FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

第1回 林業講座

P1000918.jpg
9日奥尻町林業講座が海洋研修センターで行われ親父もこの種の講座に始めて参加しました。林業後継者養成事業だそうで森林所有者や林業関係者が対象者だそうです。親父も終戦後植林した杉が伐採時期を迎えているのですが手入れが十分にされていない為まだ書かうが安く売り物にならない為道の補助事業で列状間伐してもらいましたが売るにはもう50年位育て大きくしてから商品化したほうが良いのだそうです。その頃は親父はすでに亡く後継者もいないことから何の為に青森ヒバの苗木を細々と植林しているのか疑問にいつも思います。P1000919.jpg
講習の様子ですがこの後会場は関係者で一杯になりました。そして最近の林業の機械化のDVDをみましたが最近の林業の機械化には驚きました。ユンボの先
アタッチメントを取り換えるだけで木を掴んで切り倒しさらに枝払いをし、一定の長さに切り、さらに1か所に集積するなど機械化されています。考えれない程の進化です。間伐の仕方も列状間伐といい多分亡き親父なら自分で植えた木を木の太さに関係なく切り倒すと言う事は出来ないでしょう。その時は親父の独断でお願いしましたが。そういえば親父は春先になるとくしゃみがとまらず何か所も病院に通いましたがいま考えてみれば杉花粉症だったのでしょう。奥尻は戦後成長が早いと言う事で杉を沢山植林しましたから。島の森林面積は11,111Haそのうち国有林が60%で民有林が薬30%だそうで民有林では80%が奥尻の場合杉だそうです。これだけ杉が多いのに島では杉花粉症の話はあまり聞きません。なにかその他の理由があるのではと思う親父です。
スポンサーサイト



<< JARI渡島桧山支部48時間コンテスト | ホーム | 支部大会2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム