FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

P1030558 (640x427)
今日68歳の誕生日を迎えました。沢山のお祝いのお言葉ありがとうございます。戦後のべーブームに生を受けアめリカからの救援物資で飢えをしのぎ毎日いもとかぼしゃと塩ほっけを食べながらも皆貧しながらも隣近所の助け合いで生き延び集団就職で戦後の高度成長を築きそして今後期高齢者と言われるようになったまさに団塊の世代です。都合の良い時は金の卵と言われましたが現在は年金破たんは親父達のせいだと言われそうです。このノートはもしもノートと言いじぶんの資産や借金、そして病気や終末医療は尊厳死なでこれから起こりうる事に備え記入するようになっているのですが親父2年前特定非営利法人から購入してあったものなのです。それが先月から書き始めほぼ完成しています。なぜか先月から死について後に残る人に迷惑をかけたくなくなり書きはじめたのです。男は健常な人で73歳が平均でそれ以降は健常でなくなる可能性が高いと言う事は親父後5年しかありません。病気持ちの親父はそれよりさらに短くなる可能性が非常に大です。若い時はヨットによる日本一周、そしてボートによる日本一周も海の怖さを知り断念、そして車による日本一周の昨年函館で車をバック中に相手車もバック中に衝突し自信喪失中なのです。親父若さゆえの誤り時をのぞいて事故は起こした事がないのです。それで試しに北海道一周をして自信を付けてから日本一周にチャレンジしようとしているのです。超えるハードルは高いですが。
P1030560 (640x427)
そして昨年ハコラクに載った恥じかしながら親父の写真ですが昨年夏大阪の弟がこれ良い写真だからこれを葬儀の時に使えと言うのです。それで今回ハコラク編集部に電話したら心良くメールで送ってくれたのです。そしてtさんにトリミングの仕方を聞いて作ったのがこれなのです。ハコラク八月号は発売された時親父函館の二軒のスナックのママから電話が来て親父写真が載っている事を知ったのです。取材は受けたのですがまさか載るとは思っていなかったのです。そしてハコラクは江差で見た人から送ってもらい見たのです。おやじいつもムッツリしていて無口なほうなのですがさすがプロカメラマンめったに見れない笑顔を捕えています。残り少ない人生このような笑顔で終わりたいものです。でも親父なら無理でしょう。後すこし思う事を言い憎まれながらも自由に生きていきます。もしもノートの記入も後少しで終わり完了です。それだけ死を現実の物として受けいれてるからなのでしょう。
スポンサーサイト



<< キトビロの偵察 | ホーム | おじろ鷲 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム