FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

北前船の錨


この北前船の錨は昭和20年代故中島喜一氏が青苗港沖に沈んでいたのを発見し青苗の名人漁師故荒川忠三郎氏がロープをかける事に成功し中島さんの喜栄丸が引き揚げたものです。縁あってキナンポ親父の所有になりました。観光名物になるのではないか?と目立つ用に展示しましたが観光客で興味を示す人は100人に一人位でちょっと期待はづれです。親父が船に興味あるから期待が多き過ぎたかも。年代測定できる所を知りませんか?ネットで調べ3,4社にメールしましたがいづれもできないとの事。青苗の漁師に聞いたら明治のころ今の奥尻空港の下の海岸に北前船が座礁しその救助のとき松下さんの先先先(?)代も亡くなったそうです。奥尻島は北風が吹くと避難する島だったのではないか?と言う事です。そういえば清運丸も鱈網のさい宮津の沖の根北側斜面で網にひっかけ
上げたそうですが船に揚げれない為また捨てたそうです。宮津沖の根とは500M位の水深から140M位まで立ち上がる奥尻の大きな根です。この根に錨を捨てざるを得なかった北前船船員の勇気あるいは恐怖心は尋常なものではなかったとおもいます。後稲穂のカレイ網にもかかったこともあるそうです。この錨を見るたび先人の偉大な夢に思いを馳せます。


スポンサーサイト



<< 北前船の錨の元風景 | ホーム | 本当に最後のソイつり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム