FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

キトビロ採りPartⅢ

CIMG0903_2017033008165653b.jpg
親父最近朝目覚めるといつもの山へ直行しますが海では桜ますやほっけが釣れない事もありキトビロは時期の物でこの時期をのがしたら獲る事が出来ないからなのです。そして親父いつも同じ場所に軽トラを置いておくので会う人に今日はどうだったと聞かれるのです。そして今年も関東から毎年島にキトビロ目当てに島に来る人が三連休に来て行きました。昨年は四月の第一土日に来ていったのですが昨年は暖かくすでに伸び過ぎだったのです。今までない位採ったが葉がほとんどだとこぼしていました。その為今年は時期を早めたのですが今年の三連休はまだ雪があり島の人でも数える位の人しか食べていないような状況だったのです。しかしながらこのキトビロ採りの為一月からジムに通い鍛えている彼らにも今回はきつかったようで(山をみればキトビロがあるか分ると豪語していた)例年の場所は雪でダメで今回は人づてに聞いた場所へ行ったそうです。急激な斜面でロープを伝って下り二日間で15キロ位あったと言ってましたが怖くて降りれなかった社長風の人は両手で一掴みだったそうです。それでも満足なのか喜んで帰って行きました。
CIMG0906.jpg
広い山のなかで親父前回汗拭きをポケットから取り出した時に落ちてしまったポケットティシュですが偶然発見しました。結構動き廻っているつもりなのですが同じような所を動き廻っているものなのですね。そして今回の親父のミスは山登りの途中また足が躓いて転びそうになり籠を大きく揺らし中に入っていたPetジュウスを落としてしまったのです。これに気づかず汗をかいたので汗をふきジュースを飲もうとしたらジュースがないではありませんか。転びそうになった時中を確認して置けば良かったのですが。そして26日の日曜日島の東、西海岸も絶好の凪に恵まれ西海岸へは多数の漁船がキトビロ採りに出漁し大漁?してきたそうです。この時期漁師はなにも取るものが無いのでキトビロは貴重な収入源なのかもしれません。
CIMG0905.jpg
CIMG0908_2017033008582290b.jpg
前回蕾だった花が群れで咲いていましたが名前は分りません。花の名前は聞いてもすぐに忘れてしまうのです。認知症の初期状態かなとも思うのですが親父自分の興味のない物は覚えられないという特徴があるのです。家系図や親せき関係、後は木の名前や花の名前などが親父の鬼門なのです。ですから日常生活にも支障が出るのです。困ったきなんぽ親父です。


スポンサーサイト



新 奥尻中学校

CIMG0897.jpg
今年4月から奥尻と青苗中学校が統合され新しい(奥尻中学校)が誕生します。今日13時から15時まで町民向けに一般解放されいも煮会の4人を連れて見学に行ってきました。最初の感想は明るい解放感のある校舎だなあ、いまの学校はこのような校舎なのかという感じです。校舎の外観は明るい奥尻産の杉材でクリーム色に見えるのが奥尻産杉材です。透明の塗色でもしてあるのか尋ねると無垢材だそうで親父の感じでは耐用性に問題があるのでは?と思いました。職員室も教室も廊下から丸見えで開放感にあふれています。これでは親父の時代のように喧嘩も肉体的いじめも出来ませんので良いのではと思います。もとより島の中学生、高校生は挨拶がよく出来ていて親父いつも知らない生徒からもおはようございますと挨拶され挨拶を返すのです。ですから親父の杞憂なのです。
CIMG0896.jpg
そして中学校校舎の反対側には町立奥尻高校があり渡り廊下でつながっているのです。伝え聞く所によると島外からは今年6名の入学生がいるみたいで下宿は男子4名は神威脇地区、女子2名は青苗地区で下宿生活を送るそうです。最初の年度で6名の入学は大成功で校長先生、関係者の努力の賜物です。島にも新しい風が吹き島と言う閉鎖性にも風穴を開ける事でしょう。まさに新生奥尻中学校、高校の始まりと言えるでしょう。そして高校入学式には島外からの入学生とサポートする島のおじ、おばとの対面式も行われる予定だそうで島での安心生活のサポートも十分です。。
CIMG0898.jpg
そして新校舎2階のまなびみちと呼ばれる自主的な学習の場となる賑わいの廊下で右が教室で左が自主的学習の場で机がありその上は棚になり廊下上部からはハイサイドライトと呼ばれる採光と自然換気がされまさに自然にやさしい構造となっています。まさに時代に即した構造なのでしょう。そして中学校グランドはファミリーパークにあった多目的運動広場が改造されそこが中学校のグランドになり校舎からは多少距離がありますがそこまで走れば準備運動になり中学生にとってはなんの負担にはならないでしょう。ファミリーパークの運動広場が中学校のグランドになる為今年からグランドゴルフは奥尻町においては廃止になるそうです。そして高校ではイングリシュで世界と渡り合える生徒の育成を目指して募集していた臨時講師も決まったみたいで夢は徐々に現実となります。島の未来を担う子供達と言わず日本を担う人材をぜひ排出して島の未来を切り開いてください。首相夫人と言うだけで8億円も安くなるのですから島から指導者がでたらどうなりますか?夢は大きい程良いのでしょうがあまり大きいとほら吹き?誇大妄想?と言われますが親父がそうなのかもしれません。

キトビロ取り

CIMG0892.jpg
18日同じ場所で1本しかとれずふてくされた親父ですが一週間後の今日同じ場所へ行き約2時間でこれだけの収穫でした。昨年の18日は約3キロの収穫ですから季節は約一週間以上遅れているのです。先週あった雪もまだ所々にありますのでまだ寒いのでしょう、キトビロの伸び過ぎはほとんどなく細いですが芽がかたまって出ていますが細いのを除いて獲るのですがない場所へ行くとやはり細いのも獲ってしまいます、人間の本性なのでしょう?
CIMG0889.jpg
ここは海岸から50m位しか離れていない標高30m位の山なのですがぶなの枯葉の下からキトビロが芽を出します。島のキトビロはなぜ本道のキトビロに比べて臭いが少ないのか?親父はこのぶなの落葉がかさなり豊かな腐葉土となり海風のミネラルがかさなり臭いが少ないのではと考えているのです。親父の独断ですので学術的根拠はありませんが東海岸も西海岸も同じような環境地形なのです。臭覚の弱い親父ですが帰りの車の中ではキトビロの臭いを感じました。後は女性の化粧の臭いが分るようになると親父も元気になるのですが!
CIMG0891.jpg
草と花の見分けが出来ない親父ですが山ではこの花が沢山蕾を作っていましたが咲いていたのはこの花だけでした。もちろん名前は分りませんが多分この花が一番多かったように思います。今日の現場はもう2,3日して行ってもまだ獲れそうな気がします。もう少ししたら西海岸が最盛期を向かえそうですが親父の場合ボートにゴムボートを積み西海岸に上陸し獲る事も検討中なのですがそうするとボートの上架が遅れてしまうのでそれも問題で悩みの種はつきません。海に山に忙しい親父なのですが皮肉な事に本業が全く暇なので楽しめるのです。

最悪の連休

CIMG0875.jpg
FC上では島のキトビロが沢山UPされていますが親父の土曜日の山行きの成果は過去最悪のもnでした。昨年の今日はここで約3キロ収穫したのですが今年はまだ雪が30センチ程残っていたのです。このようなぶなの大木がある場所なのですが道路を作るため杭が打ちこまれオレンジ色のテープが目につきます。やはり一週間早いような気がします。昨日キトビロを採る場所を偵察する目的で島を一周したのですが40数台の車を確認できました。やはり場所はいつもの車の止っている場所ではなく周回道路で沢である所がほとんどで急な斜面がほとんどでした。道路から山の斜面でキトビロを採っている人も確認でき道路上でキトビロを整理している人達も見られます。こうした斜面は膝、腰に問題を抱える親父には無理です。そして恥ずかしながら親父の収穫です。
CIMG0879.jpg
なんとキトビロ1本とばっけ1個です。恥ずかしいからブログにUPしないでおこうとしたのですがこれが現実だったのです。親父夕飯に食しましたよ、努力の結果ですから。道路脇にはばっけが沢山咲いているのに50M上がっただけでこんなに違うのですから。親父頭にきて行政に八つ当たりです。海岸からたった50m離れた場所にある自然のぶな林を切って道路にするな!道路を作る前に老人ホームを早く作れ!と。道路はその後で良い、喫緊の島の課題は老人ホームだと!キトビロ1本だけのせいで行政に八つ当たりです。そして今年の初漁の釣果は?
CIMG0880.jpg
1時間半の釣果は550gの極小のマス1本だけです。こんな小さなますはいつも可哀そうだから放してやれと言われるのですが初漁の記念なのでフライにして食しましたがやはりマスのフライは小さくてもおいしかったです。昨年の11月から約3カ月係留して動かないボートは舵とスタビライザーに50センチ位のワカメが育ちゆらゆらしています。これでは余りに可哀そうで土曜日掃除をしてワカメをスクリュウにもしロープなどが絡まった時に切る鎌で切りとっておいたのです。しかし船室内は結露でぐちゃぐちゃで船中泊用の布団も濡れて使用不能です。いままで冬期間は上架していたので異常はなく多分海水温と海上の気温差で結露が生じたのでしょう。今まで経験したことのないトラブルで戸惑っています。それ以外はほぼ順調で初漁を終えました。ほんの1時間半の海上ですが魚探で見る海中は本当に綺麗で魚の反応もプランクトンの反応もありません。これだからマスもほっけも釣れないのです。その上オットセイも見かけませんでした。オットセイは親父が怖くて親父の船には近ずかないのかもしれませんね。

奥尻地熱発電

DSC_0916 (640x360) (640x360)
奥尻地熱発電所の地鎮祭が17日午前9時から幌内地区で行われました。幌内地区には地震前国民宿舎幌内荘があり温泉付き宿泊施設が海岸の側にあった(経営者が奥尻地区のがけ崩れにより死亡)のですが其の後この施設は取り壊され現在は更地になり音泉井戸だけが地表に露出しています。地熱発電の場所はここから約1キロ山側にあります。以前NEDOと言う組織が奥尻で地熱調査した井戸を使用しバイナリー方式の地熱発電を行い7月下旬には稼働する予定だそうです。このため以前より慶応大学大学院のSDN研究科が地熱利用による地域振興を多視点からのアプローチや今後の方向性について報告があったり色々と研究していたみたいです。井戸は深さ1600mあり毎時45~50トン取り出し発電電力は259KWと小規模ですが50~60世帯分の電力を賄うそうです。
DSC_0919 (640x360) (640x360)
そして左中央に井戸が見えますが地熱発電により生まれる電力及び熱資源を利用した地域振興策が実現することにより新しい雇用が生まれる事が期待されます。親父もし若くてお金持ちで有ったら幌内荘の後に高級ホテル、コンドミアムを作り海岸をプライベートビーチにして富裕層を集客し釣りや山菜取り、海水浴をさせたりスキューバを楽しませたりしたり季節限定の営業すれば良いなあと考えていたのです。そして幌内の北の方向には親父奥尻のダイヤモンドヘッドと呼ぶ似たような山?もあり親父夏には北海道のハワイと若い頃は呼んでいたのです。プライベートビーチにすれば入場が制限されますから自由に海岸が使え?ますから色々な取り組みが出来てヌーデストの海岸なんて親父が喜びそうな企画をしたり、これは企画が没になりそうですが。幌内から海に沈む太陽はるか彼方ウラジオストックに沈む太陽、奥尻中央線の山からみる太陽は本当に綺麗で水平線が大きく丸くみえます。地球の大きさを実感できます。このような地域振興策は如何でしょうか?

除雪の反省点

CIMG0871.jpg
Kさんのおかげで無事修理を終え正常に動く事になったトラクターですが修理が完了したとたんに雪が降らなくなりました。この時期の雪は降ったとしても濡れ雪で時間が立てば自然に溶けてしまいます。親父の感じでは雪は降る事は降ったのですが1月に雨が降るなどの異常な現象があったなどで雪き溶けが進むなどがあったのです。しかし3月に入ってからは気温が揚がらずまだ北側斜面では雪が残っています。その為親父昨年の今日は最初のキトビロ取りに行きまあまあの収穫だったのですが昨日昨年と同じ場所の登り口にはまだ雪があり今朝はキトビロ取りに行かなかったのです。でも日当たりの良い東、南斜面では採れているみたいです。多分今度の三連休島はキトビロ取りで山は賑わいそうです。そしてこのトラクターの次の出番は山の私道に砂利を運ぶのに使う予定ですのでそれまでの間お休みですのでマフラーに長靴をかけ雨水の侵入を防いでいます。
CIMG0874.jpg
そして今年最大の除雪のミスです。自分家のアルミシャッターの支柱を欠いてしまいました。アルミ製ですのでショックも余り感ぜずバケットで切り裂いてしまいました。余り建物に近付きすぎたのが原因なのですがトラクターは小回りが利かないのも原因かもです。そして親父の超人的な同じことをもう一度してみて といわれても二度とできない離れ業です。
CIMG0873.jpg
なんと器用にもシャッターを空ける取っての部分の外側半分だけをバケットで接触しカットしたのです。もちろんシャッター本体には傷はついていません。何ミリかの接触でカットしたのでまさに神業?です。親父重機のオペレーターの適合性があるのかもしれません。やはり一番の失敗はトラクターに負荷をかけ過ぎボルトを折ってしまった事でしょう。来年こそはキャビン付きのミニショベルの暖かい中で除雪したいと願う親父でした。明日はキトビロ取り、日曜日はほっけ釣りと仕事そっちのけでいそがしい春の親父でしす。

金魚のたたり?

CIMG0868.jpg
日曜日夕方親父鯉の様子を見ようと右側の岩まで歩いてゆき手前の手すりの下にいる鯉の無事を確認し戻ろうとしたとき手前の水道のパイプに足を引っ掛け池に飛び込んでしまいました。せっかく買ってきた金魚を憤死させてしまった金魚の怒りかもしれません。これは島で唯一の配管屋さんHさんになおしてもらった後の昨日の夕方の状態なのですが白いカエル型の石の下が濡れているのが分ると思います。親父最近歩いていても足が上がっていない事を認識していたのですが脊椎間狭窄症の治療薬による副作用だと思っていたのです。やはり年老いた事による症状なのでしょうか?最近いつもお世話になっているT社長からは歩く姿はいつも背中が前かがみになり歩いているよと言われていたのです。足が上がっていないためカエルの側のパイプに確か右足を引っ掛け池へダイブしたのです。その瞬間親父は宙に舞い親父の天性の運動神経の良さで右手で水温計のあるこの手すりに捕まり頭からの落水を避けられたのです。結局上半身は助かり下半身だけの水没で助かりましたが水温4.8度を体感する事ができました。不思議な物で落水した後見ていた人がいないか回りを確認したのです。小屋の中ですので見ている人はだれもいないはずなのですが周囲を確認していまうのは人間の性なのでしょうか?
CIMG0870.jpg
そして急激な温度変化に対応しきれず元気のない生き残りの流金ですが回復させようと塩水浴させますが回復出来るでしょうか?それにしても親父今度からは歩き方にも万全の注意を払わなければなりません。そういえば最近階段の下り方に違和感を感じていたのです。一段下に足を着いた時にショックを常に感じていたのです。今まではショックもなにも感ぜずすいすいと足が出ていたのです。今回は池で良かったのですがこれが海の上ならばと思ったら結果は見えていますよね。海響の場合船尾に水中から上がるタダーステップがついているのですが濡れた体で這い上がる事は体力的にも不可能でしょう。船の甲板は常に整理、整頓しておかなくてはなりませんが親父もMさん同様海で行方不明になったら探さなくても良いと言ってあります。好きな事して死ねるなら本望でしょう。病院や介護施設で植物状態で生きていても何の価値もないと親父は思うのですが?

松かさ病

CIMG0849.jpg
今朝松かさ病で亡くなった鯉ですが心なしか鱗が立っていません。親父8日病院で函館に行き松かさ病に効く薬を求めて専門店を2軒あるきましたが松かさ病の薬はありませんでした。店員に尋ねると松かさ病に効果のある薬はないそうで松かさ病になる原因もまだ解明されていないそうです。一般的には2%位の濃いめの塩水にいれ水温を高くし体の内面から活性化させるのだそうです。親父薬を求めて函館へ行く前日可哀そうにかわいそうにと鯉を両手でなぜて鱗が立っているのをなだめようとしていたのですが10日帰って来た時は横にならず泳いでいたのです。其の後聞いてきたとうりの処置をしたのですが昨夜は忙しくそのままにしていたのです。そして今朝池へ行くとご覧のように横たわっていました。親父の帰りを待つかのような死です。もっと一生懸命鯉をなぜてあげれば良かったのにとの思いです。
CIMG0852.jpg
そして取りつけた水温計ですが日が揚がっても4.6度しかありません。水温が低いのでまだ鯉を買ってくるのは早いと思い金魚を9尾買ってきて池の水温に慣らそうと袋のまま水面に浮かべて置き朝見たら5尾が動いていません。持ってくる車の中が暖かく池の水温とのギャップが大きかったのでしょう。仮死状態のような状態で死亡しているのかと思い手のひらに置くと動きだします。そして穴を掘り鯉金魚を埋葬しようとするとまた動きだす金魚もいて婆さんが大きな声でまだ生きていると叫ぶではありませんか!
CIMG0854.jpg
そして深い穴を掘り餌を与え埋戻します。深く掘らないと狸に掘り返されてしまうのです。その為掘り返されない為に固く踏みしめその上にプラスチックの魚箱を置きさらに石を置き狸に掘られないようにするのです。この時期あまり狸を見る事が少なくなりましたがやはり出没しているみたいです。それにしても金魚に可哀そうな事してしまいました。丈夫な和金がいれば良かったのですが流金やコメットさんだったのです。それにしても販売員さんは親父にどの子がいいですか?と尋ねるのです。余計に罪悪感に襲われます。まだまだ経験不足の親父です。

鯉の異変

CIMG0835.jpg
朝池へ行くと鯉が横になり口をパクパクし中層に浮いています。この時期鯉は池の岩の下に隠れるようにしてじっとしていますのでしばらくぶりに鯉を間近で見た気がします。そして急いで塩水浴の準備をします。
CIMG0841.jpg
大きなたらいに紫外線で殺菌した水を入れそして塩を入れかきまぜ指を水に入れちょっとしょっぱいかなと思う程の濃度にします。あくまで親父の感です。そして空気をポンプで供給し準備完了です。そして鯉をタモ網ですくいたらいに入れるてしばらくするとなんと泳ぎだします。体に変異はないかと目をこらし見廻すとうろこが立っているように見えます。松かさ病ではないかと思い金魚の松かさ病の対策を見てみるとその薬はないのですがやはり薬剤+塩水浴とかいてあります。やはり各症状に対する薬剤を準備しておかなくてはなりません。
CIMG0840.jpg
現在の池の水温は約4度ですが水温が高くなるにつれ金魚、鯉の動きが活発になると予想される事から昨年函館のS先生から頂いてきた小さな金魚をこのウニ採取用の籠にいれ金魚エリアから鯉エリアに脱走できないように分離させます。この籠は親父ヒラメを大漁した時にこの籠に入れ海中に沈めておくものなのです。本当は四角い籠よりは丸い籠の方が魚にはやさしいのですが。
CIMG0842.jpg
そしてS先生から頂いた金魚を放していた小さな金魚エリアでは蓮の根から新芽が出てきています。水温はまだ4度と冬のままですが球根は春の準備をしています。この球根、石の下に小さな金魚は隠れています。今回は籠の中に約半数、このエリアに約半数を放してこれからの生存率を見てみようと思います。なんとか鯉が回復する事を願います。

国保病院歯科

CIMG0816.jpg
相当の年数がたち老巧化した島の国保病院ですがまだ建て替えの目途はたっていないようです。親父昨年の九月入れ歯が折れあまり不自由を感じなかったのでそのままにしていたのですが時間的余裕が出来たので久しぶりに歯科を受診したのです。
CIMG0814.jpg
そして受診し見てもらうと折れた入れ歯の隣の歯が負荷がかかり折れていてその上虫歯も出来ていて最悪の状態でした。入れ歯は大事にとっておいたのですが使い物にならず新しく作り直しちょうどタイミングが良かったせいか四回の通院で直す事ができました。親父歯科のW先生の入れ歯は本当にジャストフィットで作り直す事なく一度で合うのです。入れた後微調整はするのですが一度で完璧に合うのです。W先生もし開院するならそこまで通院しなければならないかもです。国保病院ですから保険診療なのでお金にもやさしく都会のように自由診療ではないのです。そして国保病院の職員、ナースの皆さん言葉使いなど以前よりかなり改善されていますがまだ応対に苦情があるみたいでタマに親父の耳にも入ります。おやじいつも函館の病院に何か所も通うのですが親父今は亡きK君の見舞いに月一位で函館の西堀病院に通ったのですがその病院の職員、看護師、介護士の皆さんの態度に感激した事を覚えています。病院の性格上そうなのかとも思いましたが皆さん患者のみならず親父のような見舞客にも親切に接します。どこかの病院と比べると雲泥の差です。親父もどうせ入院するならこの様な病院で過ごしたいと思うほどです。
CIMG0815.jpg
国保病院のフロントですがカウンターの下は奥尻杉で化粧してあります。そして親父の一番嫌いな歯磨き指導ですが普段使っている歯ブラシを持ってきてと言うので親父普段使っている歯ブラシを持って行こうとすると家内が新しい歯ブラシを持って行けと言うのです。親父は普段の歯ブラシを持って行ったところやはり歯科衛生士さんから歯ブラシの先が曲がっているので新しいのに変えたほうが良いのではと言われました。帰ってきてその話をするとだから新しいのを持って行けば良いのにといいます。皆さんならどうしますか?親父はやはり普段使っているのを持っていくのがベストだと思うのですが、普段使っているのを持っていく事によって歯ブラシの注意個所を指摘する事も出来ますし。そして三名いる歯科衛生士の対応は島の国保病院の中では函館レベルでしょう。歯磨き指導では奥歯を磨く練習ではかなりの変顔になり衛生士さんも笑いをこらえるのに苦労していた見たいです。親父この年になり指導を受けると言う指導という言葉が嫌いなのです。この年まで自由に生きてきていまさら指導を受けるなんてまっぴらごめんなのです。そういえば亡き親父も最初の頃がデーサービスに通っていたのですが皆と同じ事を強制的にやらせられるのは否だといってデーサービスに行かなくなりました。亡き親父とおなじ反逆の精神が流れているのかもしれません。その後の親父はキチンと歯磨きし歯間ブラシも使っています。否な指導を受けないために。

J P 0 1

CIMG0830.jpg

北海道を応援するフリーマガジンの(ジェイピーゼロワン)です。親父初めて知りましたがJP01とは国際標準機構による「北海道」の国際的地理コードに由来するのだそうですが親父には理解できませんが特集は桧山でその内容は親父の興味がそそられる内容なのです。親父このようなフリーペーパーがある事は知りませんでした。季刊で5万部の発行ですが配布場所は親父の縁のないような所なのですがHスポーツ店の好意で手に入れる事が出来ましたが桧山特集の内容は非常に深いものがあります。桧山のはえ縄による助宗の水揚げの様子は桧山のナマコは最高級食材のレポートなどです。
CIMG0832.jpg
ナマコの成長の様子ですが人間の口に入るまでには約6~7年もかかるのだそうです。桧山のナマコの素晴らしい長所はそのいぼ立ちだそうでそのいぼにあんやソースが絡むからだそうです。今は人口繁殖して海中に入れ育てるのだそうですが高価で我々の口には入らなくなりました。その為桧山のナマコは中国で高評化を得ているのです。そして最近では癌にたいする効果が認められ益々口に入らなくなりそうです。そして桧山の名前の由来は?
CIMG0833.jpg
かっての桧山南部はヒノキアスナロに覆われていたそうですがヒノキアスナロはヒノキに似ていた事から檜とよばれ檜が良く繁茂している檜山と呼ぶようになったそうでそれが檜山の由来だそうです。そして今桧山全域にグリーンベルト構想で各地で豊かな海作りのための植樹祭が檜山各町で行われています。親父小学生の頃は秋になり海が時化ると海岸は落ち葉の山が30センチぐらい堆積したものです。その落ち葉は海の生き物の食料になり海藻を繁殖さる栄養になり豊かな海にしたのでしょう。当時は磯焼けなんて言葉はありませんでした。親父の植林した青森ヒバはいつこの様な立派な木になるのでしょうか?多分孫のまた孫の代で気の遠くなる時間ですがその頃の奥尻島はまだ有人の島でいるのでしょうか?国境離島振興法が出来ていろんな支援があるそうなのですが手遅れのような気がします。そして今日はひな祭り。
CIMG0827.jpg
昨日お邪魔した青苗地区のMさん宅の立派なお雛様でようやく島にも春の息吹きが感じられるようになりました。今年こそ大鷲の王者の写真を撮ろうとしたのですが食いしん坊の親父は空より地表に目が行くようになり今日はフキノトウを取り天ぷらで食しました。やはり春の便りです。そろそろ早い場所ではキトビロの便りも聞こえそうです。山から海から親父が忙しくなる予感です。

| ホーム |


 ホーム