FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ペチカ

P1010432.jpg
冬型の気圧配置になり今日は北西の強風が吹きフエリーは欠航となり親父海にも行けず仕方なくペチカの掃除をすることにしました。煙突が高く吸い込みが良いので煤がそんなに溜まってないだろうと思いましたが念の為中を覗いてみると想像していたとうりで昨年より綺麗な状態でした。昨年は煙突に近い方の排出に苦労したのでボートフックを利用する事にしました。
P1010436.jpg
このボートフックは伸縮するので奥のほうまで届きひのる事もないので煤を取る事ができます。細い鉄筋ですと長くなればなるほどひのり先を自由にコントロールすることが出来ないのです。そしてペチカの内部です。
P1010437.jpg
二番下の内部ですがまだ上の方に煤がまだあります。左に見える煙筒は石油ストーブ用で一番下は薪ストーブ用なのです。家では薪を燃やしていますが家のは石炭でも使用できるのですが薪は山へ行けば沢山あるので不自由しないのですが親父肝心の腰が悪いので薪を運ぶのは家内の役目なのです。漁師は陸の上ではよぼよぼで腰が曲がっていても不思議な事に船上ではしゃきっとなり腰が伸び機敏になるのです。親父も多分そうなのでしょう。8.5キロのぶりでも歯を食いしばり一気に上げますから。今週は天候が荒れ模様で海へ行ける日はないでしょう。親父タチの入ったオスの真鱈もう五本取らなければならないノルマがあるのです。そして海ではほっけの情報も入ってきました。水深120mの岬の先で良い型のほっけが釣れたそうでまだ卵が入ってなく脂があり大変美味しかったそうです。そんなでこれからほっけの仕掛け作りです。親父いつ仕事しているのか自分でも不思議です。
スポンサーサイト



<< おめでとう松縄君 | ホーム | W社長の鱈釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム