FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

そい爆釣

CIMG0151.jpg
今朝二時間の釣果です。親父昨日は笑って堪えて4時間スペシャルも見て寝たのが11時で寝坊してしまい目が空いたのが5時10分で昨日のアルコールがまだ残って?いる状態でもう一度寝ようか迷いますが一度目を開ければ眠れない後期高齢者なのでダメ元で冷凍庫から餌を取り出し出港を決意します。そして漁場へ着いたのが6時20分でここから今朝の爆釣がはじまります。最初の一投目からすごい引きでモーターがスリップして巻き上げる事が出来ず親父根掛かりしたかと思い仕掛けを切る覚悟でラインをクリートに結び前進させますが仕掛けは切れず手で助けてやるとゆっくりと上がってきます。そして仕掛けを見ると真ん中の針に餌が付いていません。この仕掛けで前回4キロの小ぶりが釣れていますのでぶりだとしたらそれ以上のぶりだったのでしょう?そして二投目こんどは針三本に良い形のソイが三尾掛かりやはりスリップします。本当にソイ独特の強い引きです。
CIMG0153.jpg
そして休むひまなく一本、二本と揚がりますが根が小さい為一回流すと根から外れてしまいますのでそのたびにポイントまで登ります。そうしてる内に竿にトラブルが!親父道具には全くお金をかけずメンテも満足にしていない為竿のガイドが腐って外れてしまいます。もう20年も使っている竿なので寿命と言えば寿命なのでしょう。
CIMG0149.jpg
使用後真水で洗い乾燥させておけば良いのでしょうが親父の場合は船にそのまま積んで置くので傷みも早いのでしょう。今年は鱈用の電動リールも不調で修理に出さなければならずトラブル続きでお金がかかりそうな年になりそうです。3年前腰の不調で一年休漁して以来お金をかけていないのでその付けが回ってきたのか?釣り具の寿命なのか?悩みはつきません。そして根からみた噂の恐竜海岸です。
CIMG0148.jpg
さすらいー北海道でカヌーでこの海岸を漕いだ状態の画像を見ましたが本当に日本一の美しさです。今日はヤマセの風で山から風が降ろしているのでさざ波が立っていますがこの海岸には人家がないので余計に美しいのでしょう。そして餌を使い果たし帰航します。
CIMG0152.jpg
そして稲穂岬灯台と左端に見えるのが水深10mに立つ反射塔です。夜間はこの反射塔に灯台からサーチライトで照らし続けています。3年位まえ大時化でこの反射塔が折れて海中に沈んだのですがまた再建されたのです。ベテランの漁師ですとこの反射塔の中を通る事ができますが親父はこの中は怖くて通れません。必ずこの反射塔の外側を通ります。それにしても楽しい釣でした。
CIMG0154.jpg
縞ソイは2キロありその下二尾は真ソイで良い形で並べた時点でまだ生きていました。大型4尾は友達に送り後はおすそ分けです。これだからそい釣りは楽しくてやめられないのです。
スポンサーサイト



<< 第八回奥尻マリンクラブ鱈釣り大会 | ホーム | 五日夕方の釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム