FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日興電機杯PG大会

P1020311.jpg
日興電気杯パークゴルフ大会が9月27日奥尻パークゴルフ場で小雨の降る中行われました。奥尻PG場で行われた大会では初めてとなる雨中の開催で皆さん小雨なんて物ともせず熱心にプレーを楽しんでいましたが、この雨青苗地区では降ってなくて長浜地区から北部だけという皮肉な雨でこんあな小さな島でもこんな違いがあるという事を知らしめた雨でもありました。天気予報では晴れマークで親父も安心していたのですがプレー開始一時間前の雨に皆さん悩んだみたいですが皆さん雨具を持参で集まっていました。親父の防水衣装は釣り用の厚いカッパしかなく、軟弱な親父は海の上でもカッパを着て釣りをしたことはなく雨が降ればキャビンの中に隠れているような釣しなのです。後数年前埼玉から来た彼女?のTさんから頂いた上下の防水のウエアもあるのですが彼女からの頂き物なのでもったいなく着れません。親父うら若い女性から物を頂くなんて多分人生で初めてでしょうから。
P1020307.jpg
そして日興電機奥尻支店長のウエットに富んだ挨拶でで和やかに大会は開催されました。
 男子    一 位   工 藤 さん      スコア    107
        二 位   島 田 さん      スコア    108
        三 位   松 田 さん      スコア    109
 女子    一 位   田 口 さん      スコア    108
        二 位   道 下 さん      スコア    115
        三 位   松 田 さん      スコア    116             という結果でした。
女子優勝の田口さんは常に不動の一位を占めていてまた成績も常に106前後で常に安定した実力です。男女平等の世の中男女の垣根を取り払っても良いのでは?とは親父の個人的な意見ですが実は親父は彼女に個人的な負い目があるのです。若かりし頃スポーツ経験のない親父は初めてソフトボールを始めた頃、初めて見るウインドミル投方を初めてみて球の速さに驚き初めて空振り三振した覚えがあるのです。そのウインドミル投法のピッチャーが彼女なのです。ですから運動神経は抜群なのでしょう。
P1020314.jpg
皆さん小雨の中完全装備のプレイの様子ですが、親父不参加の理由は(風邪は万病もと)、風邪をひいたら困るという弱々しい言い訳でした。                              
     そして  日興電機 特別賞は     小林 さん、三上 さん
           ホールインワン 賞は    岩 坂 さん     ブナの森  6 番 
                             府 金 さん     奥尻の海  8 番    という結果でした。
そして20日に順延されたビラベスタ杯の結果は?
P1020316.jpg
画像が不鮮明ですが
     男 子    一 位は     辻 さん     スコア    107
             二 位は     島 田 さん   スコア    108
             三 位は     工 藤 さん   スコア    109
     女子     一 位は     田 口 さん   スコア    107
             二 位は     坂 井 さん   スコア    112
             三 位は     坂 本さん    スコア    113         という結果でした。
次回の大会は10月11日ヒラキスポーツ杯そして10月18日は奥尻町高齢者事業団杯と目白押しです。それぞれの大会もハンデイを自己申告したりまた主催者から与えられたり、年代によりハンデイが与えられたり特色のある楽しみな大会ですので是非参加してください。用具は無料でお貸ししますので。
しかし親父雨中の大会は初めて経験しました。本土では日常な事なのでしょうが排水の不備なOPGでは初めての経験でした。初めての経験は忘れられないもの(笑)なのでしょうが、親父にはグリーンの雪を雪かきで除雪しながら大会を開催したクローズ大会の方が記憶に鮮明に残っています。はたして今年のクローズ大会はどうなるのでしょうか?


スポンサーサイト



ヤマセとブドウ

P1020304_20200925164334e2d.jpg
親父、函館の病院受診後雪が降ったらもう孫には会えないと思い急遽北見まで出かけました。幸い天候に恵まれ三人の孫と遊んだ楽しい数日でしたが、別れの前日には長男が親父から離れず寝る前には涙して別れを惜しんでくれました。素直に育ってくれた孫に親父も感激し夜遅くまで寝る事は出来ませんでした。そして別れの前日の早朝島の釣り仲間のKさんから今どこにいる?との電話がありましたが親父はあいにく海上ではなくはるか北の果て?北見の陸の上です。そしてヤマセの連続の中の凪を見て出漁した所久ぶりにヒットしたそうです。ヤマセと馬鹿息子夜騒ぐと若かりし頃の親父は母親によく言われたものですが、最近のヤマセはオホーツク高気圧の影響によるもので昼夜関係なく吹いています。プロの漁師の人達も沖に出る事が出来なくお手上げ状態です。しかしカランセ奥尻はヤマセをものともせず毎日運航しています。それもヤマセの波も船体に影響は全くありません。カランセ奥尻に装備されたスタビライザーが効果を発揮し全くローリングせず安定しているのです。親父一週間ぶりに帰島し乗船したのですが船内で販売しているコーヒーを床に置いて居ても零れる心配がないのです。
P1020299_20200925172912287.jpg
そして帰島した親父を待ち構えていた事件とは?親父函館の病院に行く前日ブドウの棚の中を確認した所今までにない位のブドウの房が鈴なりに?なっていたのです。昨年は一房しかならず親父剪定のし方をネットで調べ3月に自己流ながら剪定をしその努力が実った結果だったのです。
ブドウの葉の右側が変色しているのが分かると思いますがこれがヤマセによる潮風の影響でこんな所まで影響しているのです。ヤマセの潮風で今年は綺麗な紅葉が見られないか?もしれません。
P1020300_20200925173811b31.jpg
それが見事一房も残っていません。なんという事でしょう!親父が不在の合間を狙った?犯行?でしょう。母親に言った所カラスの仕業ではないか?というのですがカラスならこんなにきれいの採る事はできないはずです。良く果樹を作っている人が採りに行ったら無くなっていたという話を聞くのですが親父まさか島ではそのような事をする人はいないだろうと思っていたのです。ましてや親父のブドウは人家の間にあり、よもやそのような人はいないだろうと思って安心していたのです。やはり噂は本当だったのだなあ!と思い来年からは防犯対策を講じなければと思う親父ですが、島も悪い事は都会並みになったなあと悲しくなります。漫才の小梅太夫並みに畜生‼と心の底から叫びたくなります。チックショー!!!

PGビラベスタ杯 20日に順延


P1020188.jpg
本日予定されていた第二回ビラベスタ杯パークゴルフ大会は20日に順延されました。昨日夜半から降り続いた雨は今朝も降りやまず、パークゴルフ場は排水しきれない雨水で溢れていました。本来排水が不十分な旧奥中グランドに急ごしらえの奥尻パークゴルフ場は雨に弱いのです。芝の成長と共に少し位の雨は芝が吸収し随分改良されたのですが、昨日のような雨には排水しきれずお手揚げなのです。都市のパークゴルフ場は暗渠もされていて雨中のプレイも可能で雨具を着てプレイする人達を見た事があるのですが、親父は本来パークゴルフは雨が降ったらするものではないと思っていた位のPG音痴だったのです。9月に入ってからの異常な暑さもようやくスポーツの秋にちょうど良い気温になったのですが、今週はあまり天候がすぐれないみたいです。今月20日には第二回ビラベスタ杯、そして10月11日にはヒラキスポーツ杯、10月18日には奥尻町高齢者事業団杯が予定されていてまさにスポーツの秋真っ盛りです。親父のような体にならない為にも体を年齢相応に鍛え、健常でいるためにもパークゴルフで心体を鍛え楽しみましょう。飛び入り大歓迎ですので未経験者も参加してください。用具はお貸しいたしますので。
P1020190.jpg
解体され更地にされた旧奥尻小学校跡地で奥尻消防署前から見た状態です。三階建ての校舎がなくなると、いままで見る事が出来なかったつりかけ川上流の住宅地が見えています。ここから見ても校舎跡地が歩道より低い事が分かります。
P1020192_2020091309451755e.jpg
そして体育館があった場所のT字路から海側を見た画像ですがここでは解体跡地が道路よりより低いのが分かります。これから統合庁舎を立てるには土地を造成し改良されるものと思いますが?町道左側には工藤ビル、中央には奥尻幼稚園が見えますが幼稚園下の地区は奥尻5区町内会です。昨日は奥尻青年会による島始まって以来?最初の奥尻パルが行われたのですが雨でも賑わっていたのでしょうか?親父も健常者なら喜んで参加したのですが、途中ぶっ倒れたしたらこうした若者のイベントに水を差す行為をして迷惑をかけてしまうので自粛です。それに高齢者の為20時か21時には寝てしまうのです。若者のならこれから盛り上がる時間帯なのに!でも島にこうした若者達が現れた事は沈滞し続ける島に一つの光を灯すものでしょう。頑張れ!若者たち!

検査その後

P1020175_20200911135003bb5.jpg
午前9時に入院し午後2時からのカテーテル検査も予定より短時間で終わり、一安心の親父ですがただ一つだけ不安な事があるのです。それはカテーテル検査では必ず造影剤を言うものを使うのですが6月に高熱をだしてPCR検査を受けた時酷い下痢を経験し脱水症状になりその後函館の病院では腎臓の状態が人工透析しなければならない位悪化しているといわれ点滴を5日間続け平常値の40%台にまで回復したばかりなのです。その為Dr、看護師さんには造影剤の使用の危険性を何度も言い、その結果造影剤は最小限度に留めるという説明を受けたのです。そして看護師(男性)にはもし人口透析になるようなら俺は検査を受けないと言い、現在の状態でも不十分ながら釣りを楽しむ事もできるし現在の状態で満足していると熱く語ったのです。するとその看護師さんは釣りを始めたばかりで親父の大袈裟な黒い魚との格闘話に引きずり込まれ納得の表情を浮かべたのです。こうなれば百戦錬磨の老人のペースで話はどんどん大きく?膨れあがります(笑)。
P1020178.jpg
そして検査後造影剤を体内から排出する為の点滴が始まります。そして点滴が終了した翌日退院したのですがカテーテルを挿入した右腕はしばらく力を入れるような事はしないでくださいとのお達しです。親父連日島の気象情報をスマホで確認するのですが今後数日は海上は波が高いようで一安心です。島の釣り情報は釣りの師匠Hさんから頂くのですが釣れていないから安心して休んできなさいと言ってくれるのですが、その言葉さえ親父を安心させるための嘘ではないか?と疑ってしまうのです(笑)。年を取ると猜疑心が強くなり本当に困ったものです。年を取ると幼子のように素直になるのが理想なのですが?
P1020179_20200911143017c1f.jpg
そして函館の親父の隠れ家から見た津軽海峡ですが、この対岸には年末恒例(大間のマグロ釣り)の大間があります。親父マイボート(海響)を手に入れたころ密かに津軽海峡周辺の港へ行き艇内に宿泊しマグロ釣りに行く事を夢想していた事もあったのです。今考えてみると海の怖さもマグロの怖さも知らず若気の至りだなあと思うのですがやはり若かったものだなと思います。今では少しの時化でもボートは持ちこたえられますが乗っている親父の体がダウンしてしまいます。体力の衰えは気力ではカバーできません。若い頃は波の高さに合わせて膝の屈伸でバランスを取っていたのですが、年齢と共に膝が曲がらなくなりバランスをとる事さえ不可能になってしまいました。そして海に行きたい一心で翌日すぐ帰路につきましたが島のUさんがいつもFCでいいね!している厚沢部町のカンペシーノに行ってみました。
P1020181_2020091114533056e.jpg
二度目の訪問でよやく準備中のタイミングに遭遇できました。親父帰りのフエリーに間に合わせるため営業時間外でしたが、テイクアウトのピザを準備している最中で15分位待ってもらえばコーヒーを用意できるというので待つ事にします。店舗の裏側にはドッグランが用意され愛犬家は外でコーヒーを飲みながら愛犬の様子をみる事が出来ロケーションは最高です。前回訪れた時は地域のお祭りで不在だったためコーヒーを購入する事は出来ませんでした。コーヒー、カレーの専門店をうたうだけありコーヒー豆もアロマブレスパックに入れられていてコーヒー豆から出るガスを袋外に排出するアロマプレス加工をしているそうです。今度はぜひカレーを食べてみたい親父なのですがカレーを食べていると帰りのフエリーに乗り遅れてしまうため悩む親父なのです。フエリーの一便体制は本当に不便ですね。
P1020187.jpg
そしてようやく凪になり勇んでブリ釣りに出漁した親父ですが見事空振りの三振でした。師匠のHさんがブリ否フクラギサイズだというブリを釣り、それを頂き食した所、今年最初のブリで美味しかったのです。最近は乗組員のOさんに海上での操船はお任せしているのですが、右腕に負担をかけられない親父は久しブリに船長をしたらこの有様です。実はOさん優れた感覚をもっていて操船していて心臓がバクバクしたら必ずず釣れるのです。そして逃げられてもまたすぐに魚を食い付かせるのです。そして親父のように気が短くなく、親父を落ち着け!落ち着け!まだ上げるには早いと親父をたしなめるのです。ですから最近は港の出入港以外はOさんが船長なのです。そんな訳で今日の空振り三振の原因は船長の親父に原因があったのです。

エル電杯パークゴルフ大会

IMG_20200906_085138-1_2020090817372216e.jpg
9月6日第一回エル電杯パークゴルフ大会が晴天?に恵まれた奥尻パークゴルフ場で行われました。晴天に?が付いているのは親父が不在だったため空想で書いているからなのです。というのは親父翌7日一泊二日の予定で検査入院しカテーテル検査の予約日だったのです。冠動脈が狭くなりステンドを二本入れたのがちょうど一年前の9月でステンドの状態を確認する為の検査入院だったのです。しかし体にいくつもの不良個所を抱える親父は検査の結果また違う不良個所が発見され、入院が長引くのではと?戦々恐々とし最低一週間分の薬と着替えを準備して検査さに備えたのです。そして結果は???
そしてエル電杯PG大会はコロナ禍の中39名の参加で行われプロ級から初心者までたくさんの方が参加し盛況の中行われたそうです。
IMG_20200907_092416-1.jpg
そして男子の部の一位は前回の大会同様駆動さんでスコアは104でした。やはりプロ並みの練習量と技術をもってしても100を切るのは困難なのでしょうか?工藤さんは昨年度100を切って優勝している事もあるのですが今年度は当コースのグランドキーパー兼CEOのHさん、そしてSさん、Mさんのフエアウエイ、グリーンの整備により毎回コースに細かな修正がされてたのです。今回のエル電杯は初心者も参加しているということでグリーンの旗門は簡単な方に切り替えたのだそうです。そして大会前日グリーンはきれいに整備しフエアウエイは平日同様のままにしておいたのでそうで、今回はグランドキーパー諸氏の勝利と言えるかもしれません。
IMG_20200907_092430-2.jpg
そして女子の優勝は田口さんでスコアは110で前大会に続き堂々の優勝でした。次大会は13日ビラベスタ杯です。皆さん参加してくださいね。ビラベスタさんは島唯一のイタリアンレストランで評判も良く店主も若くこれからの島を背負う人材で、親父ももう50年若ければサーフインらモトクロスまで参加するのですがもう限界です。昨年度の上位入賞者にはビラベスタ食事券がふるまわれました。島外の人の参加も歓迎ですのでビラベスタでの食事をめざして皆さん参加してください。

奥尻パークゴルフ大会

P1020162_202009011116078b5.jpg
奥尻パークゴルフ大会が29日午後から急遽午後から開催されました。当初は30日午前中に予定されていたのですが30日は雨天が予想されていたため土曜日午後からに変更されたのです。今回は奥尻町スポーツ協会協賛という形をとった為、小林会長から(奥尻の酒)二升がご祝儀として寄贈され、またコロナ禍の中での久しぶりの大会と」なった為、そして良い天候に恵まれた為余計に熱を帯びた熱い戦いなりました。女性にはー5ポイントが与えられましたがやはり奥尻パークゴルフ場ではスコア100を切るか?どうかが一つのポイントになりそうです。当ゴルフ場のグランドキーパーHさんも胸を撫で降ろしていた事と思いますが、自分の成績はいまいちで整備の時間が多く練習する暇がないとこぼしていましたが、実力はまだ隠されているのかもしれません?
P1020161.jpg
スタート直後のゴルフ場の様子ですがフエアウエイは綺麗に刈り込まれています。親父も夕方たまにリハビリの為一人でパークゴルフをするのですが芝を刈った直後の練習では打球が真っすぐに飛び急にPGが上手になったかのように感じてしまうのです。親父の場合はあくまでリハビリ目的なのでクラブは杖変わりでゆっくり歩く事がメインなのです。函館のアスファルトの上では1,000歩も歩けば夕方には膝が痛く歩けなくなりますが芝の上では3,000歩位は頑張れば歩けます。但し杖代わりのクラブをもってでの話ですが(笑)。親父の膝の具合は両膝の軟骨が全くなくなり最先端医療の治療(細胞再生)でも治る可能性はないそうでサポーターをすると痛みは少なくなります。高齢者になり自分で歩けなくなるという事は最悪の事態で、どんな努力をしてでもそれは避けなければなりません。93歳のうちの婆さんも今までは親父より歩き方は恰好良いとの評判だったのですがつい先日なんでもないような所で転び手を切りましたが、幸い骨に異常はありませんでした。それで高齢者用歩行器うんぬんの話になっているのですが、親父にもすぐそこにある直近の話です。
P1020172.jpg
そして大会の成績ですが親父の第一印象はスコアはやはり練習量に比例するのではないかという事です。当パークゴルフ場のように平坦なグラウンド後に作られたコースは平坦で変化するコースが作り難いのかもしれません。親父今回のプチ旅行で各地のパークゴルフ場を三か所ばかり見てきましたがショートコースでも起伏に富み親父の実力では難しく感じました。そして各くコースとも平日にもかかわらずお客様でいっぱいでした。道内なら陸続きなので車で移動すればどこへでも行く事が出来ますから、武者修行のように色々なコースに出かける名人もいるかもしれませんね?そしてSさんから聞いたはなしでは当PGの最長ロングホール約100mをティーショットでワンオンした人がいたという話を聞いて、己の非力を嘆き高齢者である事を再確認した親父です。そしてこのあと当Pゴルフ場では9月6日にはエル電杯、9月13日にはビラベスタ杯。9月27日には日興電気杯が行われるので大会が目白押しです。コロナ禍の中で溜まったうっ憤をどうぞはらして体力増強に努めてください。町民の方、また島外のプレイヤーの参加も大歓迎です。冷やかしでも良いので参加してください。残念ながらフエリー代、宿泊費は自己負担ですよ。参加料とPG利用料だけは親父が負担しますよ(笑い)。

| ホーム |


 ホーム