FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最悪の釣り

P1040651.jpg
昨日からベストな海上模様が予想されていた為、親父は多分孫より早く寝てまで見ぬ大物に備え早く就寝します。そして今朝朝3時に目が覚めそらが明るくなるのを待ちます。そして四時過ぎ港へ行くといつも海に行くメンバーの船はもう港にはなく親父また出遅れてしまいます。この時期ウニ採りが始まっていますので釣りに出かけるのは親父のような準組合員かレジャーの皆さんだけなのです。海上は最高の凪に恵まれ潮は上潮役0.8~1マイルとベスト状態です。そしてこの奥尻海峡にクジラの目撃情報が相次ぎ、先先日には島を出港して10分ぐらいでカランセ奥尻で船内放送があり、本船の前方で5,6頭のクジラがいるとの放送があったそうです。7月17日親父の病院帰りにも船内放送があり本船の左舷にクジラが遊泳しているとの放送があり、乗客が一斉に左舷窓際に移動したのです。親父こんなに一斉に移動したら左舷に船体が傾かないか?心配したのですが、船体は微動だにしませんでした。親父のような木の葉のような船の心配とはくらべものにはなりません。さすが親父の船の1,000倍の大きさで比べたたらカランセ奥尻に失礼ですよね。そして今朝はクジラを目撃したら接近してカメラに収めようとカメラ持参で出漁したのです。
これは8時過ぎに帰港したときの奥尻港の」は入り口の画像ですが、島外から船で来島される方は観音山のNTTの携帯のアンテナを目印にしたら良いと思います。今の時代海図、目視による航海する人はほとんどいないと思いますが今はほとんどがGPSによる航海でしょうから。
P1040641.jpg
奥尻港内に停泊していたヨットですがどこからきてどこへ行くのでしょうか?今朝のように凪の上無風状態がヨットにとっては最大の天敵でヨットは風がなければ進ことができません。ヨットには小さなエンジンがついていますが、港に出入港するためのもので本来機帆走する為のものではありません。親父ももう20歳若くそして健常者であったなら、そしてあるものが有ればヨットが欲しかったなあ!すでに鬼門が近ずいている身、夢のまた夢ですね。すきなヨットを眺め勇んで出港した親父ですが釣果は過去最悪の結果に終わりました。親父所有している仕掛けの中で過去釣れた実績のあるものだけを」使用しトローリング用竿を両弦に出し愛艇海響の走る姿は最高にかっこ良いと思うのですが肝心のブリが釣れず当たりもありません。ブリは回遊魚故移動するので、いつもいて釣れるとは限らないのですが今日はブリの跳ねも海鳥の塊もありません。
P1040647.jpg
そして島の北端稲穂岬の稲穂灯台ですが賽の河原を回り稲穂側からみた様子です。海上は凪とは言え船はやはり揺れて足元は定まらず良い写真は撮ることができませんでした。そんなわけで今日は凪ゆえ海上ドライブのような感じで島の北部方面を重点にトローリングしたのですが釣果はゼロでした。このまま帰るのもしゃくなので今日はタラ釣り用の餌をもってきていたのです。前日南部方面の釣果を聞いていたのですが、前日は南部方面でも釣果は芳しくなく親父朝ダメだったらタラ釣りに切り替えようと準備していたのです。そしてそのタラ釣りも余り漁模様は良くないと聞いていたのですが、そのタラ釣りも過去最悪の結果だったのです。魚探の海底はきれいなままで魚の反応らしきものは全くありません。潮は海岸地帯と同じで1マイル前後の上潮で良い状態です。しかし針4本に4個の餌をつけて200m前後投下するのですが何度ポイントを変えてみても餌はついたまま上がってくるのです。そんなわけでタラ釣りの釣果はゼロで終わりました。いくらタラが釣れないといっても過去のタラ釣りでゼロはありませんでした。喜んだのは残った餌のおこぼれに預かったカモメだけでしょう。そして親父このブログ現在中古ノートPCで書いているのです。もし昨年のように道の駅巡りの旅が体力的にもう一度可能ならば、PC持参で旅をしてその様子をUPしようと思い準備していたのです。中古PCを函館の知り合いの店で購入してからブログを書くことが出来るまで三か月もかかりました。函館でNCVのルーター(ワイハイ)?を購入し島に持ってきて最近ようやく使えるようになったのです。今後は旅先でもUPできるかもしれません。その為には」やはり体力強化ですね。
スポンサーサイト



充電式草刈り機

P1040635.jpg
体力不足によりエンジン式草刈り機の始動が出来なくなった親父はより軽量な充電式草刈り機を購入しました。パークゴルフ場の周囲の斜面を草刈り機で伸びた雑草を刈っているボランティアの人見てみていて親父にもお手伝いができるのではと思ったのです。グリーン、フエアウエイは乗用式草刈り機で可能なのですが、斜面はどうしても人力による草刈りが必要なのです。それも日中の熱い中の作業なので汗をかきながらの重労働なのです。もしこの充電式草刈り機で親父が作業できるなら音は静で早朝に草刈りをしても周囲には迷惑が掛からない?のではと思ったのです。。それが可能ならば海が時化たときなでに草刈りすることが可能だと思ったのです。最近は毎日のように日和ヤマセが続き毎日四時半に目が開くのですが海を見ては今日もダメかと意気消沈する毎日が」続いているのです。若い時は一度目が開いてもまたすぐ寝ることが可能なのですが親父の年代になると、一度目が開くともう寝ることが出来ずTVの前でぐーたらするだけだったのです。じゃあパークゴルフでもしたらと思うかもしれませんが、早朝のパークゴルフはクラブでボールを打つカーンという甲高い打球音は周囲に響くのです。ましては親父の」ように上級者?になればなるほどジャストミートしたときの打球音は高くなるので早朝は無理なのです。
P1040634.jpg
そして親父が試運転の為に選んだのが赤石港に置かれていた雑草の覆われていた船台です。実際に使用してみるとエンジンに該当する部分はリチウム電池だけですから本当に軽いのですが刃先のモーター部分が意外と重く感じるのです。総重量は4キロしかないのですがエンジン部分が電池だけなので軽く感じるだけ刃先のモーター部分が重く感じるのかもしれません。そして雑草を刈ってみると中低速では力不足を感じますが高速回転にして、エンジン式の中くらいのアクセルの感じです。このくらいならパークゴルフ場の使用には全く問題なく使えそうです。カタログ上の電池使用時間は高速で30分と記されていましたが親父の一度だけ使った感じでは30分連続使用は無理のようです。
P1040636.jpg
そして草刈り後の直後の様子ですがまあまあ満足できる状態です。船台の周囲には漁協青年部のアワビ養殖施設が陸上保管ざれていましたが陸上故当然アワビは入っていませんでした。しかし日本の通常型潜水艦が世界でもトップクラスだと言われる理由はリチウム蓄電池の優秀さにあると言われているのですが、そのリチウム電池がこうした民生品にも使われているというのは驚きでした。日本の場合こうしたトップ技術がすぐ民間企業にも波及するのが早いので技術が発展する」のでしょう。.こうして技術は次々に革新されているのに親父の肉体は衰えるばかりです。障害物のない平坦な場所なら何とか草刈りできそうですが倒木などがある山林ならば絶に無理でしょう。この日少し作業しただけで翌日は体中の筋肉が痛く歩く姿は一歳児並みのよちよち歩きで何度も短い昼寝を繰り返しましたから。そういえば先日の釣りの後も疲れ果て二日間昼寝を繰り返しましたから、技術は常に進歩していますが親父の肉体は確実に衰えているみたいです。

早朝のパークゴルフ場

P1040628.jpg
出漁するか?どうか迷いに迷い親父の結論は波が高まる事が予想される為無理をしないと決め、久しぶりに早朝の静まり返ったパークゴルフ場を散歩してきました。前日の興奮から何度も目が空きその度に青苗灯台の気象情報を電話で確認していたのですが、四時半の時点では奥尻方面は青苗灯台程風もなく凪ていたのです。体の衰えと共に日和見的傾向が強まっている親父は、期待していた乗組員も連休で不在の為出漁を見合わせたのですがやはり良い情報が聞こえてきました。そしてパークゴルフ場には新しい水道が出来ていました。
P1040629.jpg
とても素人が制作したものとは思えないような出来上がりで、この蛇口から芝に散水したりホットコーヒーを飲む為の水を汲むのです。そしてこの水道は毎日パークゴルフ場を」利用してくれている妙齢の女性陣達の要望だったらしいのですが、お客様のい要望にすぐに答える身の軽さがOPGの良い所と自我自尊しておきます。ですけどこの作品はどこからみての素人の作ではなくプロの出来栄えと言っても良い位です。すべてボランティア作でコンクリートブロックも寄贈されたものなのです。そしてクラブハウス内には大きな冷蔵庫も寄贈されるなど熱中症対策も万全です。本当に感謝にたえません。そしてコロナ対策の為各種大会が延期または中止されていたのですが8月30日からは3週末ごとに連続大会が開催されるみたいです。コロナ禍で自粛していた不満を大会で発散して欲しいものです。そして親父が思うには空港の搭乗口にある体温を測定するカメラを江差のフエリー乗船口にも配備したら離島の医療崩壊は防げるのではと乗船する度に思っているのです。現状ではコロナウイルスは島外から入り込む以外に方法はなく、ほとんどのお客様はフエリーの利用が圧倒的に多く江差の乗船口にカメラを置きチェックすれば島にコロナが入り込む確率はかなりの確率で低減されます。飛行機利用のお客様はどこかの空港でチェックされているでしょうからウイルスを持ち込む可能性は低いと思います。国庫からの補助金をカメラの購入にあてるなど方法はいくらでもあるはずです。
maguro.jpg
そして親父道内某所で写したマグロですが立派なものでその片割れの片割れを頂きましたが美味しものでした。それも釣り上げてから1週間位経ってからの方が美味しく感じました。良く魚はは腐る寸前が一番おいしいと言いますが本当かも知れませんね?親父に海の女神が微笑むのはいつになるのでしょうか?

趣味の部屋

P1040618.jpg
今までは趣味のアマチュア無線機が鎮座していた倉庫の親父の隠れ家ですが、HFのアンテナの一部が強風で外れて以来、釣りの為の作業部屋の変わりそうです。巷では巨大魚?との闘いが釣り人の主要な話題になり愛好家の皆さんは準備に余念がありません。遅ればせながら親父もまだ見ぬ巨大魚との闘いに備える事にしました。まず親父単独で巨大魚と戦い勝つ事は肉体的に無理なので、一緒に戦ってくれる甲板員を募集した所直ぐ甲板員が集まり人員は確保し後は釣り道具です。
P1040616.jpg
これが親父のブリ釣り用の仕掛けですが皆さんの忠告を聞き入れバージョンアップです。不器用な親父はこうした仕掛けを作るのは非常に苦手で、親父制作のこの仕掛けに間違って10キロ越えのブリが掛かったら針がはずれてしまいそうです。そして翌日稲穂岬まで試験操業です。せっかくリニューアルした仕掛けも効果は無く当たりもありませんでした。海に行く事を禁じられ家内の目を盗んで出漁している親父は手ぶらでは家に帰れず、たまたま船にあったイカでソイ釣りをしたところ直ぐに良い型のソイ4尾をゲットし、大手を振って帰宅するももう魚は釣ってこなくても良いとのご宣託です。しかしソイは時期的にもう釣れないと思っていた親父はソイ釣りに連れていくと約束していたにも関わらず、まだ一度しかソイ釣りに連れて行っていないO君の事を思い出しソイ釣りに誘いだします。
P1040621.jpg
そして翌日のO君の必殺 二尾 掛けです。O君前回もこの同時二尾掛けに成功しているのです。この日の釣果は親父最悪でその原因は前日の餌をそのままクーラーに入れていたら餌のイカが雨イカ(この意味を理解できるのは島で育った親父世代)のようになり生きが良くなかったのです。親父前日のようにソイは目の前に餌があったらなんにでも食い着くだろうと思い餌を用意しなかったのです。食欲旺盛なソイは大きなソイから順番に食いつくといいますがそんなソイでもやはり新鮮な餌を選ぶのでしょう。人間のグルメ志向と同じですね?二尾掛けの仕組みは一本の仕掛けに親 針とその下に孫針と針が二本ついている為なのですが、親針をイカの耳周辺に掛け孫針をイカのロート周辺に掛けるので、一本の仕掛けで二尾同時に釣れる事を目撃するのは親父今回で二度目です。それもいずれもO君で親父O君を<必殺二尾釣り名人>の称号を授与しますが特典はありません。
P1040617.jpg
そして隠れ家の内部もママチュア無線機やらその関連機器が占めていた場所も徐々に狭められ釣り道具やら仕掛けが目立つようになりました。久しぶりのブログの更新で親父の体調を気遣っていただいた皆さん(実情はそのような優しい人はいなかった)もいたかもしれませんが、親父はまだ元気?で生きていますから。あっ!それと親父と一緒に海に行き親父の状態を監視できる人を募集中です。圧倒的にボーズの釣りが多いですが。一人で海に行くより二人の方が93歳の婆さんも安心できるでしょうから。

孫を訪ねて三千里?

IMG_20200705_100825.jpg
親父函館の病院で失意の宣告?を受け転勤で北見へ行ってしまった孫を訪ねてロングドライブを楽しんできました。失意の宣告と言っても深刻な物ではなく、膝の状態が現在より改善される見込みがないだけの話で親父の酔酔(ヨタヨタ)歩きは当分続きそうです。膝が曲がらずあぐらも満足にすることもできず悩んでいた親父は、APS療法という先進医療を雑誌で知りネットで調べ函館でも行っている病院ほ予約していたのです。そして結果はコロナの影響で血液の遠心分離機がまだアメリカからきておらず治療は不可能でもし器具があったとしても親父の場合は改善が望めない可能性が高いという結論だったのです。先進医療なので健康保険が使えず全額自己負担で注射一本35万円もするので無職の親父としては清水の舞台から飛び降りる覚悟で最後の望みを託していたのです。そして翌日気分を入れ替え約一年ぶりに孫に会うため12時間のロングドライブにチャレンジしたのです。函館を朝7時頃出発し高速を利用し旭川経由で約12時間かかりましたが、途中高速が事故で通行止めになったり道を間違えたり(最新のカーナビ)しなければ多分10時間位だったでしょう。往復行程約1,200kmで昔のB級ライセンス所持者の親父は今回も無事故、無違反の超優良運転者でした。そして昨年の全道道の駅制覇の旅で切りに見舞われ何も見えず美幌峠で難儀したことを思い出し、翌日娘の旦那の案内で美幌峠へ再チャレンジしてきました。そうするとご覧の様に晴天に恵まれベストコンディションでした。前日も霧に覆われていたそうで、翌日もラジオでは美幌峠は濃い霧に覆われていたそうなので親父の普段の行いが良いので天がご褒美をくれたのでしょう?
IMG_20200705_130152.jpg
昨年の道の駅巡りの旅は道の駅を制覇する事だけが目的だったので観光はほとんどしなかったので、親父の昔からの願望だった網走監獄の見学をお願いし網走まで足をのばしてもらいました。高倉 健さん主演の<幸福の黄色いハンカチ>を見ていらい網走監獄が好き?になり映画の内容に感動しラストシーンに涙した親父だったのです。これはあばしり監獄の放射状の建物を監視する見張り所で一人の人員で最大700人もの入居者?を監視できるという優れた?合理的な監視所です。そしてここで親父一年ぶりに見る孫の成長に目を見張るのです。小学2年生の長男は網走監獄などは興味もなくその意味も良くわからないでしょうが、パンフレットをみてお爺ちゃん次どこへ行きたいを聞きじゃあこっちだよと言い案内してくれるのです。いままでと立場が逆転したみたいです。ついに親父も孫に先導されるようになったか?と悲しいようでもあり孫の成長を見て嬉しくもあり微妙な立場です。前日も近くの公園を案内され通学する小学校まで案内されたのですが、ちょっと待って!ちょっと待って!の連呼で孫の歩きについていけません。この親父の歩く姿をみて孫なりに考えゆっくりと獄舎を案内してくれたのでしょう。いつまでもこの優しい気持ちを忘れずに成長して欲しいものです。
IMG_20200705_113858.jpg
そして早めの昼食は監獄食堂での空がに優しい麦飯の監獄食Bのほっけ定食です。昔ならホッケならいくらでも大量に獲れたでしょうから多分激安でしょうから刑務所にピッタリでしょう。そして旭川~網走にかけての中央道を作る作業は過酷だったようで動員された囚人6人に一人は死亡しているそうで囚人の多くは政治犯だったみたいでだから過酷な労働に掻き出したのでしょう?そして親父この島での老後の生活は施設も不足していて無理みたいなので網走監獄への入所を志願しようと思っているのです(笑い)。衣食住が保証されているのですから。その為には?またまたいけないことを夢想してしまいました。

またまたソイ釣り

P1040589.jpg
前回のソイ釣りでソイの強力な引きの強さに引き込まれた親父は、今回は友人のKさんと約束し早朝に出港する事を約束しまだ西の空が明るい内から就寝し翌日に備えます。しかしあまりに早く寝すぎた為、0時目が覚め二時間録画を見て毎度寝たのが2時で目が覚めたのが3時で親父Kさんはいつも夜が遅いのでまだ寝ているだろうと思い、コーヒーを飲み体調を整えソイ釣りに備えます。そして万全の体制を整えに3時半に港へ行った所Kさんの釣り用軽トラがすでに港にあります。一度寝ると起きれなくなるからという理由で一睡もしていないそうで親父以上に釣る気十分です。そして釣り具を積み込み出港しますが海上は湖のようなべた凪で目的地に到着し釣りはじめますが当たりもなくKさんは二本で親父は一本の釣果しかなく間もなく漁船が来てハエ縄を揚げはじめます。前回の釣り以降ハエ縄ではソイが大漁だ!という情報を得ていたのでこのポイントは諦め前回良い形のソイをゲットした秘密?のポイントへ向かいます。そして一投目でゲットしたのがこの黒ソイで体長約60cm、体重3.5キロのこのソイです。そいはその海域にいる一番大きいのから釣れるという話は本当かもしれません?多分この岩場の番長クラスで一番早い餌に食いつく権利があるのかもしれません?
P1040591.jpg
そして次にゲットしたのが下の方の縞ソイで体長40cm体重1.5キロで親父のようなメタボ体形で何を食べているのか?お腹が出てますが抱卵ではありませんでした。そして夕方この黄ソイの一部を刺身にして食した所余り脂がなくおいしく感じられませんでした。残りは昆布締にしてありますがやはりしばらく熟成させたほうが美味しいみたいです。この黄ソイと真ソイはアニサキスの心配はないというのですが、いつも魚を生で食べている親父はまだ一度も虫に当たったことがないので安心しているのですが、一度経験した人の体験は苦しいものだったようです。家では家内がヒラメを食べてその苦しみを体験したのですが家中では6人がたべて犠牲者は一人だけだったので体調が悪かったのだろうで済まされてしまいました(笑い)。でも最近ですよね?アニサキスが騒がれはじめたのは?それ以前は皆さん免疫をもっていたのかもしれませんね。生魚を食べて食当たりをしたなんてあまり話にならない時代でしたから。
P1040587.jpg
そしてマル秘ポイントから見た怪獣海岸ですがここまで見れば釣りの好きな人なら推察できると思いますが今回のソイ釣りも非常に楽しいものでした。そして親父良い形の真ソイ二尾もこのポイントで釣れたのです。なにか良いことでも起きる予兆かも?匹数ではKさんの気力に負けてしまいましたが新しい発見もありますますソイ釣りの魅力にはまりそうです。

| ホーム |


 ホーム