FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

いも煮会への珍客?

P1010265 (2)
鹿児島から離島好きの大学教授が突然来訪しました。4日から島に滞在していて今日午後帰るそうなのですが鹿児島でNETで奥尻を検索していていも煮会を見て興味を持ったのだそうです。奥尻で検索していも煮会がヒットするなんて驚きです。話を聞きたいと言うのでばあさんの所に案内すると色々と聞いたみたいですが初対面とは思えないほど楽しかったみたいで親父フエリーの時間が近ずいたのでフエリーまで送っていくと深々と頭を下げありがとうございましたと御礼を述べます。本人も相当楽しかったみたいです。
P1010266 (2)
いも煮会は近所の婆さんたちがおもに日曜日集まって昼にいもを煮て各自おかずを持ち寄り会話を楽しみながら棒引きをしたり綾小路 君麻呂の漫談を聞いて大笑いしたり暇なときは毛糸の手袋や靴下や写真のようなPETボトルを入れるものを作り町民文化祭で販売し売上を社会福祉協議会に毎年五万円以上寄付しているのだそうです。すると私も手袋6枚かうので三千円寄付してくださいと手袋を買ったそうです。すると婆さんたちは鹿児島なら暖かいから手袋はいらないべ~と言うと両親はウオーキングしているから両親にプレゼントするのだそいうです。すかさず婆さんたちの攻撃は続きます。なにせ百戦練磨の婆さんたちです。結婚しているの?との質問には思っている人はいるそうですがまだ告白はしていないとの答えには今すぐ告白して島に新婚旅行に来なさいと言いいもを食べるかとの質問には食べたとのことですぐいもの皮をむきにて食べさせたのです。そして塩辛やバターをつけ美味しいと言って食べたそうです。鹿児島ではいもを煮て食べる習慣はないのでしょうか?大学教授のエリートですので市井の市民の食卓は存じない?のでしょうか。車を降りるときおなかが苦しいと言っていたので婆さんたちの強引な進めを断れなかったのでしょう。島に五日間も滞在するお客様はめずらしいです。あっ、たしか五日に全国島嶼学会が奥尻であったのでその関係者だったのでしょう。
スポンサーサイト



<< 青森ヒバと葛(くず) | ホーム | 鱈爆釣 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム