこだわっているのです。漁師さんに聞いた所では価格は7月中は11,000円で8月になるとまた変わり親父の感ではさらに値上げする?かもです。たしか4年位前はキロ6000円ぐらいでしたから約倍近い値上がりです。島のアベノミクスはウニ取り漁師だけでしょう?
スポンサーサイト



<< 金魚の嫁さん作戦Ⅰ | ホーム | ロビその後 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム