FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

サメ来襲

CIMG0479.jpg
今日は朝五時に目ざましで起き氷を20キロ用意し気合い十分で出漁です。沖の根に着くとすでに三隻が操業していますが各船バラバラの位置にいてあまり釣れていないような気配がします。今は五時でもまだ暗く皆さん何時頃起きてきているのでしょう。餌のイカも不漁で島の漁船も室蘭や日高地方の太平洋側にまで遠征しているのです。太平洋側は日本海側と違い日中のイカ釣りなので電気を起こさなくても良いので燃料の節約になるのだそうです。そして今朝の沖の根は下潮でその上沖のほうから沿岸のほうに向かう潮なので最悪の状態なのです。ですから7時頃までは助宗とポンタラしか釣れなかったのですが7時過ぎてから徐々に釣れ始めますが海面から18mまできた時強烈な引きがあり上げてみるとなんと鱈の頭から下が切り裂かれています。この頭は側の鱈より頭が大きいのでこの鱈より大きかったのでしょう。浅い根にはサメがいる事は聞いてましたが親父沖の根では最近遭遇した事は無く安心していたのです。親父普段の行いが良い?せいかサメに襲われる事は少なかったのです。そして気を取り戻しもう一度仕掛けを投入しますが鱈がかかり巻き上げると今度は水面から28m地点でまた強烈な引きがあり上げてみますと上の針から下が全てありません。サメの歯で引きちぎられたのでしょう。こうなるとサメは自船に獲りついているのでしょう。諦めて8時30分一足先に帰港します。
CIMG0481.jpg
今朝の釣果ですがこの他にポンタラと助宗ですが帰港時に南風が強まり親父着岸に失敗しますがウオーキングしていたYさんが手伝いをしてもらいその上クーラーまで持ってもらい感謝です。親父腰が悪いので軽四に簡易クレーンを付け荷揚げしようとしていたのですが荷揚げには誰かの協力が必要なのです。クレーンといい電気ショッカーといい欲しいものばかりなのですが設備したら皆に笑われるでしょう。そういえば最近南下するブリの情報が聞こえてきません。25日Tさんがめじマグロ狙いで室津まで遠征してもダメで北の稲穂岬まで行っても反応はなかったみたいです。ぶりは何処へ消えたのでしょうか?
スポンサーサイト



日曜日の鱈釣り

CIMG0477.jpg
朝6時出港で9時帰港の釣果です。日曜日なので多くのレジャーボートが沢山出漁していましたが海上は久しぶりの凪でしたが下潮が0.8位の速さがありコンデションとしてはベストとはいえません。島の場合下潮が速いと魚の喰いが良くないと言われているのです。だがしかし今日の親父は違います。昨夜電動リールの取説を読みリールを完全にマスターしようと勉強していたのです。がしかしまだ完全に納得できません。ドラグ調整のコントロールレバーがしっくりこないのですがそれでも鱈は喰いつき鯉のぼり状態で上がってきます。
CIMG0475.jpg
親父の場合針は四本ついているのですが針数鱈が付いて揚がってきます。紺碧の海中から白い腹をみせ水深2,30m位になると鱈が自ら浮き上がるようになるのです。それにしても親父の針の結び方は最低です。今朝も水面まで揚がってきた鱈が結び目からはずれ浮いた鱈が二尾いました。慌ててタモで救い揚げましたがいづれも良い形の鱈です。良い形だからこそ針が外れるのでしょうけど恥ずかしい限りです。
CIMG0478.jpg
そして知り合いにおすそ分けした後また友人、知人に今日送るのです。同級生のKさんが組合に出せと言うのですがまだ昨年の全員に送っていないのです。次回今日位獲れれば多分次の次位に組合に出荷できるでしょう。出荷者を示す判を作らないとならないそうです。船名が海響なので海響だけで良いのでしょうか?海響丸となるのでしょうか?悩む程釣れれば良いのですけども。

プレハブ倉庫の解体

CIMG0467.jpg
あの南西沖地震以降23年使用したスーパーハウスが耐用年数切れでついに解体しました。この倉庫の後ろ縦縞の部分なのですが急遽解体が決まり写真を写す時間がありませんでした。地震で親父の所は倉庫二棟が流され店舗は床上の被害を受けたのですが倉庫が無ければ仕入れが出来ないので知人にお願いし函館で中古を見つけ100万円で購入しトラックをチャーターし8月に島に運びこんだのです。当時で10年使用していた物だそうですので33年間使用していた計算になります。この間に潮風にさらされ腐食が進み窓は歪み外板は腐れこの様にブロックで押さえ強風に耐えていたのです。
CIMG0468.jpg
軽量鉄骨なので切断するのに鉄工場にお願いし近所の人を3人手伝いをお願いし二日かかりました。空いた部分はコンパネで閉じあとはこの鉄材を廃棄して作業は完了なのですが木造の建物で島では解体費用が坪当たり6万円も必要だそうです。聞く話によると島で処理できないものは苫小牧まで運搬しなければならないのだそうです。このプレハブを運搬するのにトラック二台で20万円でしたからこの様に島の場合はなんでも割高になるのです。それでもこのプレハブ倉庫復興バブル時代は大活躍でしたがバブルが終わると共にこんどはレンタカーの車庫として利用され、軽四ですとちょうど4台入れる事が出来るのです。本当に値段以上に活躍してくれたプレハブでした感謝感謝です。現在のプレハブ車庫の二階部分は卓球場になっており親父腰の状態が良い時は使用していましたが今は親父はほとんど使用していません。そのかわり近所の人が利用していますが。
CIMG0469.jpg
そして午後からは親父の苦手な腰に負担のかかる作業が待っています。軽量鉄骨とはいえこのこの骨材を運び廃棄しなければなりません。明日は凪が良さそうなので鱈釣りに挑戦する予定なのです。明日こそ新しい電動リールを使いこなさなければなりません。それが出来なければ親父本物のキナンポです。

試運転

CIMG0463.jpg
今朝の試運転は6時出港で9時半の帰港でしたが良い形の鱈が釣れました。電動リールの試運転という事で取説を持ちいつもの宮津沖の根に向かいますが北東の波の為向かい波で速度を落とし進みますが鱈の値段が高かったと言う事ですでにプロの漁師二艘が操業しています。海上は波が高い為取説を読む余裕がありませんが一投目で四尾が喰いつき幸先の良いスタートですが昨日取説を読んだのですが巻き上げボタンを忘れ適当に押すと巻き上げ始めますがスリップして巻き上げ速度が遅くなります。鱈4本でスリップするなんて釣力65キロは嘘だと思いながら今取説を読むとダイヤルで調整するみたいでやはりキナンポ親父です。
CIMG0461.jpg
この様に良い形の鱈が揚がるにですがこのリールの親父の第一印象はまず音がうるさい事です。多分ギアが絡み合う音なのでしょうがいままでのリールに比べ非常にウルサイのです。いまでもギアが欠けそうで心配になります。第二はいままでのリールに比べ操作が複雑なように思います。親父はスマホよりガラケーにほうが操作が簡単で好きなのですが操作は複雑より簡単の方が好きで複雑な操作は恥ずかしながら覚えられないのです。早くマスターして使いこなさないと宝の持ち腐れになります。
CIMG0464.jpg
濃い色の反応に乗せると助宗が食い枝針をチリチリにしてしまいますが助宗が一箱と大クーラーつと中小が一つです。親父鱈の値段が高いと聞いたので組合に大だけでも出荷するか?と家内に聞いたら良いから皆にくれてやれと言うのでヤマトにハッポーを買いに行き知り合いの友人に発送しました。せっかく準組合員になったのにいつ組合に出荷できるのでしょうか?親父が組合に出荷する姿を見たいと言っていたNさん、もう2,3回鱈釣りをした後は組合に出荷しますよ。親父の準組合員のプロの漁師姿を見てください。

新電動リールの購入

CIMG0458.jpg
親父十数年ぶりに電動リールを購入しました。現在使用している電動リールが耐用年数が過ぎいつ使えなくなっても不思議ないのと古い為部品がないのです。深海釣りにも使えるよう10号を500m巻けるようリールは大きいのですが親父が今まで使用しているリールの中で最高級のものなのです。このメーカーの電動リールで最高級の物で良くマグロの一本釣で見られる物で42万円もして釣力120キロもあるのです。これはその足元にも及びませんが釣力65キロあり親父の新兵器として活躍使用します。
CIMG0460.jpg
そしてこのメーカーはわざわざ島まで来てメンテをしリールの使用方法と釣り方をビデオで見せてくれるなどのサービスをしてくれるのです。親父このメーカーの心意気に感じ購入を決めたのです。都会の専門店ではもっと安く買えるかも知れませんが親父は赤字覚悟で島にきてくれるのがうれしいのです。そしてこの10、11日は親父札幌へ仕事と孫に会いに行っていて不在なのですがすでに価格を決め購入を予約していたのです。最近は毎日北風が吹き釣りに行けない日が続いていて実戦使用はまだですが鱈つり、ぶり釣りにしようしてみる予定です。
CIMG0456.jpg
右が現在ソイ、カレイ釣りに使用している中古電動リールですが順調に作動していますが左は現在でも鱈釣りに使用しているリョービの剛枝Ⅱですが20年前の物で今では使用している人は珍しいのではないでしょうか?
CIMG0457.jpg
そしてさらに古い剛枝Ⅰと左が友人が船を止めるからいらないと言ってもらった電動リールなのですが鱈二本なら順調に巻き上げるのですが鱈四本が釣れるとモーターがウンウンと唸り熱を持ち触れなくなるほどリールが熱くなります。メーカーに点検を依頼すると異常なしで戻ってくるのです。親父の場合は船に積みっぱなしなのでメンテもしないのですが以外と長持ちするのです。あっそうそう年に一度帰省する埼玉のKさんがリールを実家に持ち帰り点検しオイルをさしリールも竿も綺麗になって戻ってくるのですが親父のメンテはそれぐらいのものなのです。今回のリールは大事に使いたいと思いますが早く実戦で使用してみたいものです。はたして新しい電動リールの釣果は?

金魚の稚魚

CIMG0440.jpg
親父の金魚の嫁入り作戦は航空便まで使用し完璧な作戦だったのですが多分水温が低い為失敗したのです。がまた函館のS先生が助け舟を出してくれました。花嫁として来島した金魚が産卵、ふ化したと思われる稚魚を育て多分この大きさになるともう食べられる事はないだろうと思われる大きさまで育ててくれていたのです。さすがDrで緻密な考え方で水槽を三種類用意し一番小さな稚魚には蛯子をすりおろして与え、また水中ポンプに活性炭でろ過装置を自作するなど手間暇をかけ大事に育てているのです。親父の所に嫁に出し今度は大事に育てた稚魚をまたくれるなど金魚のブリーダーだと笑っていましたが感謝です。
CIMG0442.jpg
そしてジプロップに入れさらには医療用酸素まで入れ、さらに蓄冷材まで入れ移送の準備は完了です。親父この後鯉の餌を買い今回の函館の仕事は完了です。先週の札幌、今回の函館といい親父仕事としては良い事ばかりで余りにも付きすぎているので当たるのでは?と不安になるのですが多分この9月で親父人生のビッグチャンスを使い果たしたのではと不安になります。昨日21時過ぎ池に放し今朝池へ行くと元気に泳いでいました。
CIMG0447.jpg
まだ黒い小さな金魚は集団で蓮の葉の下を泳ぎ余りに早い動きなので写真には撮れずようやく写したのがこの一枚です。これで2センチ位で1センチ位のまだ色が黒いのは集団で素早く泳ぎ蓮の葉に下に隠れます。先ほど池に行ったら婆さんが餌をやったと見えて餌がまだたくさん浮かんでいました。この様な金魚に餌をどう与えるか聞きそびれましたが以前餌をすりおろして与えると聞いた事がありますので明日試してみようとおもいます。
CIMG0443.jpg
そして鯉に鯉用の粒の大きな餌を与えた所鯉が飛ぶように餌に群がり大きな口を空け飛びつきます。そういえばいつも金魚用の小粒な餌を与えていたように思います。鯉用の大粒な餌を食べて早く大きく育ってなってください。そういえば紫外線の濾過機を付けてからは鯉の死亡はゼロで効果は絶大なような気がします。以前は夏には3日に一回水中濾過機の掃除が必要だったのが今では10日に一度ぐらいと掃除の回数がうんと少なくなろました。そして親父心配な事が一つあります。あまりに小さいので親父以前塞いだ石の隙間から鯉エリアに逃げないか?と言う心配なのです。逃げようとすると分断している網戸の隙間からも逃げるには可能ですからどうしたら良いのでしょうか?とりあえず脱走しない事を祈るのみです。S先生ありがとうございました。大切に育てますから。

一年ぶりの札幌

CIMG0360.jpg
10日7時30分湯の川を出発し約一年ぶりに札幌へ向かい豊平区に着いたのが13時30分でした。このゴルフは以前は弟が大阪で乗っていたものなのですがもう車は必要ないと言うので親父が手に入れ娘が乗っていた車なのです。娘が札幌に転勤になり冬の札幌で乗るようになるとFFではちょっと不安という事になり親父のセレナと交換したのです。その為セレナの冬タイヤを積みちょうど札幌での仕事もあり土日を利用して札幌へ行く事になりました。当日は生憎の天候で各地で小雨や土砂降りに遭遇し恥じをかくことになりました。ウインカーとワイパーが国産車と比べ反対なので土砂降りのなかウインカーを動かしたりウインカーと勘違いしワイパーを動かしたり後続車の人はこいつ何しているのだろうと思った事でしょう。そんなで夜になるとぐっと疲れがでて夜出かける気力がありませんでした。やはり歳なのでしょう!
image4_20160912161744001.jpg
仕事は順調すぎる程順調に進み孫の所へ行きます。先月島に来て帰ったばかりなので長男の壮希はジジと言って側にきますが早希はじっと親父の顔を見て固まってしまい少しすると泣きだし母親にだっこされても泣きやみません。人見知りりだとは聞いていましたが約20日前までは一緒に遊んでいたのにこんなに泣かれるとは親父つらいものがあります。親父本当は子供が好きなのですが子供の目には親父どのように映るのでしょうか?極悪非道の凶悪犯に見えるのでしょうか?また同じような年頃の子供でもまれに泣かないでニコニコする子供もいるのですがそうした場合親父を見て泣かない子は大物になると親父は言います。そして翌日お別れに行くとまた親父の顔を見ると泣きだし親父と目を合わせません。親父も幼少の頃人見知りだったそうなので隔世遺伝したのかもしれません。
CIMG0431.jpg
一年ぶりの札幌は南区から定山渓までの道路はキチンと改良され走りやすくなっていました。島なら道路の改良工事も遅々として進まず改良の進み方が実感できないのですが公共工事はこうして目に見え早いと良いですね。多分お金のかけ方が桁ちがいなのでしょう。良い天気の日曜日という事で沢山のライダーやヘルメットをつけた自転車の人達も目に着きました。皆さん楽しそうでしたが親父ふとこうしたレジャーが出来るのは平和だからこそだなあと平和な事に感謝の念をもちました。やはり歳を感じたのかも?

今日の池

CIMG0347 (2)
昨日鯉の脱走経路が判明し胴付き長靴を履き石を集め塞ぎましたのでもう脱走することは出来ないでしょう。左下の鯉で50センチ位でいつも脱走して彼女に会いに行くのが中央にいる二尾でオレンジと白の鯉と白と黒の小さな鯉なのです。小さな石の隙間から瞬時に移動するのを親父目撃し場所を確定したのです。そして穴をふさいだあとこのオレンジ色の鯉を追いかけタモで救い鯉エリアに放したのです。それで今朝は脱走しないで鯉エリアにいましたので穴は塞がったのでしょう。
CIMG0350.jpg
そして金魚エリアの金魚は一つの集団になり元気に泳いでいます。この池を金魚エリア鯉エリアに分割してから金魚は余り変化はないのですが鯉は用心深くなり人影を見るなり恐ろしいスピードで身を隠すようになり分断している網戸に体を付けるようなしぐさをするようになりました。最初は金魚も鯉エリアに脱走していたのですが最近では金魚エリアに脱走するのは先ほどの二尾だけなのです。そして産卵の為のエリアは。
CIMG0349.jpg
蓮の葉が幾重にもかさなり底が見えませんでしたが親父間引きをして底が見えるようにしてこの部分にまだ生きていた出目金を放しましたが今日は見つける事が出来ませんでした。蓮の葉は秋になれば枯れて根だけが見えるようになるのですがちょっと間引きしすぎたような気がします。そしてすぐ側には。
CIMG0351.jpg
キューイフルーツが今年も無事実をつけています。小さな物、形がいびつな物はもぎ取り実を大きくしようとしているのですがその効果の程はまだ分りません。海のほうは昨日予報とは違い凪だったので急遽6時に出港し鱈釣りに行ったのですが散々な結果に終わりました。その為画像はありません。まず電動リールのトラブルで180mを手で巻き上げその後も魚探の反応を見て降ろすと助宗ばかりで鱈がきません。潮は上潮で0.4位で最高のコンデションなのですが3~4キロ位の食べごろのが5本だけで後は助宗かほっけより小さな鱈ばかりで可哀そうにと思い逃がしてヤリますが自力で潜っていく事は出来ずにカモメの餌食になるばかりです。そんなで釣りを諦め7時30分帰港しました。完全に鱈の群れが入れ変わったみたいです。早く南下するブリが来ないかなあと思うキナンポ親父です。そういえば今年はシイラを釣った情報はまだ聞こえてきません。餌のいかがいないからでしょうか?

JARL渡島桧山43回支部大会

CIMG0336.jpg
新幹線開業に湧く木古内町郷土資料館で行われ島からはJA8PDI局と親父が参加しました。廃校になった旧鶴岡小学校を利用した場所で建物も新しく廃校にするには勿体ないような建物ですが支部大会は体育館部分で行われました。函館市からちょっと離れているので参加者は例年より少なかったのですが若いJARL会長からは災害とアマ無線、移動運用など興味深い話があり参考になりました。そして奥尻島アマ無線クラブはJA8PDIの頑張りによりクラブ対抗でなんと2位に!
CIMG0344.jpg
今や奥尻島にJA8PDIありと言われる位アクティブな局になったPDI局のおかげで親父は只表状を受け取る役だけで木古内町へ馳せ参じるのです。途中W社長を新函館北斗駅まで送りそして木古内へ向かったのですが少し時間があったので知内まで足を延ばし昼食をとる事にしたのです。木古内の道の駅はいつも混んでいるとの報道があったので知内のかき小屋番屋へ行く事にします。親父のカーナビは11年前のナビなので新函館北斗からは道なき道を走り茂辺地まで着きます。メカに強いPDIにスマホでの道案内をお願いしますがルートが表示されたとたん親父のスマホは電池キレでPDIはフエリーの中で使いすぎすでに電池キレなのです。
CIMG0335.jpg
そして知内名物のカキを頂いたのですがこの時期は釧路の仙法志のカキだそうです。知内は季節が限定されるのですが仙法志は一年中供給できるのだそうです。おやじ生カキが好きなのですがやはりこの時期はちょっと不安なものがあります。二人で満足しながら食しているとなんとあほう焼きなるものが?
CIMG0334.jpg
あわび、ホタテ、うにの三種類を焼くのだそうですがこれをあほうと言うのは可哀そうですがこのネーミングがまたいいですね。島もこうしたおしゃれ心が必要かも?そして隣の郷土資料館(いかりん館)には海臨丸の巨大な錨が。
CIMG0341.jpg
沈没地点の海中から引き揚げられたものだそうですが船が600トンもあるので北前船の錨とは重量感が違います。北前船の錨は人力で引き揚るのですがこのサイズでは巻き上げ機でなければ不可能でしょう。木古内町長の話も大変興味をそそる内容でやはり錨の年代測定から生産国の特定まで話の内容に引き込まれました。木古内町の現在を作り上げた自信からか自信に満ち溢れていました。親父も北前船の錨の年代測定したいのですが聞きそびれてしまいました。

W社長の鱈釣りⅡ

CIMG0330.jpg
約三週間ぶりに新幹線を乗り継いでまた鱈釣りにW社長がやってきました。親父昨日は所要で函館にいた為W社長を新函館北斗駅まで迎えに行き奥尻着は21時で五時出港です。いつもの宮津沖の根は朝早くは凪でしたが次第にヤマセの波が立ち始め終始社長一人の釣果でクーラー三箱半です。最初は潮の動きは全くなく風によりちょっと流されると言う非常にまれな状態で鱈も前回に比べやはり小型化しています。親父先週日曜日の釣りも鱈が小さくなり群れが変わったのではないかと感じたのです。
CIMG0329.jpg
そして黙々と釣り上げる社長ですが今回は海の変化を感じました。先週は全く釣れなかった助宗が数多く釣れそして良い形のほっけが四本つれなんとかじかまで連れたのです。助宗の群れは魚探に映りはっきり分りますが釣り方を工夫しれば数多く釣れそうです。
ほっけは体が黄色くなり根ほっけだとすぐ分り海も秋に変化したのが分ります。この頃になるとヤマセ波が立ち何かで体を支えなければ立っていられません。そしてトラブルが!
CIMG0331.jpg
今日の社長の釣果ですがクール便の送料はいくらだと思いますか?親父買った方がうんと安いと思うのですが。箱だけで7000円もするのです。トラブルとは波が立ってきている時にセフテイモニターの水油分離機のライトが点灯したのです。今年三度ほど点灯したのですがその時はいづれも帰航中で港のすぐ側で点灯し係留してから友達を頼み直してもらったのですが今回は奥尻海峡の約三分の一地点途中エンジンが停止しないか?心配になります。すぐにOさんに電話し忠告を仰ぐとスローで走ればエンジンは停止しないのではないかと言う事で帰港しますがヤマセのチョピーな波の為スローでは遅くて針路を保持出来ず漁船並みの12マイルだと針路を保持でき無事港に入港できました。午後から早速O君が来て直してくれますがたとえば瀬棚や大成でなったりしたら大変だからと言い直し方まで親切に教えてくれます。本当に助かりますが海の男たる者このくらい覚えておくのが常識なのですが親父本当に不器用でメカ音痴なのです。いつもすぐに駆けつけてくれる友人達に感謝です。

| ホーム |


 ホーム