FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

これは何の標識?

P1010240 (2)
この白い標識何の標識かわかりますか?この標識は松江と青苗の間に約70m位の間隔で海に向かって建てられています。これはこの海底にここはNTTの海底ケーブルが敷設してありますと言う標識なのです。これは青苗と熊石約30キロを結ぶ海底ケーブルで2007年にできたそうなのですがこれ以前は確か東風泊と旧大成町約15キロとつながっていたのです。親父この標識の意味が分からず亡きき親父に聞いた答えはこの海底には電話線が繋がっているので船のアンカーはおろしてはダメと言う教えでした。でも親父海上免許は一級を持っているのですが聞いたり習った覚えはありません。
P1010239 (2)
水底ケーブルと注意書きが書かれていますがなぜか湖のような書き方です。この奥尻海峡は水深が深く約1,000mもある深い海峡なのです。この海峡は調べたら構造運動による海峡形成だそうで洪積期中~後期に作られたみたいでこの時期た島は奥尻島、佐渡島、宮古島、石垣島がこの時期出来た島だそうです。皆有名な島ですが奥尻は全国区になったのは残念ながら南西沖地震後ですから。親父中学時代札幌へ行き野球をしていると言うとホームランを打てば反対側の海まで行くんだベーとからかわれていましたから。
P1010242 (2)
陸からみた標識ですが昔は木でしたが今はグラスファイバーです。この前浜はカレイ、ヒラメのメッカなのです。この沖合にはウニの養殖施設がありそこで昆布の養殖もしています。昆布はウニの餌の為の養殖なのですが12月にロープに昆布の胞子?をつけておくと5月ころ2~3mの昆布が出来るのだそうです。そして出荷の調整時期に合わせて昆布を食べさせると良い色のウニになるのだそうです。ちなみに昆布を与えると根の部分からなくなるそうです(ウニには根が美味しい) 。親父標識を何度変換しても標識にならず悩みましたが原因が判明しました。頭がHでなくSで変換していたのです。言葉がなまってたのではなく変換?もなまっていたのです。
スポンサーサイト



<< 一か月ぶりの釣り | ホーム | いかを求めて道東へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム