FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

彼女の死

DSCN0152.jpg
親父22日ラッセルし雪を踏み固めながら久しぶりに彼女達の顔を見に行けに行くとこの黄金の色をした鯉が池の底に横たわっていました。見つめているとたまに泳ぎますが普段の泳ぎではなく何かに耐えているような感じです。親父彼女の外形に異常がないか近眼と老眼の入り混じった遠近のメガネで凝視しますが異常は確認できません。親父こうした場合に備え五種類程の薬剤を用意してありどれかに当てはまらないか?を確認しますがどれも該当する薬剤はありません。そこで困った場合の最初の対処方塩水浴をする事にしました。この画像が塩水浴五日目の画像ですがだんだん弱まりエラで呼吸するのがようやくという状況なのですが親父ダメ元で最もポピュラーな薬剤を投入した後なので水が微かに紫色しているのがわかると思います。
DSCN0139.jpg
池の底に横たわる彼女ですがその回りを金魚達が泳いでいます。早朝の水温は3.7度でかなり冷たいのですが金魚は冬眠せずゆっくり泳ぎますが鯉は一団になり余り動きません。この黄金の鯉、バイトのOさんが良い色をしていると言って誉めてくれたのですがたしかに黄金色で財運の持ち主だったのかもしれません。という事はこの黄金色に輝く彼女がいないという事はキナンポ一家は没落の一途をたどるのもしれません。二か月の間に二度も大病をし奇跡の復活をした親父を見届けて彼女は亡くなったのかもしれません。そしてたらいに入れ塩水浴させて置き、朝見に行くとそのたらいの表面が薄く氷が張っているのです。そして汚れた水を毎日取り変え塩水をつくり彼女を入れ夜間は凍らせないように防寒対策もするのです。
DSCN0150.jpg
簡単な防寒対策ですがこれだけで表面は凍らなくなりますが日ごとに彼女の呼吸が弱くなり親父もう駄目かと思い体に障ると呼吸をし親父に生存を確認させてくれます。こうした状況が五日間続き27日亡くなりました。合掌です。そして亡骸は鯉の墓が厚い雪に覆われているため仮安置し雪解けを待って埋葬することにしました。
DSCN0149_2018022806461492b.jpg
池の全景ですが雪の多さが分ると思います。そして親父が池へ行くために踏み固めた道が微かに分ると思いますが彼女が死亡した後池へ行く道はきれいに除雪されていました。92才になる婆さんが除雪をしたそうで夕方腰が痛いと言ってましたがなぜ除雪したと聞くと踏み固めた道は転びそうになるので歩けないからと言うのです。一言いえば人間の彼女に除雪させるのにと思う親父ですがそれが母親の愛情なのだろうと思う親父でした。
スポンサーサイト



大鷲

DSC_0025 (640x427)
今朝の長浜のいつもの木に泊まっていたカップル?の大鷲です。親父の目にはアイコンタクトをとっているように見えますが所要で軽トラの横に乗っている家内はなにを思ったのか馬鹿夫婦と言います。まさか自分の境遇を顧みて云ったのではないでしょう?親父この木に二羽で止まっているのは初めて見ました。いつも大鷲の写真を撮っているKさんは大鷲は必ずカップルでいると言っていますのでカップルなのでしょう。そして大鷲にもテリトリーがあり一羽いると必ず近くにもう一羽いると教えてくれました。そして赤石地区には、DSC_0020 (640x427)
木の上で餌を食べる大鷲とその餌のおこぼれを狙うカラスです。親父生憎トリミングなんて言う技術は持ち合わせていないので300ミリの画像そのままです。木の枝の間に餌を大鷲の足で押さえ付け食べているのですが足の下は欠結構な大きさにみえます。この餌を捕る瞬間を本来ならば撮りたかったのですが気の短い親父には無理でしょう!一か所にじっとしているなんて事は出来ない親父ですから。大鷲やオジロワシに囲まれて暮らす島民は幸せかもしれません。

そしてまた?

DSCN0134.jpg
冒頭から見苦しい画像を見せて恐縮です。親父右ひざにこうした湿疹らしきものが出て国保病院へ行くと帯状疱疹と診断され飲み薬と軟膏を処方されました。実は10年位前やはり帯状疱疹と診断され毎日の点滴で直った事があるのですが今回は軽いみたいです。帯状疱疹のウイルスは体内に生存していて免疫機能が弱っている所、疲労が蓄積している場所などに発症しやすいみたいなのですが親父の場合ピッタリカンカンです。函館で倒れたのが右足に力が入らなくなり倒れたのですから。そして知り合いの看護師さんが高田さん無理したらダメだよ!病み上がりなのだからと忠告してくれたのですが?しかし土曜、日曜の大雪は親父経験したことのない?大雪で人力ではどうする事も出来ない位の大雪でした。その上道路に面した親父の所は道路を除雪した雪が山となりまた除雪した雪を捨てる場所もなくなったのです。そして満を持してトラクターの出番すが今回ばかりは家内も大雪のため黙認です。こうして二日間にわたる除雪で疲れ果てたのです。こうして疲れた状態の為免疫機能が低下しウイルスが活動始めたのでしょう?そういえばA地区のOさんが帯状疱疹で二週間も入院したという話を聞き親父も急いでいそいで病院へ行ったのですがOさんはその帯状疱疹の様子をスマホで撮り親父に見せてくれたので余計にビビっタのです。周囲の人達が異口同音に無理するな、大事にしなさいという意味が初めて理解出来た親父です。昨年暮れからの病魔に侵され続けた親父もなるほど三回目で徐々に症状も軽くなっているのでもう病魔も消え去るでしょう。昨日札幌の友人からメールがきましておやじはまだ運もツキも持っているというメールがきましたが運もツキも使い果たしたのではないだろうか心配になった親父です。

桜マスと大雪

DSCN0126_20180217132744592.jpg
16日のMさんのヘラ釣りで釣り上げた出荷用のマスです。大体1キロ前後の大きさで赤石地区沖合で釣り上げたそうです。親父所要で港へ行くとちょうど帰港した所でこの日は皆さん釣れていたようですがMさんは二日前の方が釣れたと話していました。親父も行きたいのはやまやまなのですが暮れから入院で決算準備がまだ全く出来て居なくて出漁できないのです。許可は昨年の内に申請してすでに許可証と旗は来ているのですが。そして親父Mさんからマスを頂きましたが初物ですがさらにもう一本くれ婆さんにもヤレと言うのです。感謝です。やはりり一年間の締めとして決算の方が大事だと思うのですが国税庁長官が噂の人では税金を払いたくありません。国民の義務ですから払わざるを得ないのでしょうが?
DSCN0130_201802171348235ff.jpg
早朝五時半の道道奥尻線の様子ですが今年一番の大雪です。この位の大雪になると人力ではどうする事も出来ず家内が止めるのも聞かずトラクターの出動です。入院中のブランクがあるにも関わらず慣れた手つきでバケットで救い上げ雪を投げますが二か所ある雪の堆積場がほぼ満杯になり困っているのです。最初から親父が雪投げをしていたなら海岸近くまで持って行き投げたのですが中途半端だったんです。そして自宅の周囲の排雪だけで二時間半もかかりました。そして朝食を取りパワーを付け船の除雪に向かうと。
DSCN0132.jpg
なんと綺麗に除雪してあるではありませんか!本当に感謝に耐えません。今朝は潮が引いているのか岸壁の高さと船の高さがこの位あると親父の脚力では乗り移る事はできません。約合計1か月の入院で体重が8キロ落ち脚力が落ちているのです。メタボ体型が若干改善したのですが皮膚の弛みは目に余るものがあります。そして今日はフエリーも飛行機も欠航し越波により道路も通行止めになり路線バスも午後から運行中止になり本当にひどい暴風雪です。
DSCN0133.jpg
午後二時の様子ですが明日の午前一時頃までこの暴風雪は続くみたいです。皆さんご注意を!

脳梗塞

DSCN0103.jpg
1月30日家内と共に函館の病院へ検査に行きショピングセンターのATMへ行きその帰り急に右足に力が入らなくなりその場へ倒れてしまいました。家内に掴まり119に電話し救急車にのり親父が通院している病院に連絡した所受け入れてくれる事になり函館脳神経外科にサイレンを鳴らしながら向かいますが救急車に乗るのは初めての経験です。途中救急隊員が手際よく処置し色々聞いてきますがさすが慣れたものでテキパキと処理してくれます。本当に感謝です。そして病院に到着し直ぐにMRI検査をし担当のドクターが脳梗塞で以前にも経験していると言う家内への説明を聞いて親父死を覚悟します(今は3時間半以内ならば助かるそうで聞けば親父の周囲にもたくさん脳梗塞を経験した人は沢山いましたが)。今思い出せば脳梗塞の前兆があったのですが親父がその前兆を知らなかっただけなのです。29日夜8時頃TVを見ていると画面が二重に見え、また翌日奥尻空港でもゲートを通る時また右足に力が入らなくなりゲートにつかまり転倒を免れ杖をついて飛行機に乗ったという前兆があったのです。

DSCN0116.jpg
そして函館整形外科のSCU(スクロールケアユニット)に一週間入れられ治療を受けたのですが病院のICUみたいな所で周囲は重症度の高い患者さんや手術後の患者さんが沢山いて看護師さんが24時間注意深く見守っています。パソコンのTOP画面には気配り、目配りと表示されていてその目配り、気配りは素晴らしいもので親父洗面台に行くと誰かが直ぐライトをつけてくれトイレにも付いてきてくれ面倒みてくれます。そして採血した後にも親父にありがとうございますといいます。親父いままで函館の西堀病院が一番サービスが良いと親父の数少ない病院経験の中で思っていたのですがそれを超えるサービスで感激です。そして親父は無知から人生の終末を予想し兄弟、孫に見送られるのを予想し一番良い病室を予約してしまったのです。その為医療費より高い病室になってしまいながらもこうして後遺症もなく退院し嬉しい結果になってしまいました。
DSCN0091.jpg
バス、トイレ付きの個室なのですが朝3時から4時の間に必ず目が覚めてしまうのです。そうすると週刊誌を読み朝のTV放送を始まるのを待つのですがSCUにいた時も必ずその時間になると目が覚めてしまうのです。自宅ではこのような事はないのですがなぜ病院では熟睡が出来ないのでしょうか?朝早く元院長が僕の部屋をわざわざ訪れ良く寝れましたか?と尋ねるのですが病院では熟睡できないのが普通なのでしょうか?元院長には日曜日も平日もわざわざ病室を訪れて頂き感謝ですがこうした元院長の行動が病院職員にも反映されているのでしょう。
DSCN0105_20180215205707cfd.jpg
そして親父の病院食はご飯が145グラムカロリーは3食で1400カロリーに制限されてしまいましたがほとんどがベットの上の生活なのでこれで十分なのですが病院ではやはり食事が一番の楽しみです。そして食事の内容も親父の好きな魚類、肉なども多く手がかかっているのが分ります。いままで親父が入院を経験した中でも多分TOPクラスでしょう。リハビリも経験し親父の頭は年齢相応以上で問題はないそうで認知症の予兆もないそうです。昨年の暮れから病魔に取りつかれ島の絶好の話題になった親父ですがもうこれ以上の話題提供はない事を望みます。入院期間中の大雪の時にも船の雪を排雪してくれた友達に感謝です。親父が回復出来たのもこうして協力してくれた仲間がいるからでしょう。

| ホーム |


 ホーム