FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

冨里の果樹園

P1000886.jpg
冨里地区のKさんの自家用果樹園の今日の収穫です。親父今日仕事の帰り島で一番早く水田を作った(多分明治頃?)冨里の水田地帯を写そうとしてたらKさんのお嬢様に声をかけられ島育ちの桃の木を始めて見せてもらいました。Kさんのおじいちゃんが十数年前から本を読んだりして研究しながら育ててきましたがおじいちゃんが入院中の為一生懸命育てたのだそうです。桃、さくらんぼ、ブドウ、ブルーベリー、こくわ、など親父奥尻で桃が育っているなんてしりませんでした。
P1000884.jpg
桃の木です。袋をかけて病害虫からまもっているのでしょう?ふつうの桃と白桃があり良く見たら白桃の黒い袋は外側は普通の袋ですが中は黒い色で多分日光を遮る為なのでしょう。さくらんぼはもう終わったそうです。
P1000885.jpg
そしてブルーベリーの木です。たしかブルーベリーは眼に良いとか?きちんと手入れされておりきれいです。
親父ファミリーパークに震災後青森からリンゴの木が寄贈され公園の側に植えられ役場職員が手入れし秋には幼稚園児や小学生が収穫していた事は知っていましたが桃やさくらんぼが島で栽培されているのは知りませんでした。そしてこの冨里地区は奥尻の農業の発生の地であり良質米がとれるのです。今年から酒用の米も栽培したしか小林酒造?に委託して来年には酒も出来るのだそうです。いよいよ奥尻の酒の誕生です。
この冨里地区良い条件に恵まれていますので大規模化すれば可能性が見えるかもとはキナンポ親父の夢想です。
P1000882.jpg
海側です。そして山側です。P1000878.jpg
離島とは思えない光景でしょう。確かではありませんが明治時代はるか島の反対側の山から用水路を引き田を作ったそうです。親父の話しあまり正確でなく巡視艇かむいの時も間違いがあり機関砲で不審船を撃沈したのではなく射撃により航行不能になり自爆したが正しいのだそうです。kさん桃お昼に頂きました。味も市販の物と遜色なく美味しかったです。。婆さんも87年生きていて島で桃が出来ること知らなかったそうです。親孝行できました。ありがとうございました。
スポンサーサイト



<< JARL渡島桧山支部大会 | ホーム | 来島する研究者達 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム