FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

軽トラのエンジン交換

P1010520.jpg
親父愛用の軽トラが9月中旬山へ青森ヒバの成長を見に行き私道を走行途中異音がしエンジン部分に木の枝でも挟まっているのだろうと思いそのままにしていたのですがしばらくたっても音が収まりません。車庫で車の下を覗いてみても異物が挟まっている様子がありません。整備工場へ持っていくと音を聞くなりすぐさまエンジンオイルの点検をします。するとエンジンオイルが全く入っていないではありませんか。いままでオイルの警告灯が点滅した事もありません。オイルを入れ様子を見る事になりなりましたが異音は消える事なくますます大きくなる気がします。ちょうど鱈釣りの最盛期でどうしても軽トラが必要なのです。そんな時以前から申しこんでいた人間ドックの入院が決まりその期間中に町営整備工場で中古エンジンと交換してもらう事にしました。
P1010521.jpg
取り換えた中古エンジンで九州に有ったものを取り寄せたもので走行キロ数は84千キロで6か月の保証付きです。親父のは94キロ走行でタイミングベルトも取り換えてありますがまあ同じようなものですが取り換えてエンジン音が静かになりクラッチが軽くなりグッドです。これで海に山に思うぞんぶん活動できます。やはり親父に似合う車は軽トラです。万能の乗り物です。
P1010518.jpg
そして午前10時頃の長浜海岸の大鷲です。親父のブログ用カメラではこれが精いっぱいのズームですが親父の記憶では例年より来島が早いように思います。そしてマメラの左上にはゴミ?が付いています。一度メーカーに出して掃除したのですがまた入ったみたいです。このカメラなら大体マスターして何とか使えこなせるのですがカメラを変えると使いこなせない親父なのです。新しい事が覚えられないのです。船上で使用したり波の衝撃に耐えるなど過酷な使用条件で使用しているので限界なのかもしれません。
スポンサーサイト



<< 久しぶりの久遠漁港 | ホーム | 清運丸のほっけ刺し網 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム