FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アメリカからのLove Call?

DSCN0692.jpg
3月4月と親父にアメリカからのAir Mailが届きました。親父幼少の頃、島で唯一のインターナショナルスクールに在籍していたので?、話せる英語は唯一 ハロー OK アメチャン ガム頂戴 のワンフレーズだけなのですがなぜこの老体の身にと疑問に思ったのです。そして小学生の頃米軍のジープを見かけると意味も分からず大きな声で言っていて今は亡き親父に叱られた記憶があるのです。血を流して戦った敵に媚びるような姿が許せなかったのでしょう。平成の現世からは考えられない光景でしょう。
そしてあて先を良く見るとJG8UGPという親父の世界でたったしかないコールサインが書かれているではありませんか?アマチュア無線の世界では奥尻郡は非常にモテルのです。親父もこのくらいモテればイスラム教に改宗しなくても良かったのに!
DSCN0693.jpg
内容は奥尻郡から交信して欲しいとのことなのですが親父今までにアメリカと交信したことは一度しかなく、それもサンフランシスコ在住の日本人との日本語での交信だったのですが、国内よりクリアに入感していてビックリした記憶があるのです。アマ無線での交信は英会話の必要も無く日時と信号強度とコールサインの交換だけで成立するのですが親父の貧弱な設備ではお空のコンヂション次第でしょう?そしてW4UAT局の運用可能周波数帯、時間が書かれているのですが3アマの親父では出力が不足です。その上遠距離通信には有利なCW(通称電信トトツーなどという)が理解不能なのです。親父の知っているモールス信号はーーー・・・---という有名なSOSだけです。今ではSOS信号も発せられることは無くなった事でしょう。記憶力の衰えた親父がーーー・・・---(SOS)だけを覚えているのは多分必要に迫られての事なのでしょう。
DSCN0690.jpg
そして親父初めてアメリカ局宛に書かれていたアドレスに返信しますが何度送信しても戻ってきてしまいます。アドレスを何度も確認するのですが間違いはありません。アメリカに送信するには何か必要なものがあるのでしょうか?それとも機器の接続の問題なのでしょうか?DSCN0694.jpg
そして親父に強力な援軍が6月のムーンライトマラソンの応援に来ることがほぼ確定したのです。マラソンの応援をかねながら島の観光に木古内からと青森から三局が短時間ですが島からCW電信を運用する事がほぼ確定したのです。遠距離通信に強い電信なら時間帯、周波数が合えば交信が成立する可能性は非常に高くなります。W4UAT局6月のムーンライトマラソンまでお待ちください。この他アマ無線にはIOTAといい世界中の島々と交信するアワードなどいろいろな楽しみ方があるのですが無職になっても暇のない親父は無線を楽しむ余裕もありません。どうしたものでしょう?
スポンサーサイト



たらんぼ(たらの芽)

DSCN0686.jpg
PCが思いの他簡単に直りブログもUPできるようになりました。メールも送信できるようになり返信がないと心配していた方にもご心配おかけいたしました。原因は親父の単純なミスで恥ずかしく報告できません。親父の低知能がばれてしまいます。昨日山へたらんぼを採りに行ってきました。例年ならばゴールデンウイーク中が最盛期なのですが今年はキトビロも早かったので多分ちょうど良い頃だと思い家内を連れて出かけたのですが介助者を連れて行って正解でした。たらんぼはちょうど出始めでまだ早かったのですが(親父の丸秘ポイント)、昨年は全く問題なくクリアしていた道路の2mぐらいの斜面を登ることを今年は一人で道路まで上がることが出来ないのです。そのため尻を下から押してもらうという屈辱的な助けを受けたのです。足、腰の筋力の衰えは一年とは言えず、親父いつも利用している函館のカイロプラティクで治療を受けた時筋肉が随分落ちていますよといわれリハビリの必要性を感じていたのです。その上地表に落ちている枝に足をとられ思いっきり転んでしまい、持っていたボートフックで杉の枝を殴りますが不整地を足を上げないで歩く自分が悪いのです。老人になると小さな段差でも良く転ぶようになると言いますが本当ですね。と言うことは親父もすでに要介護が必要な老人の域に入るということでしょうか?!
DSCN0687.jpg
そして約30分間での収穫の結果ですが3分の2はたらんぼ採り初体験の家内の成果ですが、親父山菜の中ではたらんぼが一番の好物なのです。グルメとは正反対の立位置に居る親父なのですがたらんぼのえぐみ?とも言うのでしょうか?、良い表現が見つかりませんがやはりたらんぼが大好きなのです。このままの体調ですともう好物のたらんぼ採りの出来る年数も残りすくないように思えます。今でもボートフックを杖代わりに持って歩かないと山の不整地を歩くことは出来ないのです。何故?山に海の用品を持って行くのかだって?、一つは杖の代わり、二つは高い所にあるたらの芽をとるためボートフックを伸ばし枝の先にフックを引っ掛け枝を折らないように注意しながらたらんぼを採る為なのです。どうですか?親父にしか出来ない海と山との融合、異文化交流?親父の出鱈目ぶりが現れてるかもしれません。昨夜の久しぶりの雨でたらんぼが急成長したかもしれません。海に山に身障者一歩手前の親父には過酷な季節の始まりですが、座して死を待つより、好きなことして人生を全うするのが親父の希です。幸い三人目の孫の名前が高希ですから親父の分身かもしれませんね。決して爺のようにならないで弱きを助け強きを挫く強い男になってください。

座布団ひらめ

190411_1235~02
11日M君が島の西海岸28mラインで釣り上げた10.6キロの巨大なひらめです。マス釣りで西海岸まで行ったらしいのですが前日まではマスも大漁だったのですがこの日はあいにくの漁模様だったそうですが、上層でこのひらめを釣り上げたそうですが最初は海草かゴミが引っかかったと思ったそうですが、引くとモゾモゾと来るのだそうです。そして見えてきたときは海草の固まりだと思ったそうです。写真では全長がよく分かりませんが日糧パンの朱色のパンのプラ箱からはみ出したそうです。そして余りに大きくて近所におすそ分けしたそうですが食味はあまり美味しくなかったそうです。このサイズになるまで何年ぐらいかかるのかは知りませんが昔からひらめは800g~1.5キロまでぐらいが一番美味しいといいます。このクラスになると人間に例えるとらばじじ、ばばクラスなのでしょう。檜山管内は7月15日~8月15日まで産卵の為ひらめは禁漁なのですがこの頃になるとひらめは砂の上ではなく海底の岩盤の上に乗り産卵するそうです。これからのソイ釣りシーズンになるとソイは岩場で釣れるのですがたまにひらめも釣れることがあるのです。多分産卵の為岩場にいたのでしょう。ソイももう直ぐ産卵で抱卵しているでしょうから親父たちの場合ソイの産卵後6月頃からソイ釣りを始めるのですが、年々ソイが小型化しているように感じるのですが今年はどうなのでしょうか?ソイの強力な引きが楽しみです。

マス釣り 初日

DSCN0676.jpg
記念すべきマス釣り初日は寝坊の為6時出港の8時帰港の2時間でした。最初は色の黒いマス尾だけだったのでですがあきらめて帰ろうとした時一度にこんどは銀色に輝く本物のマスが一度に釣れたのです。上から釣れた順番に並べたのですが真ん中で1.4キロありました。そして気をよくしてまた仕掛けを降ろそうととして手持ちのラインを持った瞬間一番上のラインから切れてしまい全ては海の中に消えてしまいました。何年も前からの古くなったラインをそのまま点検もせずに使っいたためでキナンポ親父のずさんさが現れています。自業自得なのであきらめもつきますが予備の仕掛けを用意していない為あきらめて帰港しますがちょうどカランセ奥尻の出港と重なりますがカランセ奥尻が舫いロープを解いている間に港内にすべりこみます。そして午後からは半日かけ仕掛けを作りなおします。10年位前の古い仕掛けを持ち出し錆びた針を取替えラインを調整しますが自分の不器用さに腹だ足したくなります。以前はもっと早く作業が出来たはずなのですがこれも脳梗塞の後遺症なのでしょうか?
DSCN0673.jpg
そして5ヶ月ぶりに出漁した親父は新港の陸側入り口付近に新しい標識があることに気がつきます。ここは暗岩があり干潮には水面に岩が顔を出し、満潮時には海面に隠れてしまう暗岩があるのです。その為外来船が入港するには気をつけなければならない所だなあと思っていたのです。ようやく改善されそして陸からは、
DSCN0679.jpg
夜間この標識を照らす為でしょうサーチライトが設置されています。夜間照明を照らしている場面はまだ見たことがないのですが、左側はこの標識、右側のライトは球島岩を照らす為なのでしょうがこの近辺はひらめの良い魚場なのです。そして親父久しぶりのマスの強い感触に浸っている間に島の西海では?
DSCN0680.jpg
漁体は小型ながら大漁だったみたいです。強い風が吹き操業するに苦労した見たいですが釣れたみたいです。やはりプロの漁師です。親父の船の場合スローでも6マイル出てしまうので微速装置を取り付け3.5マイルに減速しているのですがこの微速装置の」取り扱いは微妙なコントロールが要求される為親父はまだ完全に取り扱えないのです。クラッチ板を切ったり接続したりして船速をコントロールするものなのですが風受け面積の多い親父の船の場合は強風に弱いのです。高速航行中は全く問題はないのですけども。凪を見て親父も西海岸にチャレンジしなくては。ただ親父の場合は気が短い為一時間に一本も釣れなければそこにとどまることは出来ずあきらめて帰ってしまうのです。潮の変わり目まで待てれば良いのですけども!
t

海響の試運転

DSCN0672.jpg
昨年の11月以来奥尻港に海上に係留されていた海響が約五か月ぶりに試運転しました。その間エンジンを始動し暖気運転はしていたのですが船底にはコケが付き藤壷の付着も予想され船体後部から船底を覗くと1m位に成長したワカメが舵についているのが確認できていたのです。親父札幌での大きな仕事を無事終えようやく心の余裕が出てきたのです。この間ブログ更新用のPCが不調で会う人達にPCの直し方を聞いて回ったのですが直せず今も不調のままなのです。これは事務所の仕事用のPCなのですがなんとか更新出来るみたいです。そしてマスの便りが東海岸からも聞こえるようになり我慢できず試運転して海響の現況を熟知しる事にしたのです。エンジン、魚探、レーダーなど航海機器は全て順調なのですが、只エンジン回転数が2,600回転しか回らず速度も19.3マイルしか出ないのです。上架後は2800回転24マイル出ていたのですからスクリュウに藤壷が付着している為回転数を確保できないのでは?と推測されます。速度さえ我慢すればまマス釣りは楽しめますので上架する船台が空くまでの我慢です。いままではカランセ奥尻に追いつく事も可能だったのですがカランセ奥尻に負けてしまいそうです。
DSCN0669.jpg
海上から見た奥尻港の入り口ですが正面が観音山で頂上に立つアンテナがドコモのアンテナです。この観音山は霊場にもなっていて地蔵様を巡りながら山頂を巡る事も出来るのです。親父若かりしころ日本海縦断ヨットレースが行われ隠岐の島から佐渡島そして奥尻島までの大きなヨットレースが行われた事があったのです。その時の優勝者がBOC(単独世界一周ヨットレース)で有名な多田雄幸(艇長)さんだったのです。レース後の多田さんの行動もビックリ?するような行いだったのです。今日の全盲のヨットマンの太平洋横断成功のニュース映像を見て今は亡き多田雄幸さんを思い出した訳です。そして親父東海岸用に仕掛けを作り直さなければならず、超特急の速さで明日からの釣りに備え作り直します。親父の顔を見てマスが逃げ出さなければ良いのですが。今日は南部地区からもマスの便りが聞かれ希望が持てそうです。今日は早く寝て明日に備えます 乞うご期待!

OPG大規模改修工事

DSCN0657.jpg
8日9日両日に渡りボランティアの皆さんの協力で奥尻パークゴルフ場が出来てから3年目で大規模な改修工事が行われました。大規模修繕工事はマンションなどでは計画的に行われているのですが当クラブでは昨年も改良工事はボランティアの皆さんの協力で行われているのですが、今回は前年の改良工事の結果を踏まえて雨にも強く難易度を上げながらも高齢者にやさしくという難題を解決する為なのです。ボランティアの皆さんが各自持つ才能を発揮しながら作業は各人のアイデアを出し合いながら順調に進みますが、親父の場合は返って足でまといになりお邪魔虫です。見ていても作業の経験が無く、パークゴルフの知識も無く、単純労働が出来る訳での無く(体力がない)申し訳ない気持ちで一杯なのですが、同級生のM君がお前は邪魔だからそっちに居て見てれ!と言ってくれます。このM君の言葉に親父有りがたく涙しそうになりますがM君に感謝すると同時に自分のふがいなさに情けなくなります。実はM君朝早く起き西海岸までマス釣りに行きまあまあ大漁をして帰ってきてからの参加なのですごい体力の持ち主なのです。作業中も携帯がなり小さいけど食べて!と言ってます。マスを貰った人からの御礼の電話なのでしょう。今回のマスは平均小ぶりで違う群れが島の回りに入ってきたのでしょう。
DSCN0660.jpgそして作業の側ではパークゴルフを楽しむ人達が通りますが皆さんご苦労さんと言ってくれますが、その熱心な仕事ぶりを見てK組が作業員を募集しているよ、どうだいと言ってくれますがSさんは俺たちはお金をもらう仕事はしない、ボランティアだから働くのだとボランティアの鏡のような返答をしてくれます。Sさんは花、木、芝のプロ顔負けの知識を持ち各地のパークゴルフ場を経験している事からあそこはこうだった、などと各地のパークゴルフ場の長所を取り入れようとしているのです。そして今回の改造を踏まえ更なる改良を計画しているみたいで今年の奥尻パークゴルフ場は目が離せない物になるでしょう!
DSCN0662.jpg
そしてグリーンすぐ側に新設されたバンカーですがお年寄りにもやさしくというコンセプトの下に試行錯誤しながら完成させたのです。人影が長くなり午後4時頃なのですが皆さん一生懸命働いたのです。バンカーに落ちてもグリーンに上げやすくするため角度を小さくしクラブを振りやすくする為バンカーを広くしたのです。この辺の事になると親父専門的な知識は皆無でただ皆さんの話している事に耳を傾ける以外なく部外者なのですが、皆がパークゴルフ場を良くしようとする熱い情熱が伝わってくるのです。こうした熱い情熱のボランティに報いるために身障者一歩手前の親父に出来る事はただ一つ。清水の舞台から飛び降りる覚悟で親父はある事を決意していたのです。

消えた鯉?

DSCN0647.jpg
池の水温も7度以上になり金魚、鯉の動きが活発になり池の汚れも目立つようになり親父昨年の秋以降約6か月ぶりの池の掃除をしました。掃除と言ってもデッキブラシで池の周りの岩をこすりコンクリート製の底をこすり汚れた水を排水口を空け排水するだけなのですが、親父胴付き長靴を履きこするだけなのですが親父にとっては結構な重労働です。その為今日予定していたパークゴルフの練習は中止になりました。風が強かったものの天候に恵まれ多くの愛好家がパークゴルフを楽しんでいました。そして昨年10月山古志の鯉生産組合から購入した三匹の鯉の内2尾が見つからないのです。冬の間親父鯉を見に池へ行くと足音を聞くと小さな金魚、鯉が動きだすのですあその時以来二尾が見当たらなかったのです。
DSCN0648.jpg

こうして金魚の産卵の為の浅瀬が見えるまで排水したのですが三色、昭和三色の二尾が見当たらないのです。そして買った直後一番元気のなかった大正三色一尾だけが確認できるのです。親父未確認魚を確認するため函館のS先生に相談したところ未確認の黒い魚をタモで救い上げひげ?の有り無しを確認して金魚か鯉かを確認したら?と言われ二度程タモを持ち試みたのですが黒い魚を救い上げる事は出来ませんでした。魚はタモを持ち救い上げようとすると本能的に逃げるのでしょう。この動作は多分生きているもの全ての本能なのでしょう。この黒い魚も冬の冬の間も成長し体型から親父は鯉だと思うのですがこのサイズになっても黒いままなのが不思議なのです。食用の鯉は黒いのが多いと思うのですがいままで家では黒い鯉を飼った事はないのです。
DSCN0652.jpg
そして排水した後は消毒の為塩5キロを投入します。昨年の秋から4月まで金魚は二尾死亡しているのですが金魚の場合は死骸を確認していますし、体型も異常なく、伝染病の疑いもなく埋葬したのですが鯉(三色、昭和三色)の場合は死骸も確認出来ていないのです。どこへ消えたのでしょうか?これで我が家の池には二つのミステリーが存在する事になります。出自が不明の三匹の黒い魚、そして消えた二尾の鯉(三色、昭和三色)。ミンクの仕業なら被害は二尾だけで済まないはずでミンクなら全滅の憂き目にあっていたでしょう。

孫の誕生

DSCN0636.jpg
三人目の孫が3月20日に誕生し仕事を兼ねながら顔を拝見しに札幌まで出かけました。3110gの男の子で予定では4月の予定だったのですが予定より早まったのです。5月1日以降にずれ込めば令和元年となったのでしょうが人間は生き物なのでそう簡単には変更できませんが、平成最後の年の生まれであることは間違いが無く覚えやすいでしょう。家の婆さんも大正15年11月生まれで大正最後の生まれなのです。生まれた時から髪の毛がふさふさしていて家内が赤ちゃんを見てずいぶん大人っぽいと看護師さんに感想を言ったら今の赤ちゃんは進化していると看護師さんが言ったそうです。家内は自分の時代と比べての思いだったのでしょうが赤ちゃんも時代と共に進化しているとは驚きです。何はともあれ無事五体満足に生まれてくれてありがとうとは親父も思いです。こうして生まれる命もあれば老いて亡くなる命もあり世代交代は進み社会が維持されていくのだなあ~と安心するのです。身障者一歩手前のような親父のために医療費を使うより未来のために乳幼児に手厚い保障をすべきでようやくその手続きが出来たようで安心なのです。東北の大震災の際老人ホームの人達を非難させる為多くの若い介護福祉士の人たちが犠牲になったとの報道がありましたが、親父この報道を聞いて疑問?を感じたのです。まず第一に避難させるべきは乳幼児、児童、学生達でありそして老人を避難させるのは最後だと思っているのです。非難されるのは覚悟の思いなのですが親父なら避難させなくて良いから若い貴方達が先に避難しなさいと言うでしょう。もしそのような状態になり認知症でもなく正常な頭ならばそうすると思います。
DSCN0638.jpg
そして一ヶ月以上にわたる独身生活で家事全般をほぼ完璧にこなすようになった親父はすっかりイスラム帽の愛用者になってしまいました。脳梗塞の再発?を防ぐ為頭の保温を考えた為なのです。なんだその帽子は?と聞く人にはいちいち説明するのが面倒なので、独身なのでイスラム教に改宗したんだと答え、イスラム教では妻を四人まで持つことが出来るので世話してと返します。そして親父島のキャリアウーマンにイスラム教に改宗したので奥さん募集中といったところ、そんな元気あるの?といわれ親父一言で撃沈!です。改宗するにしてもやはり若くなければ駄目だという事です。非難覚悟で言えばやはり若者には未来があるということでしょう。孫の向希には未来があり希望がありその実現の為に親父の余力を捧げたいと思うのです。社会の世代継承の為にも。

| ホーム |


 ホーム