FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

久しぶりの感動

今日は道北の町から来た知人(大人二人子供二人)と鱈つりに出かけました。昨日から予報があまり良くないので日が昇って海上を確認してからの出港でしたが波があるので子供は行かないほうが良いと言ったのですが酔い止めを飲ませているから大丈夫と同行する事になりました。港内はもちろん凪ですが防波堤を出ると激しく船体は上下左右に揺れます、いつもは8分で着くぽいんとが15分もかかり最初はジェットコースターみたいと喜んでいましたがそのうち恐怖感からか船酔いのためか顔色は白くなりダウン。大人二人は釣りに一生鶏鳴で子供達は吐き始め動くことも出来ない状態でもう帰ったほうが良いのでは進言するが父親はこれも経験といい釣りに夢中。あまりに吐き続けるので脱水症状が気になり水を飲ませ背中をさする。気丈にも帰るとは言わずがんばり続けるがここで仕掛けが絡まり船上では簡単にほどく事が出いないような状態で釣りを諦め帰航することに。釣の様子を撮りにデジカメを持って行ったのですが可哀そうでとれませんでしたが父親はスマートホンでパチパチこれも経験といい釣りの合間に介護していました。こんなに酔ったらもう二度と船に乗らなくなるのではないかと心配する親父でしたが
岸壁に上がると青白い顔で大きな声でありがとうございましたと一礼するではありませんか!親父大感激です。あんなに苦しみながらもきちんと挨拶できるとは。このような子供がいるうちは日本の未来は明るいとキナンポ親父は自分の小学校時代を思い出し感激した親父でした。
スポンサーサイト



今日の鱈


 久しぶりに凪になり、六時半出港しいつものポイントへ。すると釣り仲間のK君が帰ってくるので無線で聞くと波がダボラメイテ来たとのこと。予報では南西の風6mとのことたいした事ないべとおもいいつものポイントへ。だがこの日は下潮で風と反対で潮波がたち最悪のコンデションで105ポイント投入してもスケソばかりで105ポイントもスケソに占領された感があり鱈はサッパリ。これが今日最高の5キロの鱈です。やはり下潮だと魚は喰いが悪いというジンクスは本当でした。この日は良い型が2本、3.5キロが3本、ポン鱈5本スケソ多数、やはりほっけはかかりませんでした。やはりほっけは幻の魚になるのか?

林道から見た青苗


 親父お気に入りのスポットからみた青苗地区です。20年前の大震災で津波と火事に襲われ壊滅的被害を受けましたが現在は港も防潮堤も整備され街並みも綺麗に整備されています。残念ながらこの画像はピントが合っていあません。そのうえ画面の中上にまるい霞みがあります。多分デジカメの中にゴミが入っているのでは?どの画面にも形を変え映ってますので背後霊ではないでしょう。ピントが合えばもっともっときれいです。親父おすすめのポイントです。この林道はこれからきのこ、春には竹の子が取れる場所へと続きます。

青森ヒバの下刈り


今年五月22日植えた60本のひばの下刈りを行いました。雑草に囲まれひばが見えない状態でしたがSさんに手伝ってもらいきれいになりました。昨年植えた60本のひばは雪の重み斜面にそって曲がりましたがヒバは丈夫で垂直性があると言う通り58本が元気に真っすぐ伸びています。今年のひばはいまのところ枯れないで生きています。多分間伐した杉林のなかであまり日当たりが良くないのが良いみたいです。今年はキナンポおやじの家は孫ラッシュで壮希、美晴、叶真の三人の新しい命が誕生したので赤、黄、青の杭を射ち色分けしてあり三人に寄贈しました。この赤は壮希のですが壮希と美晴は島にいないので親父が草刈りしなければなりません。いずれにしても気の長い話でこの孫の孫の代でなければ商品にはならないでしょう。その頃の奥尻は無人島になっているかもしれませんが先祖がこの奥尻島にいて生活していた事を思い出してくれれば幸いでしょう!

海上散骨


 今月16日島出身で先月本州で病気で亡くなった方の散骨を頼まれておこないました。あいにくの小雨模様でチョピーな波でしたが島のシンボルなべつる岩沖合で僧侶の読経の中しめやかにおこなわれました。キナンポ親父も海上での散骨が希望のため興味があり引き受けました。育ち盛りの二人の息子を抱え母親の胸中は察しられるものがありますが息子さん夫に見守られ白い菊の花と共に海に散骨されました。散骨というから骨かと思ったのですが長野県の専門業者に粉にしてもらったそうです。市役所で分骨証明書を発行してもらうなどそれなりの手続きが必要みたいです。勉強になりました。どうか故郷の海で心やすらかにおやすみください。そして島の行く末を見ていてください。合掌

気象庁津波地震検知網 奥尻観測所


 奥尻にある津波地震観測所です。島人でもどこにあるか分からない人が多いと思いますが、東北の大震災後停電でも観測し情報を気象庁に送れるようにバッテリーを取り付け一週間バッテリーで持ちこたえられるように二年前に改修されました。海岸から約1キロも入った山の中にありますがすごい感度だそうです。聞いた話によりますと
100m離れた所の車のドアを閉めた振動もひろうそうで気象庁にいても奥尻が時化ているか分かるそうです。全国にこのような観測所が30(親父の記憶)以上あるそうですがこのような精巧な設備をしても地震の予測は難しいのでしょうね。場所は内緒です。沢山の人が見に行って誤作動すれば困るから。

鱈の鯉のぼり


本日2回目。澄んだ海170Mから釣れた鱈とスケソです。上がスケソで下2本が鱈です。4本針に3本かかりました。夏なら4本全部が鱈なのですが9月に入りスケソ、ほっけが釣れるようになりました。釣仲間のKさんによるとスケソには卵が入っているそうです。親父はスケソは食べませんのですべておすそわけです。澄んだ海これが奥尻の宝です。島の海は透明度25Mをほこります。

今年一番 9.5キロ


いつものぽいんと105、上塩潮0.5マイル、海上ベタ凪体長1M.親父の長靴がめざわり。

長浜海岸に咲くオニシモツケ


今日空港に行く途中長浜海岸にきれいな白い花が一面咲きみだれていました。親父は草と花の区別もつかない無粋な人間ですがこの前の奥尻エビネ以来花にも興味を持つようになりました。きっと歳のせいかもしれません。ちょっと失礼して持ち帰り奥尻花付図鑑で調べるとオニシモツケとありました。奥尻復興の森でさくのが六月下から7月上と書いてあります。9月上に咲くとは季節が狂っているのでは?親父の記憶ではこんなに咲き乱れているのはありません。いままで咲いていても花に興味がないので気が付かなかったのかも。シモツケと言うなは確か小竹さんの実家にも赤い花が咲いていたのは確か7月中頃でした。白と赤では約2か月も時間差があります。不思議ですね。島の生態系が乱れているのかも?キナンポ親父のように狂い咲きしないでね!

今日の鱈釣りと竜巻


 船の配線関係のトラブルも昨日完全に直りましたので今朝はベタ凪で試運転をかねて鱈釣りに6時出港。いつものポイント105へ一直線。すると4本の針にすぐ3本の鱈が喰つき絶好調の予感。しかしその後ポイントを変えてもスケソ,鱈、スケソと食いが悪くそして良い型の赤いほっけが釣れる。もう夏の鱈は終わり秋の鱈の予感がする。そうこうして15本釣揚げた時東の空から真っ黒い雲がきたスコールのようなどしゃぶり。この時7.50分キャビンに入りやり過ごすがすると和船に乗った漁師が来て東の空を指さすとかなたにはうっすらと竜巻が見えます。TVでは何度もみているのでこれはヤバイと道具もかたずけずに一路奥尻港へ。非常に逃げ足の速いキナンポ親父でした。多分あの漁師は逃げ足が速いと笑っていたでしょう。親父は原則としてカッパを着て釣りはしません。そんな状態のときはほとんどが時化の時ですから。そして港に着いて雨降ったと聞くとなんも降って無いとのこと。局地的な状態だったのでしょう。親父あわてていたので良く撮れてませんが、右に鳥のように見えるのがカメラについたゴミで真ん中上から下に筋のように薄くみえるのが竜巻です。親父年を重ねた割にオッチョココイなのでもうすこし冷静の撮れば良かったと反省しています。すぐ竜巻が来るような状態でなかったのに。

JARL渡島桧山大会


9月8日北斗市久根別く~みんで40回渡島桧山支部大会が開催されキナンポ親父も参加してきました。前日は40周年記念前夜祭が行われ義理堅く前夜祭にも参加しました。なぜこんなに義理堅いかというと奥尻島アマチュア無線クラブの会長をしているからなのですが残念な事にほとんど休眠状態なのですが副会長のJA8PDIはアクテブに無線を楽しんでいます。全国に奥尻にはJA8PDIあり言われる程です。キナンポ親父は毎月8日午前6時に行われる北海道アマチュア無線非常通信ネット構築訓練と支部でおこなわれるコンテストに球島山からモービル運用するだけなのですが楽しみは人生リタイア後にとっておきます。20年前の震災で仲間の小野君を失いましたが全国のアマチュア無線仲間の募金でウニマル公園に奥尻レピーターを設置してもらいハンデイ無線機を貸与してもらうなど無線仲間には大変お世話になっているからです。だから少しでも奥尻から声をだし全国の仲間に奥尻郡をサービスしたいのですが、今は仕事第一なのですが釣りが第一だろうと言う声が聞こえてきそうです。

今朝の函館山


今朝の小雨の函館山です。キナンポ親父は脊椎管狭窄症と○○と○○と○○で函館の病院に通院していますが昨日は3軒の病院を受診する予定だったのですが最初のTクリニックが異常な混み具合のため二つしか受診できませんでした。脊椎管のほうは保存療法を選択したため薬を服用しなんとか病状を和らげていますがいずれ手術が必要になるそうですが自営業のため長期間の休みが取れません。現在はなんとか動く事ができますのでオペは人生リタイア後でしょう。時間に余裕が出来たので長期間入院していりN君を見舞いにN病院へ、ちょうど夕食時にかかりN君は車椅子に自力で乗りすいすいと食堂へ、以前とは比べものにならない回復力、その上ノートPCのような名前はわかりませんがPCを使いこなしキナンポ親父のブログまで見ていました。まわりの患者さんに比べると表現が悪いですが健常者のようにです。これは昨日お世話になった友人のMSから見た函館山です。

悲しい別れ



20分まえの壮希です。笑顔がかわいいです。笑うと目が見えなくなるほど目が細くなり大きな口をあけて笑いの左の頬にはえくぼができます。ようやく人見知りからなれたのに今日の12.05分発の瀬棚行で島を後にしました。近所の人は帰るころ慣れると言いましたがまさにその通りです。夜泣きもせず離乳食もじょうずに呑み込み順調に育っています。願わくばこのまま素直に育って欲しいものです。陸続きなら車ですぐに見に行くことができますがここはビザなしで来れる海外ですから周りはしょっぱい川が流れているというハンデイがあります。次はいつ会えるのやら?来年にはもう歩いているはずですからもう抱っこしなくて済みそうなのでキナンポ親父の腰痛も解消されるはずですが今度は歩くスピードについて行けるか?という心配があります(笑い)いつになっても心配の種は尽きないものですね。服の錨の模様は娘の気配りか?海のすきなキナンポ親父向けか?うれしいですね。やはりキナンポ親父はじじ馬鹿でした。

| ホーム |


 ホーム