FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カランセ奥尻子供の日バージョン?

P1040452.jpg
親父数年に一度あるかないか?という重要な仕事(本当です)の為26日フエリー二便で函館へ行き28日一便で帰ってきましたが、なんと二度の乗船共にドライバーを除けは乗客はわずか3名のみでした。親父この異常な光景に驚きその原因がなんであるのか理解できませんでした。そしてこの異様な客室の様子をFCにUPするとすぐコメントがあり理解できたのです。5月6日まで北海道の離島5島への旅行はお控えください、また不要不急の外出はお控えくださいというアナウンスがなされていたのでした。親父の今回の出張は不要不急には該当しない非常の重要な仕事(決して噂の裏稼業ではありません。)だったわけですがこの大きなフエリーに乗客3人だけという光景に驚いた訳なのです。COVID-19による世界的な異常な事態の中都市封鎖ならぬ離島封鎖ならいとも簡単にできるのですが、こうした状況の中でもフエリーを定期運航しなければならない必然性でもあるのでしょうか?最低限の移動手段を確保すれば良いので一便運航でも仕方ありませんし我々住民も納得すると思うのですが?どうなのでしょうか?定期航路だからかってに変更できないというのであれば余りにも杓子定規ですし官僚的です。少ない乗客で運行しても赤字を垂れ流すだけですしサービスを普段通り維持しなければなりませんし船員の負担にもなります。そして安くなっているとは言え燃料の消費も減り化石燃料の消費も減るのですから環境にもやさしいというようにどこかの信金のキャッチフレーズのように三方良しです。この鯉登りは昨日フエリーの様子ですが確か親父江差から乗船する時はなかったのですが奥尻港に停泊していて二便出港前の時間帯だったので停泊時に飾り付けられたのでしょう。不要不急の外出禁止の世の中で帰省もはばかられるような社会の中で、遠くにいる孫を思い起させてくれたカランセ奥尻の鯉登りに感謝です。そして現役を引退し社会との関わりが希釈になり認知機能だけが進む親父の頭はやはり衰えていました。画像がUP出来ないと何日も悩みトライしていたのですがやはりプロは違います。いとも簡単にマウスでクリックするだけで直ってしまいました。
P1040450.jpg
二度目の挑戦でゲットしたタランボですがまだ小さく時期的に早いみたいです。ここは首都圏在住のMrX氏所有の山なのですが親父が行った時はすでに車が三台止まっていて盗られた後でした。もちろんX氏の入山の了解は得てありこの一部を送りましたが。私有林は所有者を表示していないので誰が所有者かわからないので勝手でしょ!と言われればそれまでなのですが何故か?腹が立ちます。自分の山でもないのになぜでしょうか?タランボは食べてもおいしいし、やはり山菜の王様ですね。親父からだの自由が利かなくなりキトビロ取りは諦めましたがタランボ取りはつるに足を取られ転びながらもまだ何とか続けられそうです。これからもリハビリの為山歩きは続けます。
スポンサーサイト



たらの芽(タランボ)

画像がアップ出来ません。ご勘弁ください。首都圏在住の親父の同級生のMr.X氏所有の山に最近たらの芽がたくさん出るようになり、たらの芽を取って送るまらと約束していたのです。その為一日おきに山に行き成長を確認していたのです。しかしSNSにまだ蕾のたらの芽が大量にUPされて、もしやと思い山に行ってみると見事そっくり盗られた後でした。地元の人間でなければ誰の所有の山林かはわかりませんし、まして現地は林道の直ぐそばにあるのです。せっかMr、X氏に取って送ると約束し毎日成長を確認していただけに怒り心頭です。整地でもヨタヨタ歩きの親父は一日おいて、今日は知人の健常者のYさんを連れてX氏所有の山へ行き取り残したタランボを取りに行ったのです。そして探しながら林の中を歩いているとYさん上ばかり見てつるに足を取られ転んでしまいます。そして今度は篭に入れていた親父の山菜採り用のコンパスのついたナイフをなくしたと言い探してくるといいます。山林で亡くした物は海に落とした500円玉を探す位困難なのです。なぜ篭の底にあるナイフがなくなるのか親父理解できませんでした。しかしその理由は林から出てくるYさんの様子をみて直ぐ理解できたのです。篭を手で持つのではなく肘で持ち篭をぶらぶらさせながら出てきたのです。まるで銀ブラでもしているようです。これだから育ちの良い良家の出身者は親父は苦手なのです。その上篭を肘で持ちゆらゆらするものですからせっかく取ったタランボも落ちてしまいます。この調子で山菜の王様と言われるタランボを撒いて歩いていたのでしょう。結局残ったのは親父の採った量だけというみじめな結果に終わったのです。そしてタランボが群生する訳がだいたい理解できるようになりましたがここでは秘密です。そんな分けで今日は散々な結果に終わりましたが山菜取りは本当に難しいものです。熟す時期を待てば先人に盗られるし育ちの良い人を連れていけばバラまかれるし、やはり山菜は誰にも言わず秘密にしておくのが正解なのですね。しかしそれでは要支援状態の親父は山には行けません。ジレンマに悩みますがPCの画像ソフトもトラブっていて親父の悩みはつきません。

日々変化する奥尻パークゴルフ場

P1040423.jpg
親父コロナウイルスに最強?の基礎疾患を抱えているので、家族の反対をものともせず二泊三日で函館の病院めぐりをして大量の薬を抱えドック帰りのカランセ奥尻で島に帰ったのです。すると家内がお父さんパークゴルフ場がすごいキレイになったよ、そして鯉のぼりまで上がっているよ、そしてプレイヤーが皆いいね!と言ってくれていると言うのです。そして親父薬を自宅に置きすぐOPGに直行です。すると奥尻の海コースにはご覧の様なキレイな花が咲く木が植えられていました。そして親父今朝花の名前を調べようとラクラクスマホを持って行き調べようとしますが初めての花ノートの使用で上手に使う事が出来ません。まさに高齢者の中の高齢者でマニュアルがなければ満足に操作はできないのです。昨日一度聞いた木の名前をもう忘れているのですから恥ずかしい限りです。
P1040418.jpg
そして評判が上々の鯉のぼりです。いつも一生懸命ボランティアに汗を流しているM君が自宅から持って来たそうで孫の為に使用していたものだそうです。そう言えばもうすぐ子供の日ですよね。コロナ、コロナががニュース、ワイドショーを賑わしていて季節の変化を忘れてしまいそうな世の中で鯉のぼりは季節の変化を感じさせてくれます(親父はマスの引きが忘れられず海の模様が中心です)。そしてコースの片隅には?
P1040422.jpg
強風が予測される奥尻の海9番のコース脇には新しいオンコの木が植えられていました。青苗地区の所有者から申し出があったそうでわざわざ青苗地区まで二度も取りに行ってくれたそうです。そしてオンコの木の剪定もSさんが自宅の庭の剪定で磨いた腕前で剪定してくれますので徐々に形が整い一年ごとにに完成された姿になっていくでしょう。オンコ一本ずつがそれぞれ個性を持ちトータルとして周囲にマッチし奥尻パークゴルフ場としての主張をしていくようになるのが理想なのですが、皆さんから頂いた善意だけで成し遂げようとするのですから夢物語りかもしれません?
P1040421.jpg
そして海のコース7番ではショートカットを防ぐためのゾーンが作られていました。OPGでは狭い土地でコースを造成した関係でだいたい左に変化するコースが多いのですが、そこでショートカットするのを防ぎオーソドックスに正統派で直線で攻めるようにするのだそうです。この辺のコースの攻略法になると親父全く分かりませんのでただハイハイと聞くだけです。このようにわずか二日島を離れていただけでOPG は変貌を遂げているのです。
P1040427.jpg
そして奥尻高齢者事業団により計画されていた4月26日のパークゴルフ大会が5月10日に変更になりました。昨年も行われた大会で高齢者事業団主催だけあり高齢者、女性にやさしい大会なのです。ハンディ戦で80歳異常には10,75歳異常には5、74歳以下の女性にはさらに4が与えられるそうでポイントの返上も可能だそうです。
P1040428.jpg
そして5月3日には青苗パークゴルフ愛好会主催によるペアーマッチが行われるそうです。皆さん参加してパークゴルフを楽しんでください。島の大会の場合参加人数も少ないので三密の心配もないので安心して参加してください。なにより親父のコロナに対する珍説はコロナは潮風に弱いので島は安全なのだ!島の周りは海で常に潮風によって守られているからコロナは存し得ないと言う珍説なのです。その上コロナは日本の独占企業のトヨタですから、親父は日本の自白に偏重過しすぎる、長期拘留で罪を認めるまで保釈しないなど、日本の司法制度から逃亡したカルゴスゴーンを擁護する少数派の立場から日産を擁護するのでなおさらトヨタのコロナを嫌いなのです。コロナに負ける日産否日本!何か変ですね。

最強のリハビリ?

P1040396.jpg
土曜日の朝三度目の正直でようやく島の西海岸で操業することが出来て、約4時間の釣果です。親父にしては大漁なのですがプロの漁師の人は約三桁寸前まで釣り上げた漁師もいたそうです。親父前日には気合十分で7時には寝て漁師のKさんの言った明日の陰は凪が良いとの言葉を信じていたのです。やはり熟練の漁師の天気(凪かどうか?)の見方は正確で親父予定どうり5時に順調に出港したのですが宮津弁天あたりから向かい波の為西海岸に行くのを躊躇し悩みながら稲穂岬へ向け約4マイルでトローリングを始めたのです。そしてこれが無駄な時間だったのです。すると勘太浜漁港から出港した和船が向かい波をものともせず賽の河原の中間点を横切り西海岸に向かったのです。これを見た親父は急いで仕掛けを回収し西海岸へ向かったのです。この時点ですでに2時間を経過していました。
P1040406.jpg
そしてこれが昨日漁があった勝間地区を奥尻中央線から見た今日の勝間地区です。数年前の日本テレビの沸騰ワード10で紹介された怪獣海岸ですが、4個の突き出た岩が見る位置によって怪獣の背びれのように見えるので怪獣海岸とネットでは言われていたみたいですが親父はこのロケで初めて知ったのです。勝間地区は西海岸では珍しく砂浜があり今から50年位前は季節間移住する住民もいたところなのです。そして最近ではこの勝間地区以外ではマスが釣れないのでここまで遠征しなければならないのです。そして隣の美の歌地区(この地区も50年位前までは季節間移住者がいた)の間に好漁場が形成されていたのです。良く聞く漁師さんの話で釣れて連れて汗をかくというのを聞いた事があるのですが、まだ4月の海上なので防寒着を着込んでいるのですが親父はじめてこの言葉の様な体験をしたのです。多分9時前後だと思うのですが釣れ上げて仕掛けを投入すると仕掛けを全部入れない内にマスが食いついてくるのです。まさに入れ食い状態です。親父人生での初体験でした。真冬でもこのような状態になるとやはり汗をかく事があるそうです。そして普段でも足腰が弱り酒も飲んでいないのに(酔ったっている)と家内に言われている親父は体中の至るところが痛く湿布まみれの重度身障者のようです。不規則に揺れる船上で足腰を踏ん張りながらする釣りを見ている人は笑いをこらえるのに必死でしょうが、親父のような非健常者は必死に頑張っているのです。板子一枚下はまだ冬の海ですから。
P1040409.jpg
そして親父が持ち出した最強の救命胴衣を兼ねた防水作業着ですで15年位前に購入し倉庫で眠っていたものなのですが、これなら親父のようなメタボ体形でも万が一の場合浮上するだろうと考えたのです。そして試着してみると椅子に座らないと着る事が出来ず、船に乗る前から着ていなければならず不自由なみたいです。ですからこの救命具を着た人をまだ見たことがありません。今日の港の水温は7度前後です。壮健な人間で意識不明に至る時間は15分から30分、予想生存時間は30~90分だそうです。西海岸で単独操業して万が一落水したら人生の終わりです。好きな海で死ねるなら本望だと自称する親父ですがその後は仲間に迷惑をかけたくだけはありません。やはりこの不自由な救命具を着る事になるのでしょうか?そして親父西海岸の操業したのが昨日で三度目の挑戦で初めて大漁したのです。これまで青苗灯台の気象情報を聞いて二度西海岸に挑戦したのですが、いづれも時化模様の為岩生地区から引き返していて三度目の挑戦だったのです。ですから三度目の正直たったのです。やはり時化模様の海での操業は命が掛かっていますので、必死さが違います。まさに最強のリハビリでしょう。

マス釣りリベンジ戦

P1040392.jpg
今朝7時前の奥尻港を海上から見た様子ですが沖提の白灯台にきれいな虹がかかっています。すぐ目の前にあるようで手をのばせば虹に届きそうです。そしてホンマス釣りはこのように岸に近いところで、浅いところでは水深20m位のところで行われているのです。そして親父昨日は夜7時には眠りの国に行き体調は万全の状態で備えていたのです。そして5時半に今日の大物2510gをゲットしたのです。その後大物を予感させる強烈な引きがあったもののすぐに外れてしまったので親父そのままにしておいたのです。これが本日の最大の失敗でその後他の船は釣り上げるのですが親父にはさっぱり当たりがないのです。
P1040394.jpg
これが親父の今季の大物で2.5キロですがHさんの釣り上げた3キロに比べるとお腹がスリムです。ホンマスの場合全長はほぼ同じなのですがお腹が幅広くなり重くなるのです。鯛みたいな体形になればなるほど大物になるのです。防寒着を着込んだ親父を想像すれば理解できると思います。そして親父この一本しか釣らない間にHさんは8本釣ったといい7時半には切り上げて帰ってしまいます。そして親父も9時半には朝食の為寄港するために仕掛けを回収すると驚いた事にパール(手作りの疑似餌のようなルアーのようなもの)がラインから切れてないのです。疑似餌がなければいくらトローリングしても釣れません。3時間も無駄な時間を費やしました。やはり当たりがあって外れた場合は仕掛けを一度回収して確認しなければなりませんね。
P1040395.jpg
そして自分のミスで釣れなかった親父はパールを盗ったまだ見ぬ大物を求め朝食を大急ぎで済ませリベンジ戦です。この頃になると海上には親父の船一艘だけでだれも釣りをしている船はありません。そして2時間のリベンジ戦で2尾を釣り上げますが、8号のラインを切ったような大物を釣ることは出来ませんでした。親父の完敗です。シーズン前にラインやサルカンを取り換えて準備しておくのが鉄則なのですが基本原則を守らなかった親父のミスでした。それでもラインを切るような大物?がいるという事は希望がもてます。
今日も孫の早希(幼稚園児)よりも早く寝て明日に備えるのです。無職になり自由に好きな事が出来る幸せをかみしめ、体は万全ではないものの好きな釣りができる幸せがこの先いつまでも続く事を願っています。

マス釣りとパークゴルフ場

P1040383.jpg
今朝前浜で釣れた全長約60cm、重量3026gのホンマスでHさんが朝早く吊り上げた物です。親父もこうしたマスを釣りたくて凪が良ければ毎日出漁するのですがこうした大物には恵まれません。このサイズで現在奥尻マリンクラブではトップなのですが青苗地区マスダービーではこれ以上の大物が上がっているみたいです。今年は桜の咲くのも昨年に比べて早いみたいですから今年は期待できるでしょう。親父は過去に7.2キロという大物を釣り上げた経験があるのですが、まだ30代の遠い思い出ですが最近では5キロ代のマスは非常に珍しくなりました。それでも大物を求めて明日も出漁する懲りない親父です。最近は禁酒生活を強いられていますので多分御神酒の飲み方が足りないので海の神様も不満なのでしょう。
P1040372.jpg
そして毎日変化を遂げつつあるパークゴルフ場ですが周囲の桜の木が伐採されたのでパークゴルフ場には強風が吹きつけるので、強風対策として7年前に植えた青森ヒバを山から掘り起こしてきて植えました。7年前に植えたときは3年苗だと言っていましたのでこれで10年たっています。植林した場所も杉の列状間伐した跡なので、日当たりが悪く成長が遅いのですが一年に10~20センチの成長で成木となるには100年かかりそうで孫の孫の代の代物です。植林を手伝うM君にはプレイを楽しむプレイヤーからは、木と木の間隔が狭いのではないか?と言われますがM君の返答は大丈夫だあ!俺たちはそのころ死んでるから だそうです。実際100年後の島は有人島足りえるのか?親父は自信持ち得ません。
P1040374.jpg
そして強風対策としてゴルフ場の周囲に奥尻町の町の木であるオンコの木を植える事になり、親父タイヤショベルを持ち出し根切りしておいたオンコを掘り出し穴を掘り植えようとしていた所、プレイ中のMさんが手伝ってくれて無事成功したのです。最近は樹木の配置などM君の構想による所が大きく今朝もオンコを3本植えたそうです。そしてオンコの木の所有者もここのオンコ、つつじは全部持っていっても良いと言ってくれるなど周囲の協力があるからなのです。俺もうダメだから ヨッ ここのは全部持って行っても良い と言ってくれたMさんありがとうございます。ながい間手入れをし形を整えつつある大切なオンコをありがとうございます。Mさんの善意は奥尻パークゴルフ場に長く生き続ける事でしょう。このようにOPGは多くのボランティアの協力によって成り立っているのです。
P1040377.jpg
そして親父今日発見した奥尻パークゴルフ場のローカルルールです。皆さん良く読んでプレイを楽しんで下さいね。親父は海に夢中でまだ一度もプレイしていませんが親父の場合はリハビリ目的ですから。

エイプリルフール?

P1040371.jpg
今朝の釣果ですがエイプリルフールではありません。今朝の前浜での4時間の釣果ですが、大漁した人はポリ箱に山盛りに釣った人もいまいしたのでまあ親父はこんなものでしょう。島の桜は今月中旬以降になるでしょうがようやく桜マスの便りが前浜にも訪れました。以前は島の西海岸付近で漁があり親父も2日前に挑戦したのですが波があり引き返してきたのです。昨日は夜8時には床にはいり小学生より早く寝てお利口さんにしていたので天が見方してくれたのでしょう!形はまだ小ぶりですが桜マス(通称本ます)で桜が開花するころから数多く釣れ出すので桜マスと言われるそうです。昔から春分の日以降が北上する桜マスですが最近は通称青マスはほとんど釣れる事がなくなりました。あれだけ日本海マスはえ縄で釣れた青マスはどこへ消えたのでしょうか?ます子として売られていますのでどこかで大漁の地方もあるのでしょう?
P1040363.jpg
30日の大成方面から登る朝日の様子ですが東海上はこんなに凪ぎて海上は穏やかなのですが、稲穂岬(賽の河原)を越えると海上の模様は一変し時化模様となるのです。親父前日までの西海岸の漁模様を人づてに聞き一発逆転を狙ったのですがやはり
夢想に終わりました。それでも時化気味の中操業を試みたのですが波に向って行けないのです。ボートの欠点で高速では問題がないのですが低速で走ると船体が漁船に比べて軽いので波、風の影響をもろに受けるのです。そして今朝はこのようにトロ凪で順調に操業できたのです。ですから愛艇(海響)も今朝は全てが順調に操業でき大漁出来たのです。これはフエイクではありません。久しぶりの本マスの強い引きの余韻にまだ浸っています。暗い海中から朝日に銀輪を躍らせ姿を現す桜マスの強力な引きは別格です。親父は今朝二本バラシましたがマスの強力な引きが楽しみで釣りにハマる人もいるみたいですから。今から40年以上前には旧奥尻中学校で桜マスの養殖?活動をしていて大きな水槽があったのですが、その中に捕まえたネズミを投げ入れたところ瞬く間に骨だけになったそうです(これは聞いた話で真偽は不明です)。その位獰猛な本マスですから引きの強さは想像できるでしょう。

| ホーム |


 ホーム