FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

DGPS魚探の取り付け

P1000126.jpg
昨日光電社製のDGPS魚探の取り付けが終わりました。二日前に電話があり船底のビルジの排出と取り付け部分の掃除をお願いされ約3時間かかり作業は完了しましたがメタボ体型の親父は狭い機関室ないで腰痛を再発してしまいました。そうして機関室はこんなにも狭いものなのでしょうか?小さな船体に最大限の馬力を積み込もうとするからなのでしょうか?親父の場合は30フイートの船体にデーゼルの230PSターボなのですがデーゼルだけあって機関そのものが大きいのでしょう。230PSなら船外機でもあるのですが同じ馬力でも船外機とデーゼルでは時化た時では雲泥の差がありデーゼルの圧勝なのです。船舶の整備士はスマートである事が最低必要条件でしょう。
P1000123 (2)
送受信器です。いままでは低周波、高周波と二個の器具が必要だったのですが現在は一に纏められています。DGPSは広い海上でも誤差が1m以内と言う精度で大変なすぐれものなのです。親父の古いGPSでは誤差が最大で15mと言われていましたが実際は4,5m位でしたから誤差1m位と言うのはすごいものなのです。実際の釣りではこのような精度は必要ありませんが。その上海底1000mまでの等深線まで表示されるので魚も隠れようもありません。使いこなせるかどうかは親父の勉強しだいですが飲む暇があっても勉強する暇がありません。そしてスクリューとラダーは?
P1030540.jpg
昨年上架した時に掃除をした後の状態なのですが昨年はスクリューとラダーに沢山の藤壷がつき速度が1.5マイル位落ちたので今年はそれを防ごうとヤマハ製の新しい防汚塗料を買い塗ることにしたのです。ただ色が黒の為スクリューの金色が黒になるのが気にいらないのですが。
P1000124 (2)
塗装後の状態です。プロペラのシャフトの亜船も二個に増やしラダーの亜船も交換しました。明日天気が良ければ船底塗料を塗り完了です。親父船の準備が出来たらマスが釣れなくなったそうです。まさに家内の言ったとおりで最悪です。普通漁船などは稼働率が高いのでここまでする必要はないのですが親父の場合は忙しくなると1か月も係留したままと言う事もあるのでこうした準備が必要になるのです。親父の頭でデジタル、ブロードバンドと言うプロッター魚探を使いこなせるのでしょうか?正確な値段は怖いのでまだ聞いていません。
スポンサーサイト



<< 今日の釣果? | ホーム | キトビロの偵察 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム