FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

OPGクローズパークゴルフ大会

DSCN1072_201911080908061b5.jpg
11月17日、日曜日奥尻パークゴルフ場にて今年最後のパークゴルフ大会が開かれることになりました。昨日7日は島でも初雪が降り寒さも強まり冬の到来が予測されたのですが、昨年のクローズ大会は11月24日43名の参加で積雪10センチのなか雪かきでコース上を除雪し、長靴を履いて行い和尚はビックリ仰天したことを思いだすのです。和尚の頭の中にはまさかこんな悪条件の中でPGが出来るなんて思いも寄らぬばかりかクレージー!だと思っていたのです。そして最終的に大会の中止を決めようとパークゴルフ場へ行くとすでに愛好家がぶなの森1番コースを一人で除雪している人がいたのです。そしてその後その人の呼びかけに応じ若いプレイヤーが雪かきを持って参集し全て18ホールの除雪を完了したのです。皆さんプレイの前に汗だくになりプレイ中に疲労の為プレイに集中できなかったのではと思ったのですが、皆さんのパークゴルフにかける情熱、思いに驚いたのでした。
DSCN1074_20191108093009ec1.jpg
そして申し込み締め切りは13日会費はOPG会員は無料ですので皆さん参加してください。そして今季からPGを初めた皆さんも遠慮なく参加してください。今年夏以降に初めてパークゴルフを始めたSさんの奥さん、毎日一人で一生懸命練習しているので和尚先輩風吹かして9ホールだけ一緒に回りませんかと誘い回ったところ彼女はパーで和尚は+2打でなんと完敗してしまいました。先輩風吹かしたして恥じを描いてしまいました。和尚の名誉の為に弁解すれがこの時は心臓の冠動脈のオペ前だったので体調不良だったのです(本当です?)。パークゴルフを楽しまれる人達も増え歩くと膝が痛かった人がPG上の芝を歩くと痛みがなく、長い距離を歩けるようになったなど評判は上々です。和尚の場合はもっぱらリハビリの為がパークゴルフの目的なのです。
DSCN1076.jpg
そして奥尻パークゴルフ場の公式大会でパー100を切った人にはゴールドのプレートに名前、大会名、打数が刻まれ管理棟の壁面に張られているのです。当コースのグランドキーパーH氏との熾烈な争いに勝利した勇者として奥尻りパークゴルフ場が存在している限り永遠の名前は残るでしょう。しかしH氏来年は100を切らせないとまた逆襲に燃え秘蔵の新兵器を用意したとの噂もありますので来期の100を巡る攻防はまだまだ続きそうです。そして今季のOPGの来場数はカウントできるだけで3月29日から10月末まででなんと3、736名と大幅増となりました。この他に早朝練習、午後5時以降練習する人がいるのですから実数はもっと増えます。多分島の体育、健康施設で最大の集客数ではないか?と思います。多くにボランティアの協力がこうした結果を生んでいるのです。皆さんの協力に心よりお礼もうしあげます。


スポンサーサイト



奥尻町総合文化祭

DSCN1064.jpg
11月2,3日と奥尻町海洋研修センターでー文化再発見ーをテーマに文化祭が行われています。普段文化的素養のない和尚はパスしていたのですが、今年は和尚の「全道道の駅完全制覇」を展示してくれと頼まれ始めて文化祭なるものに展示したのです。和尚はただ資料を提出しただけなのですが展示まで全て文化協会の役員、教育委員会の方が協力して和尚の思い描いていた通りの展示にしてくれていました。道の駅の完全制覇が文化とどのような関係があるかは理解できませんが完全制覇は和尚のような自由人には興味を引くのかもしれません。人口2、600人を切った奥尻町ですが皆さんそれぞれに隠れた才能、特技をもっていて、えっあの人が?と思うような才能、技術をもっている人が数多くいるのです。
DSCN1055.jpg
そして2019スタンプラリー完全制覇の旅のコーナーです。全道道の駅が印刷されたパンフを拡大コピーし道の駅に赤い丸印をつけそこに行った日付を書いただけなのですが、それにスナップ写真を拡大し写真の下に和尚の独断と偏見に満ちたコメントを書き、各地の道の駅にあったパンフレットを置いただけなのです。和尚は短時間しか会場にいなかったのでどのくらいの人が興味をもってくれたのかは分かりません。そしてこれに間に合うように北海道地区「道の駅」連絡協議会からは名前入りの完全制覇認定証と完全制覇のステッカーが送られて着ましたのでそれは額縁に入れいかにも偉業を成し遂げたかのように権威づけ展示したのです(笑い)。和尚自分の趣味を(全道布教の旅)を宗教活動にして必要経費にして節税を目論んでいるのです。その為にはキナンポ教を宗教法人にして節税するという、チュートリアルのTのようなことを企んでいるのです(笑い)
DSCN1052.jpg
そして「書道」のコーナーには素晴らしい作品が!和尚いつもお世話になっている平木さんの子女の作品で「無の創造」と「少女の祈祷」(これは私が自分を見出す時間)という作品で和尚には一枚の白黒の墨絵?のように見えます。超字が下手な和尚は書を書くことが出来ないという致命的な欠陥を持っているのでやはり和尚は無理でしょう?戒名を書くにしても新興宗教なのでローマ字でも書きますか?
DSCN1061.jpg
そして会場には若い高校生の姿もあり島の未来に一筋の光明を灯しています。こうした高校生の姿が無ければ会場は和尚のような高齢者だけで島の未来はありません。そしてこの若者の隣には芋煮会を代表して手編みの手袋、帽子、小物の販売する92歳の家の婆さんの手持ちぶたさな姿が!売り上げの全額が社会福祉協議会へ寄付する予定だそうですが今年は売り上げが芳しくないようです。芋煮会のメンバーも高齢化や病気の為会員が減り存在が危ぶまれているそうです。皆さんこの珍しい旧型の手編みの手袋を買ってくださいね。

紅葉と鱈の貧果

DSCN1028.jpg
今朝の林道脇の紅葉の進み具合です。今年は台風や爆弾低気圧の襲来が島に無かった大きな影響を与えなかったので綺麗な紅葉が期待できそうです。昨日海上から島の紅葉を写したのですがピンボケでした。デジカメなのですが波の影響でピントが定まらなかったのでしょう。紅葉もやませ(東、南東の風で島には秋田沖に低気圧、台風が来た時に最強の風が吹きます)の強風が吹かなかったので今年は綺麗な紅葉が期待できます。やませの風が吹くと山の葉達は暗褐色に染まってしまい島の西側の山まで暗褐色に染まってしまうのです。恐るべきやませの力です。ちなみに島の諺に(やませと馬鹿息子夜騒ぐ)と言う諺があり、和尚がまだ若かりしころよくこの諺は本当だと母親に言われていました。道路の先に見える緑の杉はこれで60年以上経っているいのですが成長が遅く年輪が込み良い杉材に成って欲しいものです。
DSCN1026.jpg
そしてしばらくぶりに海上は凪の様なので鱈釣りに強行出漁です。いつもなら10数分で到着する宮津沖の根まで30分近くもかかる有様です。船底に藤壺などが付き速力がでないのです。その為エンジンに負荷がかかっているのす。前日沖の根で鱈釣りをしたプロは30キロしか出荷しなかったと言っていましたので、大漁は期待出来ないだろうと思っていたのですがやはりその通りでした。潮は上潮で5~8マイル水温は14度(水温計は船体から離れ浮遊状態)あり鱈釣りに良い条件に思えるのですがどのポイントに行ってもいつものように釣れません。それに例年うるさい位に釣れるスケソーの反応が無くまたスケソーも釣れないのです。いったい海はどのようになってしまったのでしょう?結局この日は一尾入れで発送したのは5箱、二尾入れで発送出来たのは一箱で後は自家用という貧果でした。海上はチョピーな波が立ち和尚は船上で立つのがようやくの状態でクタクタに疲れ果ててしまいました。二週間の入院生活で足の筋力が弱っているのでしょう!リハビリに励み筋力強化しなければなりません。まだ36箱の空のハッポーが待っているのですから。
DSCN1025.jpg
この二尾が今日の最大級で5キロ前後です。そしてやぶ医者で有名なDrキナンポの出番です。右手に薄い手袋をつけ内診、触診の始まりです。そして5尾の内診の結果はキナンポDrの判定はオスが一尾で後はメスでした。タチは熟していて完璧なものでした。送られた人からの報告では卵も大きなものが入ってていたそうです。最終的なDrキナンポの判定結果確認が出来るのは明日夜になるでしょう。寒波と共に鱈の美味しい季節がやってきます。体力の強化特に脚力の強化に努めなければ!

自衛隊員と自衛隊協力会パークゴルフ大会

DSCN1019.jpg
10月19日午前中自衛隊員との交流パークゴルフ大会が60名の参加で行われました。雨の心配が予想されたPG大会だったのですが恒例のバーベキュー大会終了後に雨に見舞われ無事終了しました。若い隊員が多いだけあり力一杯打ちOBを出す人やらいつもPGを楽しんでいるベテランよりも飛距離を出しアルバトスを狙えるのではないかと思える隊員もいて会場はにぎやかな笑い声に溢れていました。
DSCN1015.jpg
29警戒群司令の挨拶の後プレイは開始されたのですが、奥尻町自衛隊協力会の会長越森会長の本大会にガソリン200Lを提供するとの言葉に会場はどよめき、プレイに余計に力が入ったのかもしれません。初めてプレイする若い隊員もゴルフを見てパーだボギーだと言いルールの飲み込みも早く楽しんでいる様子でした。ただ会場はこの日雪虫?アブラムシ?の大群に襲われ虫を手で追い払いながらのプレイでしたので集中できなかったのかもしれません。和尚もこのような虫の大群を見たのは初めてで東屋の前を雲のようになって流れていきます。ただクラブハウスの中には入り込まずドアに取り付けた防虫剤のせいだったのでしょうが防虫剤の効果に改めて驚きました。
DSCN1022.jpg
プレイ終了後は恒例のバーベキュー大会です。会場は旧奥尻中学校の生徒玄関の庇の下に焼台をセットし、生徒玄関での飲食と雨がふっても大丈夫なように完璧なセッテングです。和尚も一応強力会員に名を連ねているのですが前回のヒラキスポーツ杯で全体力を使い果たし絶不調なのです。その為凪が良くても釣りにも行けず凹んでいるのです。久しぶりに船に乗ると、1年5ヶ月以上上架していないので船底塗料は禿げ喫水下にはコケが生え、船底の周囲をデッキブラシの柄の部分でこすると藤壺がパラパラと落ちていきます。前回の釣り行きから一ヶ月以上出港していませんのでこれでは速力が出ず軽油を消費するだけです。体力の急激な回復を望めないのならどうすべきか?和尚の悩みはつきません。

第4回 高齢者事業団パークゴルフ大会

DSCN0994.jpg
第4回高齢者事業団パークゴルフ大会が前日の強風とは打って変わった晴天に恵まれ、奥尻パークゴルフ場で前日に引き続き行われました。高齢者事業団主催だけあって高齢者に優しい大会で、年代別にハンディが与えられるのです。80歳以上は-15、75才以上は-10、70歳以上は-5ポイントが与えられるのです。結果はハンディが有利に作用し男子優勝は辻 和博さんで94でグロスでは104でした。二位は神埼 通さんで97グロスでは112、三位は近江 良朗さんで98グロスで113と言う結果でした。女子では優勝は三上 幸子さんで100グロスで110、二位は佐々木 あけみさんで105、三位は辻 千鶴子さんで105グロスで110と言う結果でした。女子は年代が推測できますので載せるべきか?悩み、叱られるのを覚悟して載せました。皆さん各種大会で常連の皆さんなのです。和尚も参加資格はあるのですが前日のヒラキスポーツ杯で全精力を使い果たし身体のあちこちが硬直し満足に歩くことも出来ず一日の大半を寝てすごしました。14日は天気も良く海上は前日の大時化からベタ凪に変わり鱈釣り又はぶり釣りに行こうと考えていたのですが船で出港していたら魚の餌食になっていたでしょう。この体調でしたら用意した鱈発送用のハッポー40箱が無用の長物になりそうです。(泣)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ