FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

剃髪

DSCN0837.jpg
偽和尚の風貌がまだ未完成な和尚ですが、最近頭を自分で剃ることが楽しくなってきたのです。蘭越町の I さんから剃り方を聞いてから入浴時間の約半分を剃髪に費やしているのです。最初はまだらで虎刈り状態だったのですが回数を重ねるほど剃り残しが減りすべすべしてきたのです。この自撮り画像は風呂上りの直後のですが我ながら70点ぐらいの出来なのでは?と思います。綺麗に剃れると頭皮を撫ぜると赤ちゃんのお尻のようにもち肌のようにすべすべしていて手肌が皮膚に吸い付くような感覚になるのです。しかし剃り残した部分があると硬い毛髪部分が残り直線状態になったりしていて直ぐに分かるのです。そしてT型かみそりで剃ると頭が丸いことが実感できるのです。T型かみそりの刃の幅で剃れるのではなく中央部でしか剃れずに頭が球体であることを確認できるのです。
DSCN0836.jpg
当初スキンヘッドにした目的は僧侶の真似をすることではなく、スキンヘッドの持つ反社会性に半分憧れ仕事をしている内は絶対スキンヘッドには出来ないだろうと思い、そして人生をリタイアした今なら夢がかなえられると思い敢行したのです。そしてある日突然のようにも思い出し家内に剃髪を告げ理容院に出かけたのです。しかし理容師さんも何度も本当に剃っていいの?と何度も聞き親父の決意が揺ぎ無い事を確認しバリカンを入れたのです。そして何度もいろいろな角度から剃り真っ青なすがすがしい?みずみずしい?頭になったのです。そしてまるで珍しいものにでも触るように頭を撫で回し剃り上げが完了したのです。頭皮が手肌に吸い付くような赤ちゃんのお尻の感触に浸っていたのかもしれません。こうして完成したスキンヘッドは当初予想していたよりはるかに手間がかかり大変なのです。想像以上に髪の伸びが速く2日もすると硬い髪が伸びその髪の長さでも下着を着るとき襟首に引っかかり着脱が簡単に出来ないのです。そのため頭髪にクリームなどを塗らなければならず余計な手間がかかるのです。スキンヘッドの前は短髪で手入れもしたことのない状態だったのでなおさら感じるのかもしれません。長髪で毎日整髪をしている人ならそんなに感じないかも知れないのですが?
DSCN0840.jpg
真上から見た頭の様子ですが大事な頭が無防備の状態です。すでに頭の中は空洞で記憶も徐々に否すでに無くなっている状態なので、人に迷惑をかけず最低限の日常生活を送れれば良し!、としているのでヘルメットなどで頭を守る必要は無いでしょう。そういえば古代インドでは頭を剃るということは重罪を犯した者への刑罰だったらしいのですが、今のように優れたカミソリなどなかった時代どの様に頭を剃ったのか気になります。まさか鋭い石器で剃るとしたらそれこそ本当に怖い刑罰ですよね!ミスったら頭が割れる?なんて。巷からは偽和尚に向かい(頭を剃るより心を剃れ!)と言う声が聞こえてきまが本当にそうだと思いますがすでに手遅れです。
スポンサーサイト



ソイ釣りリベンジ

DSCN0834.jpg
トロ凪が予想された7月20日早朝4時Kさんと待ち合わせソイ釣りに再挑戦の為出港しました。目指すは前回脚力不足の為まだ釣れるのにあきらめて帰港せざるを得なかったいつものポイントです。幸い凪に恵まれ体力の心配することは無かったのですが、万が一の場合にも安心を確保する為Kさんを誘ったのでが、和尚Kさんとソイ釣りに行くとソイに恵まれる気がするのです。そしてポイントでの一投目すぐさまKさんの竿にソイが食いつきます。しかし和尚の電動リールはまた電源が入ったり巻き上げようとすると電源が切れたり前回の鱈釣りと同じようなトラブルです。必死に電源を変えたりしているうちに原因は不明のまま?解決し釣りと操舵に専念して何とかKさんに負けないぐらいに釣果を回復しますが今回も目当ての黄ゾイは一尾もつれません。前回のソイ釣りが6月27日ですから約三週間ぶりなのですが黄ゾイは連れません。いつもはソイ釣りも後半になると黄ゾイが多く釣れるようになる気がするのですが?
DSCN0833.jpg
平均40センチ前後の形の揃った黒ソイですが真ゾイは一尾だけでした。このクーラー全てがソイではなくソイの下はKさんが余した氷が入っているのです。でもソイの強力な引きを楽しみながら満足したソイ釣りでした。そして7時過ぎからはソイが餌に食いつき途中まで上がってくるのですが、後10~15mで船べりというところで餌を吐き出し外れてしまうのです。俗に言う甘食いという現象ですがソイ釣りも後半になると良く起きる現象なのでソイ釣りももう終わりなのかもしれません。そして8時半頃餌も無くなりKさんからは貴重な冷凍イカの餌をもらいますがソイが餌ばかり盗っていくのであきらめ帰港を決意します。二日続けてのトラブル続きの釣りでしたが海に十分満足しましたが体力の消耗も限界で、リハビリの為のパークゴルフも二日お休みしてしまいました。そしてトラブル解決の為体力が回復した夕方Kさんがテスターを持ってきて調べてくれると、原因の一つがバッテリーの+と-に接続するコンセントを逆に接続していた和尚の初歩的ミスと判明。恥じをかきますが直流と交流の違いも忘れ去り小学生低学年並みのレベルです。こうして知力、体力も衰え浄土の世界へ導かれていくのでしょうか?否キナンポ教が答えを出します(笑い)。そして和尚の船の生簀に生かしておいたソイと油子一尾ずつ港の中でいつまで生きているのかを調べたのですが、この作業を和尚の布教の旅を重なった為確認をHさんにお願いしていたのです。なんと7月10日まで生きていたそうでHさん毎日生簀を見に行ききちんと日記に記入していてくれました。感謝です。9日夕方にはだいぶ弱っていたそうで海水を循環させればまだ長く生きることも可能だと思います。間違って大漁した場合海中生簀があれば?こういうのを取らぬ狸の何とやら!

久しぶりの海

DSCN0829.jpg
連日日和ヤマセが続き釣りにも行けずストレスが蓄積していた親父は、天気予報の通り凪になった18日早朝隠密裏に出漁しました。前回のソイ釣りから20日ぶりの海の上で沖の根めがけてまっしぐらですが今年はまだ上架整備していないので速度がでませんが、これで15マイルなのでいつもより5分余計に時間がかかります。今朝は5時出港で帰港は7時で出港するカランセ奥尻を見送りします。実は埼玉から帰省していたKさんを釣りに行こうと朝4時過ぎにメールしたのですがあいにく今日の飛行機で帰る予定ということで親父単独での出漁になったのですが本当にベタ凪で湖を走っているような海況です。沖の根では南の風、上潮1.2マイル、水温18ぐらいでベストコンディションで大漁の予感がします。しかしこの後思いもかけないトラブルが!
DSCN0830.jpg
一投目で5本の針に4本の鱈が食いつき鯉のぼり状態で上がってくる良い形の鱈ですが、毎日の日和ヤマセでだれも釣りに行けないので仕掛けが底に着くと同時に食いつきます。普段ならそこで電動リールONであとは手いらずなのですが、今日は20mぐらい巻き上げたところで電動リールの電源が切れてしまいます。いろいろと試したのですが電源は入らず150mを手巻きであげます。鱈4本を手巻きで揚げるのですから親父くたくたで時間もかかり一投目だけで根から外れてしまいます。多分電動リールのトラブルだろうと予備の古い電動リールと交換したところ電気は点灯し問題は無いと想い二投目を投下します。するとまた直ぐに当たりがあり電動リールをONにするとまた電気が消えてしまいます。どこかの接触が悪く電圧が足りないのではと想いますが食いついた鱈を逃がすわけには行かずまた手巻きで150mを巻き上げますがまた鱈が4本食いついています。そして船体後部にあるコンセント3箇所で通電しているかをトライしてみますが3箇所全てが通電していません。
DSCN0832.jpg
良い形の鱈ですが後部デッキの電源が駄目なら前部デッキの2箇所のコンセントはどうか?と接続したところ電動リールの電源は点灯し問題ないようなのですがリールに負荷がかかるとどうなるのかを試そうと三投目を投下します。すると直ぐに当たりがあり電動リールをONにしますが今度はなんのトラブルも無く巻き上げますが今回も4本の鱈が食いついています。船体の前後で違いがあるということは配電盤に問題がり重大なトラブルになるこ可能性もあると判断し直ぐに帰港することにします。そして帰省する直前のKさんに電話しテスターを持ってないか?と尋ねると島にはないが埼玉にならあると言うのです。そして電気の症状について説明すると単純に考えられるのはコンセントから伸びるケーブルを変えて試してみたらと言うのです。すっかり疲れきった親父涼しくなった夕方船に行ってケーブルを変えて試してみると全てが順調に作動するではありませんか!さすが理系に詳しい「Kさんです。考えられる原因を順序立て推理すると言うことが出来ないのが親父の問題点なのです。キナンポ教の教祖を目指す和尚ですから理積めで進めば宗教は成り立ちませんからこの辺りで良しとしましょう。ブリの情報も聞こえてきましたしまた楽しみが増える殺生大好き和尚です。

大物?

初笑い
和尚一ヶ月ぶりの孫の向希(4ヶ月)と対面し順調な成長に喜んだのですが、和尚がイナイイナイバアーをすると声を出して笑ったのです。一度だけなら偶然ということもありえるのですが、何度繰り返しイナイイナイバアーをしてもその度に声をだして笑うのです。この光景を見ていた母親はビックリし声出して笑うのは初めて見たそうです。ニコニコ笑顔を振りまくことはあるそうですが声をだして笑うのは母親でも始めてだそうです。和尚は子供は好きなのですがあやし方が良く分からず、また容姿もご覧のとうりなのでその筋の手下の様な体形なのです。そのため以前商売していた時は店に子連れのお客様がきて親父があやそうとすると大泣きになってしまい親御さんに迷惑をかけていたのです。ただ一人だけ和尚の顔をみても泣かないで笑ってくれた女の子がいましたがその子は転勤してしまい今どこに居るのかなあ?和尚を見ても動じないあの子はどうしているのか?多分大物になる素質を持っているでしょう。そして以前は二人目の孫(女)も和尚を見るなり泣き出し泣き止まず固まったみたいになり母親を困らせたことがあるのです。そのように95%以上の子が泣き出すほどなのですが、孫の向希は初笑いです。和尚がどのように見えたのでしょうか?純真、無垢の目に和尚の心が通じたのでしょうか?大物になる素質は十分と判断しましたが、和尚は健康で育ってくれればそれで十分満足なのです。

スコア100突破=97

DSCN0826_201907141046129d8.jpg
7月7日当パークゴルフ場で第9回奥尻観光協会杯パークゴルフ大会が47名のプレイヤーが参加して午後から行われました。当初は午前9時から行われる予定だったのですが7月5日から今や奥尻の漁業のメイン業種になりつつある海栗採りが始まったのです。海栗の出荷は生ウニの身取りが大変で人手が沢山必要となるのです。そのため急遽午後からに変更になったのです。練習では100を切る人は多数いるのですが公式戦では初めてです。いとも簡単に100を切られたグランドキーパーのH氏は悲しんだと同時に喜んだとか?あまり綺麗に芝を刈りすぎたせいか?と悩んだとか?
PG.jpg
当日のプレイの様子ですがベストコンディションで行われたようですが男子優勝は佐々木さん、二位島田さん、三位松田さんといつもの常連さんですが優勝の佐々木さんは当コースのグランドキーパーでコースには熟知していてその上練習熱心なのです。やはり100を切るべき人が切った感じなのですが本当におめでとうございます。当コースの100をはじめて切ったプレイヤーとして佐々木さんの名前が刻まれるでしょう!
DSCN0827.jpg
男子の結果表です。そして大会ホールインワンが男女2名ずつでました。辻さん、工藤さん、坂本さん、中村さんです。おめでとうございます。
DSCN0828.jpg
そして女子の結果です。優勝は田口さん、二位は辻さん、三位は西村さんでした。おめでとうございます。前回当コースで行われた東屋完成大会の翌日、リトーレパークゴルフ場でうみ街信金奥尻支店杯のパークゴルフ大会が行われたのですがキナンポ親父その大会の結果表を入手しキナンポ的分析の結果、興味深い事が分かりました。二つの大会に参加した人達の結果です。男子は信金杯で成績がUPしたのは一名のみで女性はゼロでした。一般の評価ではリトーレパークゴルフ場のほうが起伏がきつく難易度は高い、反面コースの芝の状態はOPGのほうが良いという話なので一概には決められのですが、男子のほうがプラス15、女子はプラス10打多いのです。ということは男子は難コースを果敢に攻め、女子は手堅く安全第一にプレイする傾向が見られるのではないか?と思うのです。島の男子は攻撃的で反面ギャンブル好き?女子は安全第一で家庭的の傾向があるのではないか?とキナンポ的分析です。的を得ているでしょうか?長年島に住んでいる親父にすれば反対のような気がするのですが?

全道の道の駅  完全制覇

DSCN0819.jpg
十勝は大樹町にある宇宙航空施設ですが、和尚は今回第三次北海道遠征計画により全道122の道の駅巡りの旅を無事故、無違反で達成することができました。全走行距離約6200キロで17日間(内一日は利尻島遠征)で同じ道を何度も走ったりと言うミスもありました。今回は前回回りきれなかった道央の一部と日高、十勝を回る予定で五日間(一日は予備日)を予定していたのですが今回は事前に計画を立て予定どうり回ることが出来たのです。
DSCN0816.jpg
画像では良く分かりませんが道道236号線浦河から日高山脈を超え十勝に抜ける天馬街道ですが、この峠を越えると十勝の広大な土地が続きます。こうして車で走ると高い日高山脈から永遠に続くかのような直線道路と変化に富んだ北海道の大地が続き退屈しないのです。そしてその土地により畑作だったり水田だったり牧畜だったりと景色が一変し景観が変化するのです。それぞれの環境にあった第一次産業で成功しているのでしょう。その地域では農協の建物が立派だったりまたオホーツク沿岸では漁協が立派だったりと地域の特徴がよく出ていて地域発展の源であるのが良く理解できました。それに比べ檜山管内の衰退が良く理解できました。そして石狩川、天塩川、沙流川など河川の持つ絶大な力の恵みの大きさに認識を改めました。島で長年暮らしていると海の力の大きさを感じても川の持つ力の大きさは感じることが出来ませんでしたから。太古の昔から河川の洪水によって豊かな大地が作られた経緯からすれば人類の歴史は微々たるものなのでしょう。そして北海道の大きさを体で感じた旅でした。そして我が奥尻島の未熟さを痛感しましたが、未熟ということは発展の余地があるということですが和尚の想いは悲観的です。和尚にとっては初めての全道を周遊する旅、大変勉強になりましたがもう20年早ければ?だったでしょう。

二年ぶりのソイ釣り

DSCN0783.jpg
完全に高齢者モードに成り下がった和尚は殺生を禁じられていながら、ソイの強力な引きが忘れられず準備が出来ていないにもかかわらず出漁してしまいました。前日夕方一人でパークゴルフをマイペースで楽しんだにもかかわらず、疲れて夜6時には寝てしまったのです。多分孫よりも寝る時間が早いのではないか?と思うぐらいの老人並みの生活です。太陽と共にベットから起き太陽が沈むと共に寝るという原始時代並みの超健康生活なのです。そのため朝3時半に目が覚め窓から海を見るとさざなみ?程度で青苗気象台に風速を確認すると青苗灯台では南の風2mなのです。これなら大丈夫だろうと昨年の冷凍イカを持ち出し鱈の仕掛けと軽い錘を持ち港に向かいます。本来ならソイ釣り用の天秤使用の仕掛けを使用するのですがまだソイ用の準備は出来てなく今回は鱈用の4本張り仕様を使うことにして、船の生簀に餌のイカを投げ込みます。そうすれば生簀の中は海水が循環するので漁場につくまでにはちょうど良い具合に解凍するのです。4時半に漁場につき以前釣れてマークしていたポイントに仕掛けを投入するのですが漁探の反応もなく、また潮の流れもちょうど良い具合なのですがあたりは全くありません。一年間ソイ釣りをしない間にポイントが変わってしまったのか?それとも前日誰かが来て全部釣ってしまったのか?と不安になりますがそれにしても全く釣れないのです。長いことソイ釣りを楽しませてもらったのですがこんなことは初めてです。ソイはソノポイントにいる大物から釣れるのです。そして二時間経過しても全くソイはつれず油子二本だけです。このまま帰るわけには行かずここまできたからには一か八か西海岸のいつものポイントに向かい約30分で釣り上げたのがこの画像です。急な出漁だっ為氷を買う時間がなかった為生簀に入れた状態ですが、ソイは何故生簀の中では腹を上にして泳ぐのでしょうか?釣り上げたらすぐに生簀にいれるようししたのですが普通のように泳いでいるソイは一尾だけで後はまるでお腹に空気が貯まっているようにお腹を上にして呼吸しています。そしてこの日西海岸は少し波があり揺れる船上で和尚ソイの針を外すのに手間取りソイが空気を吸ってしまったのかもしれないのです。足、腰の粘りが無くなりいままでのように揺れる船上でバランスをとり立ち続けることが出来ないのです。足腰の強化が急務です。このままでは秋の鱈釣り、ぶり釣りに不安が残ります。大物に耐えきれず海中に引き込まれたら?和尚の場合は一度復活を果たしているので今度は?あり得ないのです。

東屋完成記念PG大会

DSCN0788.jpg
6月29日午前9時から東屋完成記念パークゴルフ大会が44名のプレイヤーが集まり開催されました。当日は天気予報では小雨も予想されていたのですが参加者の熱意が天に通じたのか、否多分普段のオーナーの行いの良さが予報を変化させたのだろうとは巷の噂(世間では誰一人そんなことは言っていませんが)です。東屋の裏手には軽トラの荷台一杯に豪華な景品(量を多く見せる為トイレットペーパーとティシュペーパーが大部分)ですがその中には島で唯一の三上工務店から提供されたガソリン券10L券が10枚も入っていると言うお楽しみも。そして結果は今回もグランドキーパーH氏の勝利で100を切るプレイヤーは現れませんでした。これに気を良くしたH氏全道の100を切る自信のあるプレイヤーは切ってみろ!と言っていたとか言っていないとか?
DSCN0813.jpg
そして男子の成績ですが朝、晩と毎日練習する島田さんでやはり練習量の賜物でしょう。しかし100を切ることはできませんでした。奥尻パークゴルフ場はやはり打数100ラインに魔物が潜んでいるのかもしれません。
DSCN0811.jpg
そして女子の結果ですが準優勝の平木さんも朝練の常連でやはり練習量の多少がやはり関係しているのかもしれません。そしてこの大会ではホールインワンだ三名出ました。
DSCN0810.jpg
上の欄がホールインワンした方で下の欄がヒラキスポーツ提供の男女別のニアピン賞の方です。やはり皆さんいづれも良い成績を残されています。そして宝命和尚は」リハビリの為毎日一人で孤独に耐え練習しているのですが結果は公式戦でスコアは124と過去最高でした。昨年からみたら20打数ぐらいUPしていますのでこのペースでいけば再来年には優勝を狙えるラインまで行くのでは?と予想されますが、問題はそれまで宝命があるかどうか?です。同じ組のプレイヤーに迷惑をかけまいと遅れながらも必死に2ラウンド歩いた翌日は体がだるく動く気力もありませんでした。30日は庭木の剪定をする為かっこよく電気バリカンのバッテリー充電しておけよ!と言っていたのですがまだ手付かずのままです。やはり健常者に比べれば体力の差は明らかです。そして大会の前前日の誰もいなくなったPG場には。
DSCN0782.jpg
ボランティアのM君がコースに木を植えています。和尚なんの木?と聞くとどんぐりの木だそうで彼は花を植えたり木を植えたり各方面でかく入れた才能を発揮してくれています。同級生なのですが彼にその様な才能があるとは知りませんでした。和尚は花と草の違いも分からない無粋な人間なのに!この様に奥尻PG場はいろいろな能力を持つ人達の集まりなのです。お手伝い出来る方募集中です。

坊主頭

DSCN0801.jpg
和尚修行中の身の上、せめて頭だけでもそれらしくしようと自分で風呂の中で剃ったのです。理容院で綺麗に剃っても10日間位で気になる長さになってしまうのです。このままでは月に三度ぐらい床屋さんに行かなければならず、年金生活の身の上には重い負担になるのです。今回は三日前に床屋さんに行った後のまだ長く伸びていない状態で練習の為行いました。プロの手にかかれば蒸しタオルで頭を何度も蒸しその後頭部を前後左右から何度も剃るのですが自分で剃る場合は右手オンリーで剃るので思うように剃れません。その上自分の場合は二階の階段から転落し奇跡的に大きな怪我はしなかったものの、その影響か左の肩がいまだ通常出なく通院している状態なのです。そして今回和尚が自分のことは自分で!と決意させた人物がいたのです。
DSCN0778_201907010519404bf.jpg
この素晴らしいバイクに乗って蘭越町から来島したI さんが綺麗なスキンヘッドだったのです。憧れだったバイクを手に入れ初のツーリングが奥尻での一泊二日の野営の旅だったのです。速度計を見た和尚はMAX360キロにビックリ!素人がこんなスピードで走ったら和尚が読経しなければならない事態になることは明白です。I さんはスピード派ではなくツーリングでの野営を楽しむのが目的との事でその心配はなさそうです。バイクにもドライブレコーダーの代用になるカメラを取り付け暇になったら編集して今回の奥尻ツーリングを投稿する予定だそうです。現在ニセコ、倶知安地区はバブルの様相を呈していて仕事はいくらでもあり、人材不足が深刻で、不動産が活況を呈しているそうです。まるで島が復興景気に沸いていた20年前みたいですが否それ以上の持続する景気でしょう。島の場合も頂いた義援金の金額の大きさからしてももっと将来を見据えた有効な使い方をしていたら?と今になっては悔やまれます。
DSCN0793.jpg
そして和尚がI さんの教えで準備したのがこちらです。シェービングフオームなどはボディソープで代用できるそうで、またメンズクリームもハンドクリームでも代用できるそうですが和尚の場合は最初が肝心と準備したのです。和尚はまだ見習いの身ゆえ形から入るほうなのかもしれません。そして五枚刃のカミソリなので肌を切る心配はなく剃った後は手で撫で回すようにすると剃り残しの部分が分かるそうで、そしたらその残った部分を剃ればよいのだそうです。そして和尚初めての自分でのスキンヘッドに挑戦した結果がこの頭だったのです。綺麗に剃れているみたいですが手で撫で回してみると綺麗にそれた部分と剃り残しの部分がはっきり分かります。そしてその残った部分の髪がたとえば丸首シャツなどを着るとき首袖に引っかかるのです。その」為剃った後は必ずクリームなどを頭に塗らなければならないのです。そして親父憧れだったスキンヘッドにしたのですが以外と、否想像していた以上に手間がかかり坊主頭は大変だ!ということを認識したのです。そうしてスキンヘッドは坊さんのように温厚に見えるという意見と反社会的という社会の見方が両極端ですが自称キナンポ教教祖の和尚の場合は世間の目にはどちらに映るのでしょうか?

| ホーム |


 ホーム