FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ターボツイスト導入

P1030663.jpg
先日の鯉の死亡のショックを受けた親父は色々な原因を探りましたがまだ一つしていない事に気づきました。昨年函館に行ったさいS歯科医先生の池を見せてもらったのです。そこには雨水を手作りの三種類のフイルターで濾過しさらに殺菌灯にタイマーを付け水を殺菌灯で殺菌していたのです。S先生は大変器用で紫外線による殺菌システムも手作りなのです。不器用な親父は水を殺菌することを思いつきネットで調べたらなんと新潟県の小千谷市(鯉、金魚の生産地)にたどりつきました。
P1030664.jpg
池の水を吸い上げる吸水ポンプでこれで水を吸い上げ筒状の中を通るとき紫外線により殺菌し左だり側のホースで殺菌した水を池に戻します。殺菌灯の寿命は約8000時間もありランプが点灯しているかどうかはターボツイストの右側を覗けば確認できます。水を綺麗にすることにより病原菌やウイルスを減少させ病気の予防に役立つでしょう。そして池で一番大きな鯉です。
P1030671.jpg
昨年8000円で購入したのですが一回り大きくなりました。これが昨年亡くなった大きな鯉になるまでにはまだ10年も必要でしょう。ターボツイストのおかげで6キロもある大物になってください。それでなければターボツイストを導入した意味はありません、親父亡き後も悠悠と育ってください。鯉の寿命は60~100年ともいいますから。そして他の鯉の成長を見守ってください。

スポンサーサイト



<< 試験操業 | ホーム | 春一番の頂きもの >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム