FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

またまたソイつり


 今朝は目覚ましなしで午前三時に自然に目が覚める。年寄りの常で一度目が覚めると寝れないので眠い目をこすりながら三時半出港。沖にはまだ操業中の漁船が三艘。いつもの場所に直行するも上潮が1.4マイルほどで昨日と同じく早いが今日はポイントが良かったのかすぐつれだす。
今日はおおなごよりいかの一杯かけの方がよく釣れる。今日もダブルでヒットすれば釣られるソイの後からまたソイがついてくるのでキナンポ親父もかわいそうな複雑な感情になるがこれが人生かわいそうだが仕方ない、逃げたソイよ おいしい餌には棘があるのだよ今後おいしい餌には気をつけなさいと智し七時に寄港。今日の釣果は黒13本真ソイ7本でした。ポリ箱に入っているのが真ソイです。なれないと見分けがつかないかも。、
スポンサーサイト



今朝のそい


今朝は四時起床の四時半出港で仕事のため7時7時10分寄港。最初は上潮が速く1.7マイルもあり今一でしたが五時半頃かれ潮だだるみ始め釣れだす。きょうは始めは甘食いがおおく餌だけとられたが潮がだるむとおおなごに喰いはじめた。いつもならいかの一杯掛けのほうが喰いが良いのだがきょうはおおなごの勝ち。
ダブルでヒットするとその後を追ってソイがついてくるのをみてもう1本針をつけていれば良かったなあ、と思うよくばりななんぽ親父でした。合計大きなので55、計15本あぶ1本でした。

剪定後の五葉松


剪定後の五葉松です。したのあるのが充電PAC式のバリカンです。全体のバランスを考えながら新芽を刈るように枯れた葉を採りあまり混まないようにしたつもりなのですがいまいち?でした。勉強しなくては。トラ刈になってます。これでも一本に一時間かかりました。

剪定前の五葉松


今日は島の三大祭りの一つ賽の河原の祭りです。海はベタ凪で最高のソイ釣り日和ですが沖止めのため釣りは自粛。(本当は祭り会場の海上が釣り場のため遠慮)。年を取ると目が自然に開いてしまいます。不思議ですね。若いときは昼過ぎまでも寝れるのに!

垣根の剪定

垣根の剪定
垣根の剪定を行いました。昨年は友人から電動バリカンを借り行いましたが今年はバッテリー充電式を買い行いました。真っすぐにを心がけ一生懸命したつもりですが途中、小山になっていました。これはキナンポ親父の心がまっすぐでないという証明?そのとうりと言う声が聞こえてきそうです。早く修正しなくては!左側にあるのは高野杉と言って道南辺りが限界といわれめずらしいそうです。

黄そい


16日またまたソイの呼ぶ声が聞こえ?午後五時O君K君を誘い出港。今回はいつもとポイントを変え、20ノットで30分かかる西海岸のK地点へ。ここはポイントが非常に狭く常に操船しながらポイントを維持いなければならないので船長には不利なポイント。案の錠自分以外の二人は順調に釣り上げるが自分はいまいちながらここは黄ソイが良く釣れる。今年は例年に比べ黄ソイが釣れる確率が高いようい思う。この黄ソイで45、ながらで55位でした。K君は20、O君は15位、自分は10で最低でした。釣れたのは船長のおかげ、ってことでこの大物はK,O君からの(やく)としてプレゼントされました。(や)くを覚えているのはキナンポ親父の世代?

つつじ

100年たった(?)つつじ
今朝池の濾過機の具合を見に行ったら綺麗なつつじが咲いていました。婆さんに聞いたらここにきて20数年たつそうです。いぜんはここから一キロぐらい上流で半農半漁で生計を立てていたTさんのものを譲り受けたそうです。そういえば親父の記憶の中にも大きな池がありおたまじゃくしを採りに行ったり大きな栗の木があったりこの地では珍しい水田があったりなつかしい光景が重い浮かびます。Tさんの長男夫婦は津波で亡くなりTさん一家は島にいませんがこのつつじを見るたびかっての光景Tさんが思い浮かびます。Tさんありがとう。

昨日のソイ釣り

昨日のソイ釣り
昨日は夕方ベタ凪だったので友人二人をさそいソイ釣に六時出港の予定でしたが二人共気合いが入っているのか10分前には集合していた。目的地へ着くと和船一隻がすでに操業中、まずはカジカを上げるが其の後はマゾイの小さなのばかり、潮波でローリングし仕掛けを二組を落としラインも途中から切れてしまう。その後ポイントを変えると波は収まり釣れだす。10時母港に向けて帰航。この日の釣果は黄ソイ2、黒13、かじか1でした。ソイはこれから上向くでしょう!

遊漁船業務主任者講習


12日江差町において遊漁船業務主任者講習が行われました。これは遊漁船登録が五年後とに更新登録が必要なため行われるもので業務主任者は必ず受講しなければならないものだそうです。親父も今度海響の業務主任者となるE君と参加、奥尻からは5名江差近辺から9人が参加。前回は奥尻で行われ20人位が受講しましたがその減少が際立ちましたが江差の参加者からも釣り人が減少し遊漁船事態の経営が成り立たないとの発言も!いずこも状態は同じ、特に桧山においては人口減、過疎、売上減という深刻な事態になっている事を再確認した親父でした。良い知恵があったら教えてください。

つつじ 白


ばあさんも性格な名前はわからないそうですが白つつじだそうです。ひときわ綺麗に咲いていました。周りの緑に映えます。本当は早起きしておんこの剪定する予定でしたが起きれませんでした。

しゃくなげ


きょうは海、山の疲れでべた凪にもかかわらず爆睡していまいました。
昨夜ソイ釣りにでかけたあのソイ釣りにかけては最高のコンビの釣果はどうだったか?気になります。今朝のしゃくなげです。この花は札幌へ転居したMさんからの頂きものだそうです。婆さんが管理しているので草一つ生えていません。婆さんが元気な打ちは良いが其の後はどうなるか?心配なキナンポ親父でした。

今日のカレイ


 今日もまた四時に目があきましたので海をみるとまたベタ凪、もう一度寝るべきか迷いましたが年よりは一度目がが空くと眠れないため残りの餌をもっていつもの157ポイントへ一直線。するとすぐに釣れ始めましたがすぐにふぐが釣れ嫌な予感。すかしフグはこの1匹だけで7時半で終了。ふぐをはさんで右が真かれい、左がくろがしら。この後真かれいをダブルでゲット。真かれい11枚黒10枚今日の釣果でした。

多分最後の竹の子

竹の子
今朝はベタ凪でしたがきなんぽ親父は予定どうり某山へ。そのお前に小いかを一箱もらったので大き目のいかを刺身用に、小いかはソイ、タラの餌用に小袋につめ真空をかけて冷凍する。7時30分某山へ軽トラで出発。山に入るとちょうど伸び始め位のがいっぱい。これが小一時間の成果です。違う林道に入ればこれから出始めるところもあるのですがそこは車を降りて15分歩かなければならない所なのでキナンポ親父にはもう無理なので多分これが最後の竹の子でしょう。九時に帰ってくるとまたいか一箱を頂き早速餌用に袋詰め。側では婆さんが竹の子を茹でる準備。海の幸、山の幸に感謝の今日の天気のように穏やかな土曜日でした。
そういえば今日奥尻で結婚式が行われます。島で結婚披露宴があるなんて何年ぶりだろう?記憶にない。

またカレイ釣り


 今日もカレイ釣りにいきましたが北の風、上潮が速くカンカーをうっても風に立たずゴロゴロローリングします。さすが二日続くで釣りに朝早く出かけると寝不足と疲労感でやる気が起きずだらだらと14枚釣り早々に帰港。上が黒がしら、下が真がれいです。真カレイは反対側の尾付近が帰路ですのですぐ判別できます。親父になると朝一度目が空くともう一度寝ようとしても寝れません。本当に困ったものです。

五回目のカレイ釣り

かれい釣り
今日はべた凪、北の風弱く絶好のカレイ釣り日和、
また新婚さんを誘いましたが五時から五分待って居なかったら一人で行ってとのこと。待っても来ないので五時五分出港しいつもの157ポイントへ。水温14度ゆるい上潮でベストコンデションでしたが喰いはいまいち。八時十五分寄港しましたが今日の釣果はカレイ24枚、油子小3本、ほっけ1本でした。残念ながらタコ、カスペは釣れず平凡な結果となりました。まだ餌が少しあるのでもう一度カレイ釣りを楽しみ、以後ヒラメ、ソイに重点を移していきます。海から山からきなんぽ親父大忙しです。一年でこの時期一番忙しいです(遊びで).

竹の子


今日午後からちょっと時間ができたのではじめて竹の子取りに球島山(通称竹の子山)に出かけました。例年なら四月二十日過ぎからこの近辺は取れ始めるのですが今年は山の物は10日遅いというので急に思い立ち、また今日は腰の調子も良いので出かけました。車を降りるとすぐ採れるのですが2年ぶりにきた場所は誰も入山する人がいないのか竹が混んで混んで前にすすめません。その上伸び過ぎです。過疎になると地域が荒れるといううのはただ人口が減るというだけではなく野も山も山菜を取る人も山を手入れする人も減り荒れていくのだなあ思い現実の厳しさを感じました。そして急きょ持って出かけた前掛け入れても大きくなりません。一服して前掛けを調べるとなんと両端に穴が開いているではありませんか。多分採ったものが端から逃げていたのでしょう。画像は竹の子と前掛けですがキナンポ親父は普段はこんな細いのは取りません。今日は採りに行ったという証拠とやはりキナンポだという証明です。

四度目のカレイ釣り


本日は五時出港九時半帰港でO君といつもの157ポイントへ、すでの先客がいていつもより南側へアンカーを投入するも波、風がありアンカーがすぐにひけはじめたためアンカーを揚げ再び157ポイントへ再度投入。するとすぐに釣れ始めきなんぽ親父は25枚O君は17枚で八時頃まで連れていました。途中フグがつれたりしたがほっけはゼロ、油子1本で例年のようにほっけがつれません。前回同様オットセイが見当たらず釣れてもよさそうなのですが!今回はカスペのかわりたこを釣りましたがカレイ釣りにたこはつきものでめづらしくありませんが同乗のO君に外道釣りの名人の称号をいただきました(笑)

すずらんが咲いた


すずらんが咲いた

 庭のすずらんが咲きました。毎日母親が朝早くから夕方まで暇があれ草取りです。花が好きで少しの隙間があればいろんな花を植えています。まいにち暇があれば草むしりをしています。だから余分な草はなく綺麗なのですが曲がりかけた腰がかわいそうでたまに休んだら、誰かに頼んだらと言うとだまっておとなしくしているのなら動いていたほうが良いといいます。幼少の頃から苦労して育っているのでそのようになってしまったそうです。国後で生まれ苦労の連続で一冊の本をかけるだけ苦労したそうです。昭和のおしん(?) かもしれません。まんが一なくなるようなことがあれば残されたものが大変です。以前草刈り機で草刈りしたら花も草も解からず全部刈ってしまったことがありました。庭といい樹木といい手入れが大変でキナンポ親父には重荷です。手のかからない物を残してくれるのがベストなのですけども(笑)

| ホーム |


 ホーム