fc2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大当たり(怒り炸裂)

P1020068.jpg
海の色も夏の海色に変わりつつある今朝、満を持して3時30分に起床し夜明けのコーヒーを飲みながら心穏やかに夜明けを待ち出港した親父は漁場へ着く直前に大きなトラブルに巻き込まれました。心穏やかに出港したのですが怒りが収まりません。突然ドスッという鈍い音がして船が急停止したのです。すぐにエンジン回転数を落とし前後進レバーをニュートラルにし船尾に行くと御覧のような有様で、これ以上前後進を繰り返すとシャフトまで曲げてしまう可能性まであるのです。ロープの一本や二本ならばロープカッターで切り回収する事は可能なのですが、こうした流れ物の塊ならば切って回収する事は不可能です。昨年はこうした流れ物によるトラブルは二回ありましたが、それも一度は知内方面が大雨の被害があった一週間後位でしたので流れ物(大雨で陸上の保管物が流された)の被害が予想できたので(見張り不十分)だったのです。それなのにこの広い穏やかな海でこのような流れ物に衝突する可能性は年末ジャンボに当選する可能性と同じくらいの確率ではないでしょうか?親父家内に知床の遊覧船事故をTVで見て、行方不明者を捜索に行きたいと言っていたのですがもし親父が行ったらお手伝い出来たかもしれません。この広い海でこんな小さな流れ物に遭遇するのですから。
P1020075.jpg
そして親父が困難に直面した時にいつもお世話になる救世主、親父のヒラメ釣りの師匠Hさんに救助の要請をすると釣りをホッポリ投げ沖の根まで救助に駆けつけてくれます。本当に女神のような存在で親父感謝、感謝です。昨年も二度もお世話になり救助してもらい、家内はHさんの方に足を向けて寝れないと申しておりますが今回は沖の根からの曳航なので一番長い距離の曳航でした。Hさんの船はヂーゼル船外機で低速では力はあるのですが70%の出力で曳航速度は4マイル程で、その間親父は今までした事のない船内掃除をしテレサテンの演歌のカバー曲を聴きながら船内掃除をします。がHさんは上潮が早く操船に苦労したみたいです。
P1020069.jpg
Hさんは奥尻港に針路を保持し向かっているのですが、小さな船が大きな船を曳航しその上4マイルでは潮に流され宮津弁天の方に流されしまうのだそうです。そうしたHさんの苦労も知らずキナンポ親父は呑気に船内掃除をしているのですから、呆れたものです。そしてフエリー出港前に曳航され帰港出来たのですが、周囲の興味を引いたのか不審に思ったのかギャラリーが数人岸壁で待ち構えていました。この惨状を見た漁師には(海を掃除してくれてありがとう)と皮肉を言われ、親父は撃沈です。それでもKさんの知り合いのダイバーが潜水して絡まったロープを取り除いてくれる事になり、親父は一安心です。簡単に取り除ければ良いのですけれど。こうして体の不自由な親父は周囲の人達に助けられ海に行く事が出来るのです。感謝、感謝です。
スポンサーサイト



<< 二週間の出漁(断海)宣言 | ホーム | W会長の奥尻愛? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム