FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

3.5キロ桜マス

20160207_092435.jpg
今朝3.5キロの桜マスが奥尻港沖で上がりました。昨年から絶好調の第五天祐丸のS船長で画像をLINEで送ってもらいましたが親父その画像をPCに取り込む事が出来ず家まできてもらいました。ラッキーストライクのと比べればまた漁協の15キロ入れポリ箱と比べれば大きさが解かるとおもいます。港沖で底でジグで釣り上げたそうですが春に行われる奥尻マリンクラブのマス釣り大会に出品しても1,2位を争える大きさです。20数年前は優勝を狙うなら5キロ以上でなければ可能性がないと言う位大物が数が釣れたのです。
20160207_093124.jpg
親父昨日フエリーで帰る時島が近ずくとフエリーが汽笛を二度程ならしました。港沖で小型船がマス釣りをしていたので航路を空けるための汽笛だったのでしょう。そして準組合員のTさんは昨日も20以上今朝も20本以上釣りあげたそうです。今日は大きいので1.5キロで後は小さいそうですが9時頃からは入れ食いに近い状態になったそうです。S船長は深いと言いTさんは浅いと言います。親父の記憶では例年建国記念日頃に一番釣れるように思いますがどうなりますか。この時期を逃すと例年島ではマスが釣れなくなり陸でルアーで釣る人の方が数多く釣れるようになるのです。不思議ですが沖にはオットセイが来るので逃げて岸よりするのではと思います。昨年マス釣りライセンスを7000円払った人が二本しか釣らず陸でルアーの釣り人が30本以上釣った話を聞きなど矛盾だらけなのです。S船長今日はビギナーズラックだと言って謙遜していましたが昨年は10キロのぶりを釣り上げるなど恐怖の新人なのです。古参のマリンクラブ会員も強敵が現れたと思っているでしょう。そして夕方赤石沖きに見慣れぬ船が。
P1030406.jpg
親父いつも宮津沖の根で鱈釣りしていると良く見かけるコンテナ船ですが漂泊しています。このクラスの船舶ですとこのくらいの波はなんら問題にならないはずですがおやじ19時過ぎウオーキングしているとまだ沖合を漂泊していました。いつもは桧山沿岸を航行するのですが島のすぐそこにいます。時間待ち?それとも何かあったのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 陸でも桜マス | ホーム | みそぎの郷木古内から奥尻へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム