FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

マチュア無線ポータブル運用

P1010306 (2)
9月25日から27日までJARL渡島桧山48時間コンテストが行われました。親父も26日夜7時から球島山の下標高約300mの牧場から運用を行いました。車用のモービルアンテナなので感度は良くありませんが高さで局数を稼ぐ作戦です。良く馬鹿とアマチュア無線家は高い所が好きだと言いますが本当です。高い所、山などで電波を発射するとそれだけ遠くへ電波が飛ぶのです。そして上空には満月が輝いています。
P1010309.jpg
月光が海面に反射し南は熊石方面、北は瀬棚町の町の明かりが見え愛を語りあうには最高のロケーションなのですが親父の側に来るのはまるまると太った狸だけです。熊も毒蛇もいない島では狸が最強の動物で特にこの球島山周辺は良く見る事が出来るのです。この球島山展望台は360度見渡す事が出来観光のお客様の一番評判の良い観光スポットなのです。親父いつも車に積んでいる無線機調子が良くないので自宅にあるモービル機を積んでの運用です。
P1010308 (2)
親父開局当時に買った25年位前の無線機なのですが今でも絶好調なのですがCQ,CQをだすのですが応答は芳しくありません。開局当時は桧山の空も空き周波数がない位で夜おそくまで交信していたものなのですが残念ながら現在はその面影すらありません。親父この日は二時間で12局と交信したのですが桧山管内局は二局だけで後は青森県や函館近郊の局ばかりでした。親父開局して確か二年目であの南西沖地震があったのですが親父車で避難しながら沖の漁船に現状を伝えそして室蘭のNHKへ八雲のAM無線の中継をとうして現状を伝えるなどある程度の有用性があったのです。現在は携帯がありますが一度のすべての人は通話できるわけではありません。そうした場合にもAM無線は緊急時において有効でしょう。皆さん四アマを取りましょう。
スポンサーサイト



<< 超多忙な日曜日 | ホーム | 一泊二日の札幌 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム