FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

出漁を夢見て!

CIMG1645.jpg
昨年11月鱈釣を最後に奥尻港に舫っている愛艇(海響)ですが船首の舫いロープが大時化で切れるという出来事以外異常が無く冬を乗り切る事が出来ました。この間親父三度も入退院を繰り返し友達が除排雪をしてくれたおかげで今年の大雪を乗り越える事が出来たのです。本当に感謝に耐えません。そして最近になり脳梗塞のリハビリの効果が表われ順調に歩けるまで回復した親父は岸壁から船まで渡る事が出来るようになったのです。禁酒し早寝早起きの超優等生?生活が身に着いてしまった親父は朝五時には目が開いてしまい何をしようかと考えていた時に突如海響の掃除を思い立ったのです。今年は例年になく桜マスの大漁が続きその上5キロ以上の大物の桜マスの便りも耳に入り体の血が騒いでいたのです。桜マスの大漁の便りは親父の記憶では20年以上も前の記憶のような気がします。
CIMG1644.jpg
そして約半年ぶりのエンジン始動ですが昨年バッテリーを交換している為一発で始動し回転の順調です。ただビルジだけはこの間友達に頼んで一度だけ排出してもらいましたが後は魚探もレーダーの灯火関係もリモコンサーチライトもヒーター関係も全て順調でこのまますぐにでも出漁したいぐらい順調なのですが周囲の環境が許さない雰囲気なのです。昨日も掃除していると島の一流漁師のKさんが来て大丈夫なのか?気を付けろよ!特に船の乗り降りはロープを放さず気を付けなければ駄目だよ!と言ってくれましたが、親父の返答は好きな海で死ねるのなら本望だ、行方不明になっても捜索は要らなというものでしたが今の日本の法体型の下では無理があるのでしょう。入院して周囲の患者さんたちを見ていて自分の最期ぐらい自分で決める事が出来ない無念?さを見てきただけに自分の最期ぐらい自分で決めたいと思う親父なのです。そして暗い思いのそのままに愛艇海響のエンジンルームも煤で汚れて真っ黒です。昨年ターボが故障した時大量の黒煙が発生しエンジンルームが黒煙で充満しエンジン本体、周囲の壁が汚れてしまったのです。その為今でもエンジンルームにははいる時は汚れても良い汚い作業服でハイらなければないのです。
CIMG1642.jpg
そしてキャビン内の物を全て外に出し拭き掃除しますが一度や二度では綺麗になりません。こえは普段の親父の釣りスタイルによるものなのですが帰港すると獲物を持ち直ぐ家に帰ってしまい掃除しないからなのです。乗り子を乗せている時は親父操船している間の乗り子がデッキポンプで船体を洗ってくれるので綺麗なのですが単独行の場合が掃除をしていないからなのです。でも今年からはそうした心配は無用です。遊漁船の廃業届も出しましたし観光協会とタイアップしていたミニクルージングも中止し純粋に釣りを楽しむ環境を整えたのです。
DSCN0252_20180430060056753.jpg
そして乱雑なままの船室ですが親父の理想は道南沿岸をクルージングしながら港に寄港し船内で宿泊し翌日また次の港を目指しクルージングするというものでしたが病気の為不可能になってしまいました。旅先でもしもの場合周囲の人に迷惑をかけてしまうからでこれは親父の思いに反します。東京の親父の卓球の先生Oさんの言葉が思いだされます。健康な内に自分のしたい事はやっておけ。動けなくなってからでは手遅れだ。本当にそう思います。今になって思えば還暦の時人生を一旦リセットしておけば良かったのにと思うのですが後悔先に立たずです。これからも毒を吐き続けながら生きていきます。最近の桜マスの情報ですが群れが途切れたみたいで昨日は大量のイルカの群れが出現し水深20mラインまで入っているみたいでこの大群がくると釣りにはならないでしょう。
スポンサーサイト



お花見大作戦

DSCN0248.jpg
5月6日連休最終日に島おこしの若物たちによるチーム島おこし企画第二弾が企画されました。親父前回のブログでも書いていたのですがその後連絡が無く懐疑的だったのですが昨日完成したポスターを見て現実となったのだなあとうれしくなったのです。さすが若者の優れた感性はネーミングにも現れていると感じます。若者にも人気のプロポーズ大作戦に似せて注意を喚起する作戦でこれで彼女の心を射止めれば一石二鳥です。五月からはフエリーも江差航路は二往復体制になり日帰りする事も可能ですので島のお花見に江差函館方面の方は是非いらしてください。新しい出会い、発見があるかも?です。それに未確認情報ですが島の桜の花びらを口に含むとほんのりと潮の香りがする?という噂知っていましたか?
DSCN0250_20180427083106226.jpg
主催は;チーム島おこし×高田企画だそうでこうした企画に高田企画という実態のない幽霊組織がかかわれた事が名誉な事でして当日の参加者には用具の貸し出しは無料サービスしますのでぜひ参加してください。パークゴルフのルールはゴルフのルールとほとんど同じでだれでも簡単に直ぐプレイを楽しむ事ができます。今月20日にオープンして以来親父が把握しているベストスコアは47で奥尻に海のコース5番6番でホールインワンが出てでています。5番のホールインワンは84歳のお婆ちゃんでしたが参加者の皆さんには果敢にホールインワンに挑戦していたほしいものです。当日最初のホールインワン成功者には缶ビール一箱をプレゼントしますので奮って参加してください。
DSCN0243.jpg
そして奥尻パークゴルフ場の全景ですが毎日プレイを楽しむ愛好家からは毎日来るたびにコースが変化しているという声がき聞かれます。それもそのはずで毎日ボランティアの人達が花や木を貰い集め植樹しているのです。昨日も電気工事業者の協力で重機で穴を掘り山へ行き6年目の青森ヒバを掘り起し植える事が出来ました。その上放送設備までも設置してくれたのです。これからは音楽を聞きながらパークゴルフを楽しめるようにうなるのです。このように奥尻パークゴルフ場はボランティアの力で日々変化を遂げているのです。
DSCN0234.jpg
6年たった青森ヒバと3年目の青森ヒバですが3年経過してもこの位の成長で成長のスピードが遅く成木までには最低100年必要でしょう。孫の孫の世代でしょう!

奥尻パークゴルフ場(OPG)オープン

DSCN0223.jpg
 20日午前9時からOPGがオープンしました。この日の為に愛好家がボランティアとして作業に協力してくれオープンを迎える事ができたのです。当日はまだ肌寒い中キナンポ親父のセレモニー第一打に始まり観光協会長の一打からプレイがスタートしました。親父が脳梗塞の後遺障害の為まだ速足でグリーンを歩く事が出来ずプレイには参加できませんでしたが愛好家の皆さんは元気ですいすいと歩いてOPGには笑い声が響き約半年ぶりのプレイを楽しんでいました。オープン日のベストスコアは54でなんと82歳のEお婆ちゃんに奥尻の海コース、距離30m、パー3でホールインワンが出たのです。昨年まではホールインワンが出やすいOPGだと言われ今年から植樹や花を植え変化を付けようと工夫していた矢先だったのです。が親父にしてはうれしい誤算です。親父のOPGを作った目的の一つは高齢者が健常で長生きするという事が目指すものだったのです。親父脳梗塞で入院し体の不自由な人を沢山見てきてその思いをなおさら強くしたのですがまさか本人が三か月の間に三回も入院するとは!ちまたの噂では三回も生還したから長生きする、または不死身の男と言われているらしいです。ぜひそうあってほしいものですが万が一もし再発すれば今度こそ自由に好き放題に生きてきた親父の最期かもしれません。覚悟は出来ているつもりなのですが?
DSCN0222.jpg
そしてS指導員のもとでの植樹作業の様子です。Sさんは盆栽が趣味でその作品は素晴らしく盆栽の趣味がない親父でもうなるものがあり暇な時は山の中を歩き回り目珍しい草木を探す程の達人なのです。ですから彼の指導の元植樹したものなら100%完璧でしょう。そして彼と共に親父五年前に植樹した青森ヒバをOPGに移植しようと山に向かったところ林道の日陰部分に雪が残り行く事ができませんでした。五年前に植えた青森ヒバは日当たりの良い場所では2m近くにまで伸び二年前に植えた物はまだ60センチ位ですがそれを交互に植え垣根を作る予定だったのですが林道の雪が溶けるまでお預けになりました。そして100年後この青森ヒバが成長したころこのOPGは?また島はどうなっているのでしょうか?厚生労働省の30年後の島の人口予測は960人程だそうです。悲しい悲惨な予測です。
DSCN0230.jpg
そしてオープン初日のプレイの様子ですがゲートボール場の桜はまだ色づいていませんが桜が満開になると本当に綺麗なのです。この桜が満開になると奥尻中学校の運動会が開催されその後小中陸上大会が始まり屋外活動が全盛期を迎えるのです。そして昨日島の活性化を願い活動するNさんが尋ねてきてまだ予定段階だがパークゴルフと花見を兼ねその後ジンパーを予定しているのですがと言う話が来たのですがオヤジの答えは島を活性化する為なら大賛成だ協力すると言う返答でした。こうした若者がいる限りまだ希望は持てます。30年後の人口予測が外れる事になるでしょう。

OPGオープン準備

CIMG1641.jpg
4月20日のオープンにむけて奥尻パークゴルフ場の準備が着々と進んでいますがこのゴールドのプレートがシーズン券の代用となります。利用料金は一日券一般が500円で町民で80歳以上の方はなんと300円で高齢者にやさしい料金設定になっているのです。経営するまでは80歳以上は無料にすると豪語していたのですが想像以上に経費がかかり親父の持ち出しが増えたのです。その上造成費に税金がかかり親父過去に支払した事がないほどの所得税を支払う事になり事になったのです。納税は国民の義務ですから支払しなければなりませんが、この世の中これだけ腐敗した高級官僚が存在すると払いたくなります。あんな嘘つきに連中に給料を払いたくありません。その上パークゴルフ場の造成費は必要経費になるのですが原価償却は30年だそうでもう直ぐ耐用年数が切れる親父には長すぎる年数です。
CIMG1639.jpg
そして一日券の代用のプレートですがこれはプレイが終了した後は返してもらう事になります。手続きは高田企画事務所か万が一不在の場合は平木スポーツ店でも手続きができます。シーズン券はいっぱんが10,000円で町民で80歳以上の方は5,000円です。回数券は11枚で5000円で500円お得です。奥尻町中心部にパークゴルフ場がありますので歩いてきてもプレイでき、その上平坦なコースですので足腰にもやさしいのです。ただ熟練者には簡単すぎるという声もあり植樹などして難易度を上げようとグランドキーパーが思案中です。そしてたった今ポスターが届きました。
DSCN0211.jpg
このパスターもHさんの奥様の手作りで皆さんの協力で奥尻パークゴルフ場は運営されているのです。連休後の時期になると旧奥尻中学校グランド周囲に植えられた桜並木に向けてショットする光景は素晴らしい光景で絵になるでしょう。

池の掃除

DSCN0195.jpg
今年になってから函館のS先生から頂いた小さな金魚が3尾も亡くなり昨年の秋から一度の池の掃除をしていなく、池の底に汚れがたまってきたので掃除をしました。まずデッキブラシを持ち排水バルブを開いて排水しながら周囲の岩や底をデッキブラシでこすり汚れた水を排水するのです。ですから池の水はごらんのように汚れ金魚、鯉は右往左往していますがデッキブラシとも衝突します。金魚三匹の死亡は親父が昨年から巷で噂されていた死亡回数と同じです。昨年暮れの意識不明から函館での救急車、そして今回のドクターへり事件とおさがわな親父の回数と同じで金魚が親父の為に身代わりになったのではと思えるのです。
DSCN0197.jpg
これが排水管で池の底15センチ位の高さにありその為汚れた水を全て排水できないのです。何故この様な形にしたのかは不明ですが岩や底の苔類をこすったので少しはきれいになったでしょう。そして胴付長靴を履きながら片手にデッキブラシ、片手にコーヒーカップを持ち鯉を見ていると一冬で一回り大きくなったように見えました。昨年の12月から餌を与えていないのですが何故か?大きくなったようにみえます。そして掃除が終わると5キロの食塩を池に投入します。
DSCN0196.jpg
食塩は消毒、病気の予防の為と聞いているのですがどの位効果があるのかは不明なのですが金魚の場合はまず海水より濃い目の食塩水と昔から言われているようなので効果はあるのでしょう。そして紫外線で殺菌するために水を汲み上げる水中ポンプが故障してしまいました。隣の紫外線ランプが点灯していますが水が循環していないので効果はありません。
DSCN0201.jpg
右が故障した水中ポンプで左が紫外線ランプです。そして今朝の池の水面は一面食塩のためか白い小さな泡がたちこめ水温は7.7度で鯉が気持ちよさそうにすいすいと泳いでいました。小さな金魚はきっと親父の身代わりなったのかと思い母親と共に金魚の墓に穴をほり餌と共に埋葬しました。
DSCN0199.jpg
濾過機を取り付けた後の表面の白い泡です。合掌!

きとびろ

DSCN0191.jpg
7日Kさんからきとびろを頂きました。そして翌日リハビリをかねて島内のどのあたりが旬なのか?を確認するため家内を乗せ島内を一周してみました。寒波の為山中はシャーベット状の雪が残りいつものポイントには車を数台しか見つけられませんでしたが後で聞くとここはすでに伸び過ぎだそうです。
DSCN0189.jpg
そしてここにはなんと札幌ナンバーの軽トラが止まっていてまさか島のブランド化したキトビロを採りにきたのでは?と思いましたがまさか?と思いましたがどうなのでしょうか?山にはこの様に残雪が残っているのですが親父の所にも毎年首都圏から飛行機でキトビロを採りに来るお客様がいらっしゃるのです。毎年一月からジムに通いこの為に体を鍛えるのだそうで今年は例年より二週間予定を早め三月21日(親父が緊急搬送された日)にいらしたのですがまだ時期が早く採れなかったそうで四月に入ってから漁師の人から買って家内が送ったそうです。早期にチケットを予約するので簡単に変更できないのだそうです。そしてこの時期海では何も採れないので漁師が山で猟師になるのです。
DSCN0190.jpg
そして西海岸の海沿いの急斜面にもそれらしき車が?そして良く見ると急斜面を降りてくる人もリックを背負ってゆっくり降りてきますがリックが膨らんでいるのでそれなりにあったのでしょうか?しかしオヤジのポイントには車は一台も止まっていなくてもう旬は終わったのでしょう。今年はもう無理なのでリハビリに励み来年こそはとリベンジに燃えるキナンポ親父でした。

Drヘリで函館へ緊急搬送

DSCN0187.jpg
親父三か月の間に二回も入院するという不名誉な記録を作ってしまいました。20日夜パークゴルフの仲間と30年度の準備について皆さんの意見を聞いていると言葉を噛むような症状が現れ熱を計ると39度もありとりあえ病院へ電話し受診OKの了解を頂き21時過ぎ病院へ行きました。そして当直医に受診しましたがその時は脳梗塞の病状はまだ表れていませんでしたが夜も遅いのでそのまま入院という事になりました。この頃の親父の記憶はあいまいなのですが朝早く病室にきた家内が親父の顔を見るなり口が曲っている、よだれが出ていると言うではありませんか!そして左手、左足に力が入らず動かないではありませんか!家内が驚いてDrヘリをお願いすると言って詰所へ向かいそして前回入院した函館脳神経外科へ連絡し受診OKの連絡を頂きました。脳梗塞なら約三時間以内の処置で何とか回復できるそうですがすでに10時間以上経過していてこの時親父最悪の結末を予想していました。そしてそしてこの日の朝食は92歳の母親の見ている前の朝食でこの時すでに左手は動かず茶碗を持つことも出来ず母親の前で無様な様子を見せてしまいます。それでも精一杯の強がりで手伝うな!自分で食べるといい猫スタイルです。その後家内の話では当直医と函館脳外のDrとの会話の後点滴が開始されました。
DSCN0186.jpg
そして11時過ぎDrヘリがファミリーパーク運動公園に着陸し函館へ向け飛び立ちますがこの間約20分位?で運用当初に比べ時間がかなり短縮されたみたいで側には消防車も待機していた見たいです。旧奥尻中学校グランドに着陸していた頃は30分の駐機していてオヤジヘリを見に行って30分の駐機していたら緊急時のヘリなのに意味がないべやと思っていたのですがまさか自分がお世話になるとは思いもよりませんでした。この頃になると親父も点滴が効果を発揮し出したのか?少し冷静になりスマホで機内の様子を撮ろうかと思ったのですがやはり左手が動かず撮る事は出来ませんでした。この日は海は穏やかで天候も穏やかで親父ヘリには初めて乗ったのですが快適な?フライトで約30分?ぐらいで函館東山にある民間建設会社の資材置き場に着陸しそこで待機していた救急車に乗り換え函館脳外へ向かいます。そこでちょうど春休みで帰省する事になっていた孫の顔を救急車出入り口で瞬間見る事が出来ましたがストレッチャーで運ばれる親父を不安げに見守る孫の顔を見て涙が止まらない親父でした。孫の前では常に凛とした存在でありたいと願っていた親父ですが若い時?の不摂生が原因でこのような無様な様子を見せるとは。三か月の間に二回も入院すると言う不名誉な記録を作った親父ですが今回も皆さんの協力で無事生還することができました。そして少しの事、なんでもない事にも感動し直ぐ涙が出てしまうようになってしまいました。つねに涙腺が緩みぱなしになってしまったのです。そしてこの二回の入院で今まで気ずかなかった事見えていなかった事がすこし見えてきました。離島、僻地の医療問題、そして急性期の医療問題、リナビリをふくむ介護の問題など沢山ありますが忖度の現職では無理でやはり俺がやらなければならないでしょう?同じ法螺でも大きなほうが拡散効果はあるでしょう?オヤジ仕事も辞め余生を自由に生きると決めたので気ままに自由に生きさせて頂きますので自由に発言させて頂き自分の良心に忠実に生きたいと思います。
DSCN0184.jpg
そして半強制的に退院した五日の飛行機から見たわが故郷ですが山にはキトビロが顔をだしているはずです。実は親父函館へは病院着のまま行ったので家内に着替えを持ってきてもらわなければ着替えが無かったのです。

| ホーム |


 ホーム