FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

コロナの離島と巡視艇かむい

P1020492.jpg
マスコミを賑わせている島のコロナ感染状況ですが、親父今朝久しぶりに愛艇海響のエンジンの暖気運転をしようと港へ行ったら江差海上保安部所属の巡視艇」かむいが入港してきました。親父今まで巡視艇の着岸、離岸は見たことがないので、その上(かむい)は普通のスクリュウで動く船ではなく、ウオータージェット推進装置なのでプロペラ船とは違うのです。その為どのようにして舵を切るのか興味があったのです。その上このかむい型巡視艇は九州南西沖不審船事件の時には不審船に銃撃を加えた名誉ある船と同じ船型なのです。そして着岸する巡視艇の乗組員を見てみると普段の制服ではなく全員が最近TVでよく見る白い防護服を着ていて、心なしか?緊張しているようにもみえます。
P1020499.jpg
そして陸の上には自衛隊の救急車も待機していますが、赤色灯も点いておらずそんなに緊張感は感じられません。そしてしばらくすると防護服に身を包んだ7、8人が現れ巡視艇に乗り込みます。昨日夜の広報奥尻で町職員一名がPCR検査の結果陽性にな教育育委員会事務局と海洋研修センターが臨時休業するという広報が流れていました。その事と関係あるのでしょうか?流言や噂に惑わされず正確な情報にもとずいて行動する事が肝心でしょう。閉鎖された島内では噂話が拡散しそれをいち早くキャッチする事が情報通と言われるという一面もありますので確かな情報を得る事が肝要でしょう。
P1020496.jpg
そして親父の一番興味のあった着岸離岸方法ですが、我が愛艇(海響)と同じく着岸は船首から離岸は船尾からでした。これは着岸の様子で船尾から水流が噴き出ています。後進時にはこの水流が船尾にぶつかるようになります。ウオータージェット推進ですから高速ですので、着岸時のロープを取る役場職員に聞いたら予定より早く着岸したと言っていました。きょうは比較的海が穏やかだったので予定より早く着いたのでしょう。島の場合は万が一コロナ感染が疑われる場合には海上保安庁の巡視船と決められている事もあり予定どうりの運航なのでしょう。しかし望んだ事ではないといえ最悪の事態が発生してしまいました。島外から持ち込まれた?のは違いないとしても経済交流が進むにつれ島を訪れる人は増えますし、それに伴いリスクが高まるのは必然です。我々一人一人が自己防衛する以外方法はありません。願わくばこのまま島のコロナ騒動が収束する事を!最近の奥尻島は悪い事で全国ニュースになる事が多いような気がします。奥尻高校のように明るいニュースで話題になるようにしなければ!
スポンサーサイト



ペチカの掃除

P1020477.jpg
冬への備え第一弾として年に一度のペチカの掃除を行いました。これは主に初冬春先に使用する石油ストーブの方から見たペチカで灯油ストーブの煙筒はペチカの二段部分の排気部分に繋がっています。その為ペチカを強く温める事はできませんがペチカの二段目、三段目はそれでも人肌位までは温まり洗濯物を乾燥させる事ができます。薪や石炭やその他燃える物は何でも使用できる優れものなのですが細かな暖房調節が出来ないのが欠点なのです。ですからこの時期は灯油ストーブで十分に間に合い薪はもっと寒くなってから使用するのです。
P1020478.jpg
そしてこれがペチカを掃除するための道具なのですが最初3年間位はこの道具を使用していたのですが、これをすべて連結すると鉄筋が途中でたわみ上手に灰を掻き出すことが出来ないのです。その為親父は船からボートフックを持ってきて細い鉄筋に替えたのです。ボートフックはアルミで出来ていて太く伸縮しますから途中のたわみもなく先端の正方形の鉄板で灰を掻き出す事が出来るのです。
P1020480_20201119153614d99.jpg
これが一番下の排気口から灰を掻き出している様子の完了形ですが。薪や石炭などを燃やすストーブの最初の排気口ですので一番灰が貯まる部分なのですが、昨年は暖冬だったのであまり薪を焚かなかったのか灰は少なめでした。そして昨年まで焚いていた薪は10年以上前の薪で薪も年数が経過すれば火力も弱くなります。最近は島でも薪をキチンと割って販売してくれる業者があり便利になりましたが、薪そのものの需要が震災後新しい家屋が立ち薪そのものの需要が減っているみたいです。新築、改築された家は断熱対策が十分にされているので灯油ストーブで十分なのです。その上高齢化し薪を割る体力のない親父のような老人ばかりなのです。最近は丸太を割る家庭用の機械までが発売されていますが、親父のように機械まで丸太を運ぶ体力がなければどうしようもありません。山でも間伐する事ができれば一生使用する薪位は確保できるのですがこの身障者寸前の体ではどうしようもありません。今年一年越冬するぐらいも薪は確保してありますが来年からは灯油ストーブだけの今様な生活になるのでしょうか?
P1020482_2020111915580395f.jpg
これが薪でもなんでも燃やす事が出来るストーブ部分で、上の口の部分、またストーブの上の円盤状の蓋を外して燃料を投入し下の口は燃えた残骸の灰などを回収する為のものです。このストーブに上の厚い鋳物の部分には三個の円盤状の蓋があり鍋の大きさに合わせて取り外すのです。このようにペチカは煮物にも利用できるのですが親父ただ一つ不思議に思う事があるのです。熱せられたレンガの集合体のペチカ暖房を使用していると、特に薪を焚いている時など顔が赤くなり特に頬のぬくもり(赤い色)が取れないのです。親父の単細胞の頭ではロシアを想像しだからロシア人の頬は赤いのだという先入観念があったのです。しかし世界の政財界のトップの住居には本物のペチカがありそれもこのようなペチカではなく本物?です。石やコンクリートで作られた家ならペチカで全体を温める事が出来るのかもしれません。
P1020481.jpg
そしてこの集合煙筒部分の掃除も下部の煤取り口から手を入れ確認しましたがすすは付いていないみたいです。古い家の時は集合煙筒が強風の時に溜まっていた煤が燃え急な屋根にバケツに水を入れて登り何杯も水を運び集合煙筒の中に投入し沈下させた記憶があります。幸い消防車出動までは行きませんでしたが薪や石炭の場合は注意が必要です。馬×とアマチュア無線家は高い所が好きだと言いますが親父は高所恐怖症で高い所はまるっきり駄目です。その為建築当初はこの煙筒はまだ2m位高かったのですがわざわざ短くしてもらったのです。しかしこの高さでも集合煙筒部分には煤がほとんどついておらず煙筒は高いほど良いのかもしれません。だから昔の銭湯の煙突は見上げるような高さだったのでしょうか?今日孫から久しぶりに写真と手紙が来て漢字と九九の勉強をしていると書いてあり最後にクリスマスのプレゼント悩んでいると書いてありましたが、プレゼントの催促でしょうか?外国の煙突のように親父家の煙筒は狭くてサンタさんが入れないのでプレゼントとは無理と返信しようか?と悩む親父でした。が老い先短い親父は孫の成長が唯一の楽しみなので最後は孫に撃沈されてしまうかもしれません?

OPGクローズ大会中止と鱈釣り

P1020456.jpg
明後日に予定されていた奥尻パークゴルフ場クローズ大会が急遽中止される事が決まりました。今年最後の大会を楽しみにしていた人も多かったのですが、ついに同じ離島でクラスターが発生したことが中止の主な原因がったみたいです。万が一離島でコロナ患者が発生したらまさに医療崩壊は現実の物になりますし住民に掛ける負担は想像の域を超える物があります。行政でもその万が一の場合の、対策は出来ているみたいですが、聞いた話によりますと(あくまでも聞いた話です)わが奥尻島の場合は患者は海上保安庁の巡視船で江差まで搬送されるみたいです?。そして万が一患者さんがフエリーに乗船し来島した場合はさらに重大な事態が起きてしまいます。船内の消毒?などの為フエリーが欠航するなどの事が起きたならば、流通がストップし住民生活にも大変な影響を与えてしまいます。過剰な危機感かも知れんませんがそうした諸々の事情を考えクローズ大会中止となったみたいなので了承お願いいたします。その代替としてコロナ禍が収束した?来春早々にもOPGオープン大会を開催する予定なので楽しみにしていてください。今までのクローズ大会は過去二度とも大雪に見舞われ一生懸命にグリーン上だけを除雪し汗だくになりながらも大会を開催し、こんなにしてまでもパークゴルフをしなければならないものか?と驚いた覚えがあります。伝え聞く所によると今年もパークゴルフ場の除雪を手伝う為に前日の14日に休暇を申請した強者もいるとか?本当に感謝に堪えません。こうしたボランティアの皆さんに支えられOPGは成り立っているのです。が親父はコロナ禍のなかでも相変わらずマイペースで残された人生をエンジョイしています。へそ曲がりの親父はコロナ禍といい世の中が同じ方向を向くのが大嫌いなのです。こんなへそ曲がり島に一人ぐらいいてもいいでしょうとばかり凪を待ち今日も強行出漁です。
P1020454.jpg
出港から帰港まで4時間の釣行でしたがこれは出港3時間位の鱈の釣果です。ごらんのように悲しい途中経過ですがこの日の沖の根は潮が異常に早く上潮で1.7マイルもあり、その上南西の風で波もあり仕掛けをポイントに落とすのも親父の操船技術では困難で苦労しました。そして朝4隻いた僚船もあまりにも早い潮の為早々と諦めて寄港し最後まで居たのは親父ともう一艘だけでした。ごらんのように瘦せるた鱈ばかりで例年のように腹がパンパンに張れた親父のような腹の鱈は見当たりません。餌が不足しているのでしょうか?それとも水温が高くまだ旬の時期には早いのでしょうか?結局この後鱈はもう三尾釣れたけでした。しかしほのかな希望も見えてきました。
P1020455.jpg
今まで全く釣れなかったスケソが釣れてきたのです。スケソと思しき魚探の反応がところどころに出てきたのです。この後スケソとホッケが釣れましたがやはり脂のなさそうなホッケで時期はこれからなのでしょうか?そしてついに魚探の水温計の表示もされなくなり親父同様壊れかけてきたみたいです。機械ならメンテナンスをしっかり行えば耐用年数きっちり使えますが、人間には耐用年数がありませんから将来を予測する事は不可能なのです。皆さん一度死んでも生き返る(親父と同じ)キナンポ教はいかですか?(笑)。

キナンポ土木

P1020436.jpg
海に山に無職の親父はそれなりに暇がありません。あさ6時出港の後は約1時間休憩の後午後には山に道路を作りに出かけました。しかし連日のにわか雨のせいで土表面はぬかるみ状態でキナンポ土木の工事はさっぱり進まず、それどころか今まで完成した?と思っていた箇所もぬかるみ状態が進み反って悪化する始末です。そういえばこの時期?の山の工事は(道路壊し)と死んだ親父が言っていたように思い出しました。雪が積もりそして解けてぬかるみ反対に道路が悪くなるというのを思い出します。しかし親父は工事をやり終えた今朝思いだしましたのでやはりキナンポです。。4年前に植林した青森ヒバの下刈りの為の作業道を作る為なのです。まず杉を列状間伐した時の作業道に生えた笹を下刈りし、その上に砂利えを敷き完成させようとしたのですが連日のにわか雨のせいで土表面が乾燥せず軽トラではスリップし作業出来ないのです。やはりキナンポ土木と言われるだけの事はあります。
P1020435.jpg
そこでタイヤショベルを投入するのですがタイヤショベルの重量で道路がさらに沈下し液状化してしまいます。しかし迷オペレーターの親父が砂利を少しづつ入れながら進みますが予想以上の砂利の投入により砂利が無くなってしまい今季の作業は終了する事にしました。結局作業道は親父の思ったようには完成せずに終わってしまいました。青森ヒバは回りの笹などの雑草より高く成長するまでは回りの雑草を刈らなければないそうで、植林してから最低10年間は下刈りをしなければならないそうです。その為親父亡き後でも誰かが下刈りをしてくれる事を期待しての作業道作りなのです。後継者がいないのになんでそんな無駄な作業を!と思うかも知れませんが、せめて親父が生きていた足跡を残したいのです。今のままの人生では明日にでも死んだら数年間はああそのような馬鹿がいたなああ!で終わってしまいますが100年後に成長した青森ヒバを見た人は誰?が植えたのだろう?と考えるでしょう。そして海と森は関連があるみたいで魚つきの森?などと各地で植林されています。
P1020432.jpg
昨日の乙部方面から上がる朝日の様子ですがこの豊かな海?を育むのも森だそうです。親父を楽しませてくれた海の為にも親父の植林は一助となるかもしれません?海のカレイが海底に漂う広葉樹の葉を食べている様子がTVで放映されていましたが、やはり海と森は関連性があるのでしょう。島には調理師の森などまた建設会社が管理する21世紀の森など森に関連した施設が多くあります。先発後進と言われる桧山の海を、親父を楽しませてくれる島の海の再生を期待しましょう。。

第一回OPGチャンピオン大会

P1020421.jpg
第一回OPGチャンピオン大会が強風吹き荒れ雨混じりの悪コンディションの中25日に奥尻パークゴルフ場で行われました。いままで奥尻パークゴルフ場で行われた計5回の大会の中で成績上位者の中から選抜され、男子10名女子8名の成績優秀者で争われました。この日は久しぶりにフエリーも欠航するほどの悪天候だったのですがさすが選ばれし強者達、果敢にコースを攻め熱気あふれるプレイを繰り広げました。
P1020423.jpg
勝者には持ち回りのトロフィーが与えられるのですがこのトロフィーも撮影が終わったら即倒しておかなければならないほどの強風だったのです。そして写真を撮りに行った親父は主催者に俺の所に大会の招待状が届いていないと言った所、昨日からフエリーが欠航しているからまだ届かのだわ というウエットに富んだ返答に一同大笑いです。たしかにフエリーがこなければ郵便物はとどきません。箸にも棒にも掛からぬ親父の成績ではブービー賞を争う成績なのでなんという親父を傷つかせない思いやりにあふれた言葉でしょうか?島ではフエリーが欠航だわという言葉は魔法のような神通力を持った言葉なのです。事実フエリーが欠航したらどうしようもないのですから。
P1020430.jpg
男子優勝者は優勝決定戦まで持ち込まれ優勝島田さんスコアは101、二位は佐々木さんでスコアは101、三位は瀬戸さんでスコアは104という結果でした。シーズン終盤になってきてから島田さん瀬戸さんの調子が上がってきたみたいです。
P1020429_20201026154848c26.jpg
そして女子の優勝は田口さんでスコアはなんと101で男子と同じで、圧倒的な強さを誇っています。二位は坂本さんで111、三位は辻さんで113でした。辻さんは前回は親じグループで回ったのですが親父の口撃ににも微動だにせず集中してプレイしていました。そして親父まだ健常者だった頃共にソフトテニスを楽しんでいた仲間なのです。こうしてみると前回の高齢者事業者杯で二位になった三上さんもテニスの仲間だったので、やはり普段スポーツをしていた人はパークゴルフも上手で成績優秀者ばかりなのに何故親父だけビリから二番目なのでしょうか?考えられる原因はただ二つです。身障者寸前の状態で2ラウンド回る体力がなく集中力が途切れてしまう。そして練習する時間より海で遊ぶ時間の方が多いという事でしょう。そして11月15日奥尻パークゴルフ場でクローズ大会が開催されます。参加費は無料、プレイ代も無料ですのでどなたでも参加できますので今年度最後の大会ですので皆さんの参加をお待ちしています。このクローズ大会過去二回とも暴風雪に見舞われ除雪しながら雪中パークゴルフをした記憶があります。皆さん白い球は使用禁止ですよ。雪の中探すのは困難ですから。さて今年のクローズ大会はどうなるのでしょうか?

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ