FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

衝撃の報告書

今朝ネットで日本創生会議、人口減少問題検討会の推計による(消滅可能性)896自治体はにも上ると言う報告に衝撃をました。数字は2010年から30年間の20~39歳の女性人口の予想減少率だそです。
北海道では名誉ある1位はなんと奥尻町で86.7%2位は木古内町で86.5%3位は松前町福島町で84.4%でいづれも道南地方が独占しています。反対に減少率が低いのは清水町の50.4%、2位砂川氏50.7%3位富良野町で57.1%だそうです。なんとわが奥尻が名誉ある?第1位です。住んでいる親父にはぼんやりした不安感は感じられますがきちんとした資料に基づき推計するとそうなるのでしょう。島人の一部はは山に行っても山菜を根こそぎ取る人もいれば海に行っても規格外の物を取るなど倫理感を疑われる人がいるのは事実ですがその背景にはどうせ後継ぎがいないから俺一代で終わりだからという意識があるからでしょう。いずれにせよ衝撃的な報告書です。親父は東京豊島区が亡くなるというコピーで記事に興味をそそられました。そして高齢化した人口の大部分を老人が占め働く若い人がいないとはどのような社会なのか?若い世代が派遣で給料が安く結婚できないとはどういう社会なのか?貧富の差が激しいとは?けっして良い社会ではないような気がします。キナンポ親父も衝撃を受けキナンポなりに考えてみました。昔みたいに生めよ増やせよには?ですが。親父先が短いので心配してもしょうがないのですが孫の壮希の時代が心配です。
スポンサーサイト



<< 奥尻町消防訓練大会 | ホーム | アブローラ奥尻子供の日バージョン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム