FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年最初の鱈釣り


 今日は8月最初の土曜日で仕事が忙しいはずなのですがわずか2本の予約のみ、これではもう島も終わり?ってことで日和ヤマセもオホーツク高気圧が弱まったため北風に変わり波高1M程五時半出港する。この日稲穂地区はおか波があるためウニ取りが出来なかったそうです。目的地では北風と1マイル強の上潮で操船に苦労するがまず170Mで1回め、すると底に着くか着かないの瞬間に強烈な引き、すぐ巻き上げると電動リールがスリップしながら巻き上げると4本の針に良い型の鱈が3本。こんどは145M台の浅瀬に落すと小型が針数。まるで鱈が口開けて待っているような状態。しゃくる暇もない。多分親父の感じではやく1か月も日和ヤマセが続き誰も鱈釣りに行けなかったので底に鱈が溜まっていたのでしょう?。7じ最後の竿を180Mラインに落すと底に着く瞬間またも強烈な引き。スピードを緩めてまきあげるが後20M位で軽くなり2本しかついていない。周りを見ると鱈が知り腹を見せて浮かんでるではありませんか!急いで後進しタモで上げようとするが親父の船は一軸船のため後進時は舵のききが悪いため何度もトライすが網にはいらない状態が続くがようやく回収に成功。なんとこの鱈が今日の最高八キロ、この間にもう1本の鱈にカモメが襲い掛かり。カモメも腹がすいているのだろうと思いカモメに寄贈する。この八キロの鱈はマリンクラブ鱈釣り大会で優勝したソイ釣名人T船長が11キロを釣り上げた場所。親父のGPSでは105ポイントです。そして7時半帰航。こrが今日の釣果です、約20本近所に配り皆さんに大変喜ばれました。
スポンサーサイト



<< 780円の鯉 | ホーム | 北前船の錨の元風景 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム