FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

迎え火

DSCN0112.jpg
19日の暴風雪による海難で残念ながらまだ一人が行方不明なのですが迎え火をして待っています。海上保安庁、地元水難救済会による捜索は終わったのですが松江地区の人達はまだ捜索を続けるそうです。多分海岸地方の人たちは海難事故で人身事故で行方不明の場合海岸でたき火する習慣があります。多分暗い海の中でも陸が見えるようにここに帰って来なさいと言う意味があるのでしょう(これはキナンポ親父の考え方です)から真偽はわかりません。今回の海難にかんし奥尻町の稲垣学芸員がFACEBOOKUに投稿していますが簡潔な文章の中に気持ちが表れていますので転載します。

日曜日に奥尻の漁船2隻が行枝不方不明になり、捜索していたのは各種報道の通りであるが、本日2隻とも転覆し、うち一人の船長が収容された。
老齢の船長は船と身体を結びつけていたという。
発見されやすくする為の配慮としたら、心中いかばかりであったか。
海の男の生き様を見た気がした。。。
巡視船から下ろされるのを手伝い、病院まで搬送した。
担架の重さが事の重大さと生命の重みを感じさせた。

TVの映像では青いカッパの上にオレンジの救命胴衣を着けロープでつながれていたのを確認できました。親父このことをTVで放映される前10時過ぎ漁師の奥さんに聞きああ覚悟していたのだな、立派な人だなあと思って感心しました。発見したのは青苗の漁船、2隻めの発見も青苗の漁船だそうです。さすが地元の漁師、風と波と潮の流れを読み頼りになります。
P1000276.jpg
青苗港に上げられた遭難した二隻ですが1隻は船外機がありません。波浪の激しさが想像されます。二隻とも磯船ですが磯船はあわび、ウニとりなどおもに磯周りに使用されるためローリングしやすくなっていますのでどちらも両脇に浮力材を取り付けています。しかしあの突然の火たきつける吹雪(陸で言うホワイトアウト)ではとても持ちこたえられなかったのでしょう。冬の海、持ちこたえての2,30分でしょう?。迎え火の元に帰り家族を安心させるされる事を望みます。海は豊穣の海ですがときには恐ろしい牙をむきます。所詮人間は自然にはかなわない事を確認する必要があるでしょう。
スポンサーサイト



トラクター直る、遭難?

今朝9時半に冨里のKさんが来て溶接したうえ補強したアームを持ってきて直してくれました。その上グリスアップやデフロックの操作やスタッグした場合のバケットの操作などいろいろと教えてくれました。ありがとうございました。ここ数日の暖気で重いい雪で親父が腰痛がひどくなり鎮痛剤を増量して除雪をしています。トラクターのありがたさを感じました。それでまた除雪をしていると広報おくしりが青苗水難救済会会員は組合前に集合するようにとの放送が入り午後からは奥尻水難救済会員も集合するようにとの広報が入る。聞いてみると松江地区のマス釣り漁師が行江不明とのこと。港へ行くと大型漁船が捜索に出ています。今日は午前中は凪ですが天気予報は午後から急激は天候の悪化が予想されフエリーも午後から欠航で大荒れなのです。島ではこんな天候を火たきつけて吹くといいます。明日また捜索に出るそうですが無事発見される事を祈ってます。親父最初に釣りを始めたころ漁師さんからひたきつけて吹いてきたらアンカーを引き上げずそのまま居れ、濃霧で方向が分らなくなったらアンカーをうちそのまま居れ!と教わりましたが。

佐藤義則野球展示室

P1000244.jpg
奥尻出身の投手で40歳でノーヒットノーランを成し遂げた名投手です。昨日日本中の話題をさらった楽天の投手コーチでマー君の育ての親でもあり日ハムのコーチでもダルビッシュ投手も育て世界に通用する投手を二人も育てました。NHKテレビでも午後10時から特番で1時間も放送されたまさに奥尻の輝ける星です。野球はあまり詳しくない親父ですが日ハムが日本シリーズに進出し札幌ドームでの初戦親父は初めて野球の試合を見物した記憶があります。その時はエースが投げ4番がホームランを打ち完全な勝ちパターンで勝ちましたが気持ちの良い試合でした。僕の一列前左には今の札幌市長(名前が出てこない)が観戦していたので良い席だったのでしょう。そういえば先日のサンデーモーニングで張本さんが田中投手をほめる前に佐藤コーチを誉めるべきだ?といったのを覚えています。いずれにせよスーパースターを二人も育てたのはやはり佐藤コーチはやはり超すぐれたコーチであることは間違いないでしょう。パークセンタービルの屋上には奥尻レピーター(439.74MHZ)のアンテナが設置されNHKの情報カメラが設置されNHKの気象情報の時奥尻の映像が流れるのはこのカメラの映像です。

冬の鯉

トラクターが壊れてから毎日大雪が続きバテ気味で毎日雪掻きでトラクターのありがたみが分りましたが前輪のアームが折れたのが故障の原因でイセキの人が朝6時から分解し部品をもって江差に帰り部品はもうないので溶接して修理することになりました。多分直るのは日曜日頃で近所の人達もトラクターのありがたみを分かったはずです?
P1000259.jpg
雪の中の池の小屋です。小屋を作る前は角材を渡しブルーシートをかけて冬を越しましたが今は鯉、金魚の様子を見ることができます。池の中央にはシバレテもいいように古いタイルの風呂置けを一段深く入れてあり池が凍っても良いようにしてあります。
P1000237.jpg
ゆっくりと泳いでいますが金魚、小さい鯉は一塊になりあまり動きません。池に使わない網戸を入れ鯉と金魚達をわけてあります。金魚が鯉に食べられないようにするためですがそのほうが金魚達のストレスも無くなるでしょう!
P1000236.jpg
金魚、昨年買った鯉たちです。見たことのない小さな金魚もいます。そういえば婆さんが金魚が生まれたと言ってたからその金魚かも?池の中でも自然に繁殖するのなんてキナンポ親父知りませんでした。

トラクターの故障

今日も大雪で約20センチぐらいの雪が降り日曜日なので周囲への騒音を考え7時すぎから除雪を始めるが最初は順調に動いていたが8時ころハンドルを回していたら突然バチンと音がして左の前輪がハンドルの切るほうに動かずふらふらとしている。降りて見てみるタイロッド?のさきの鋳物が折れている。P1000255.jpg
これが折れた所で動かすことが出来ず万事休す。雪は降り続きついに諦め除雪機で投げ始めると今度は除雪機のピンが切れすぐ直すがまた20分ぐらいするとまたピンが切れる。きょうはなんとついていない日曜日なのか?
なんとかトラクターが直らないと腰痛持ちの親父には大ピンチであと2か月も除雪できません。17年位前の中古トラクターなので部品があるのか?心配です。それで今度は軽四トラックのあおりを雪投げ用の高いのに変える。
P1000257.jpg
今度は除雪機でトラックの荷台に雪を積み込み港まで行き海に投げます。投げるのはダンプなのでスイッチ一つで投げれるので簡単です。これならば腰に負担がかからないので楽なのですが仕事がはかどりません。その上今が決算期なので忙しいのです。奥尻は雪の堆雪場所がありませんので海に投げますが港へ行くと何台もの軽四が雪投げしています。トラクターよ一刻も早く治って!

今年一番の大雪

今日は今年一番の大雪で15センチ位の雪が降り6時半からトラクターで12時過ぎまで途中30分の朝食をはさみびっちりトラクターに乗り続け降りてもまだ体がふらふらする。車と違いトラクターはスプリング?がないので地面の凹凸をもろに受けます。午後から婆さんを整骨院に釣れて行った帰り鍋釣海岸で雪の鍋釣岩を発見!
P1000250.jpg
誰が作ったのか?遊び心いいですね。鍋釣岩の上に生えてる木はヒロハノヘノボラズと言う木で棘が沢山あり蛇も登れないと言う意味だそうです。奥尻には鍋釣岩と北追岬公園にしかないそうで秋には赤い実をつけるそうです。
午後からは今年二度目のボートの除雪です。
P1000251.jpg
雪で埋まっていますが約30分で除雪完了です。海にはマス釣りの船が2,3艘でていますが三日前は小さいマスが2箱も釣れたそうです。ここ数年は1月はこの小マスが大魚でマスが大きくなる4,5月は釣れなくなります。桜が咲く頃釣れるから桜マスと言うのですけれども。

おじろ鷲

昨日高校時代の友人K君から久しぶりに電話があり近況を語りあったがブログを見たみたいであれはおじろ鷲ではないか?というので早速ネットで調べたら大鷲の幼鳥ではなくおじろ鷲であることが確認できました。色といい大きさといいくちばしの色で確認できました。
DSCN0076.jpg
そういえば以前赤石地区で電線に止まっているのをみて大鷲と色も違うのでミミズクの大きいのではないか?と思いカメラを向けるとすぐ逃げてしまいました。昨日も前回みた同じ木に止まっていました。昨日は東京から来たお客様をのせていたので写真は撮れなかったのですがあれがおじろ鷲ですと説明し大鷲との違いを説明しシベリアから来ていると説明しました。

HACの機材整備

11日飛行機が奥尻空港に着陸した後機材整備の為函館に向け離陸出来なくなり3日間奥尻空港に駐機したままです。昨日所要の次いでにみに行きましたら奥尻空港には格納庫がないので寒風吹きすさぶ中整備士が右エンジンをあけ整備していました。整備士は部品を持ってフエリーで来て整備しているのでしょう。P1000245.jpg
今日は時間遅れで飛び立つみたいなのですが?今日明日とお客様の予定が入っているのでぜひ飛ぶよう願っています。
冬期間それでなくても暇で雪掻きで1日が過ぎるような状態なので貴重なお客様なのですから。
P1000249.jpg
はじめてみるエンジン内部の様子です。カバーをあけている様子をみるとここが故障個所なのでしょう。雪が降り強風のなか整備知る人は本当に大変でしょう。無事飛び立つことを!帰りはまた長浜海岸で大鷲発見。
DSCN0075.jpg
止まるすぐ下で重機が音をたて工事しているのですが、マメラを向けても逃げません。家に帰り良く見るとくちばしも黄色ではなく胸の羽根も白ではなく茶色っぽい色をしています。親父大鷲に関して知識は全くありませんので幼鳥かな?と思うのですが確かではありません。でも大きさはいつも見るくらいありますし、警戒心はまだそんなにないように見えました。誰か知ってる人いたら教えてください。

HAC

トラクター埋まる

トラクター埋まる
今日は朝雪掻きをしなくてもよくまた長浜海岸へ大鷲の写真を撮りに出かけ、またいつもの木に止まっている大鷲を見つけ車を路肩に止めカメラを持ってきずかれぬよう近ずきカメラを構えるとすぐ飛ぶ立つ。先週もつがいの鷲を見つけ近ずくとすぐに飛び立つ。先週は黒い目立つ服装をしていたので目立つので逃げられたと思い今日は目立たないように白っぽい服装で出かけたのですがやはりすぐ逃げられました。毎週出かけるので大鷲に目をつけられたかも?そのご西海岸をめざすも雪で前がみえず引き返すと5センチ位の積雪がありトラクターで除雪をはじめ家の前の除雪を終わった所で埋まってしまう。そのごタイヤのしたに角材を入れたりワゴン車で引っ張ったりバケットで車体をもちあげたりしても全く動かず万事休す。其の後総合サービスの社長に救助をお願いすると今除雪中だからちょっと待ってという返事がありやがて来てくれて牽引して脱出に成功。やはりタイヤショベルです簡単に引っ張りだしてくれました。感謝です。トラクターの前のコンクリートは防潮堤でやく4mの高さがあります。地震前は1mの高さだったのですが親父の所で約6mの津波が来たので大手ゼネコン(戸田建設)が来てかさ上げしたのです。堤防が1mなら直接海(海岸)に投げられるのですがこの高さですとトラクターでは不可能ですので防潮堤の高さまで雪を積み上げ海に投げようとしたのですが親父土木作業の経験がないので積み上げた雪を固める作業をしていなかったのです。だから今回のスタッグをしてしまいました。やはりキナンポおやじです。社長ありがとうございました。また今日は地区の長寿会の会合があり年寄りはみな会館で会食をして留守でしたが親父午後から除雪に行くと年寄りの家の前が綺麗に除雪してありました。近所の奥さん達が除雪してくれたのだそうです。田舎の良い所ですね、相互扶助。今日は日曜日で道道は1回の除雪、町道生活道路は除雪しませんでした。日曜日だからと言って生活道路を除雪しない行政には疑問に思います。

iいか大漁? 結果は?

いか大漁?の翌日キナンポ親父は函館の病院へ。午後から4軒の病院を受診し夜7時に終わり翌日もう1軒を受診し天候の悪化が予想された為札幌へは行かずに島に帰りました。が7日家からメールがありいか一箱もらったけどどうするか?と連絡があったので出漁した船は皆大漁なのかと思っていました。今日聞いてみると午後1時に出漁してもこの日は全く釣れないで午後10時頃にはほとんどが帰航したのだそうです。で奥さんが皆帰航したので帰ったらと電話したら凪がいいのでもう少し居ると言ったそうです。その後12時頃から潮が変わったのか釣れ始め300箱も取れたそうです。一箱3,000円として**万円すごいですね。やはり漁師は取れば大きいし取らねば赤字、博打?みたいものかも?でもこの大漁した人はいか釣りに閑しては桧山一と言われる人やはり何か違うのでしょうね!魚探、ソナー、設備は同じでもやはり漁師のひらめき、感が左右するのでしょうね!キナンポ親父は気が短いのでなにも釣れない状態で10時間も待ち続ける事はできません。普段の釣でも直ぐ釣れなければ場所変えするのが一番早いのが親父ですから。もし漁師になっても大漁は出来なかったでしょう。

いか大魚?

P1000241.jpg
今日6日のイカ釣り漁船の様子です。この正月の飲み喰いで体重が約2キロ増えメタボ体型がますます増加して?十キロ目前になりそれはイカンと思い立ち昨夜6キロのウオーキングをしましたがその時はたった1艘だけがイカ釣りをしていました。岸から近かったのでやりいかでも釣っているのだろうと思っていましたが今日午後からイカ釣り漁船がどんどん出港して行き親父が上架している赤石漁港には4隻のイカ釣り漁船がいますが全部出港しています。10年位前も正月過ぎから15日頃まで大漁が続いた事がありました。また大漁が続けば漁師も喜ぶのになあ!島の名物モニュメントうにまるですがうにの棘の先の電球が切れているのか点灯していなく寂しそうです。奥尻町の財政が厳しいので修理できないのかそれとも点検もしていないのか?寂しい限りです。

大鷲

2日は函館へ出かける予定がフエリーは江差にいる為欠航、天気図をみて2日はフエリーはダメと思い年末のうちに飛行機を予約しておいたのですが丘珠空港大雪で除雪の為早々と欠航が決まり棚卸をして夜はTVを見ながら自棄酒。今日はフエリーが来るのでまた新聞が週刊誌のようになってくるので読むのに3時間もかかります。また鷲を探しにいつもの長浜海岸へ。DSCN0044.jpg
するといつもの木のもう一本の木に今度は山側を向いてまた大鷲が。やはり持つてが震え画面に収まりませんがなんとかシャッターをおすがこんどはすぐ飛び立ちました。DSCN0050.jpg
飛び立った後ろ姿ですが飛んでいる状態を望遠でうつすのは難しのを感じました。この木がいつも止まっている二本の木です。
DSCN0051.jpg
下の木は1日に止まっていた木です。カラスが止まっている木が今日三日の木です。昨年もこの下の木に止まっていたのでこの辺がポイントなのでしょう。そういえば昨年海老原建設のAさんが通勤途中大鷲が海でゴッコを採り上昇途中ゴッコを道路に落してしまいそれをゲットしたと話していました。そんな場面に遭遇してみたいと思う親父でした。正月早々欠航にみまわれ自棄酒で二日酔いの今年も行き先が案じられるキナンポ親父です。

今年もよろしくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます。いつも誤字、脱字だらけのキナンポ親父のブログを訪れていただきありがとうございます。最初は画像をUPすることも出来ませんでしたがなんとか教えてもらい9か月になりました。今日の奥尻は午前中は嵐の前の静かけさか船は出ましたが島に戻りません。午後になり強風が吹き荒れています。年賀状の整理をして午後からは暮れからまだ一度も大鷲を見ていないのでカメラを持って長浜海岸へ。すると昨年2月に撮った同じ木になんと大鷲が。
DSCN0034.jpg
昨年と同じようなポーズでいます。今昨年の写真とくらべてもほぼ同じです、さては同じ鷲?もう一枚はこちら。
DSCN0041.jpg
これは場所が違いますが山の頂上近くで50倍でこの大きさにしか撮れませんでした。50倍にすると視野が狭くなり手が震えピント合わせるのが大変です。三脚ともっとズームできるのが欲しくなります。その後青苗灯台から室津島との間の波浪を撮ろうとしましたが強風で帽子がとばされカメラを構えても風のため定まりません。結局あきらめて退散!大鷲は海にかんしては不漁ですが山にはネズミが異常に繁殖しているので食べ物は困らないでしょう。4尾ほど長浜海岸で確認しました。今年はどんな年になるのやら?島にかんしては残念ながら昨年より景気が悪くなるのは確かなようです。こrはキナンポ親父の予想なので分りません。ちなみにキナンポとは奥尻ではマンボーのことでいつも海の上で寝ていて船が行っても逃げず船にぶつかるのだそうです。そういう人の事を島では昔キナンポ野郎と言っていたそうです。まだまだ説はありますが。だからキナンポ親父です。

| ホーム |


 ホーム