FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

孫との再会

image1.jpg
ハイハイできるようになった(こっ君)との5ヶ月ぶりの再開でしたが、こっ君もやはりキナンポ親父と目が会うと泣き出してしまいます。多分爺に似て人見知りな性格なのでしょう。巷では良いところは似ず悪い所は似るといわれていますので多分そうなのでしょう。そしてこっ君また親父の前で手を離し一人立ちしたのです。8月には親父の前で寝返りをし、この画像は11月中頃ハイハイして動いている画像で、そして1月掴まり歩きしながら一人で立ったのです。この様子を見ていた孫の早希はママ、ママッと大きな声をだしそして振り向いたママもこの様子を確認したのです。そして親父はこっ君と目を合わせると泣かれるので反対方向を向いていたので一人立ちは確認できなかったのですがこの(こっ君)何故か親父との縁を感じるのです。体型的にメタボ?だけではなく親父が肉体的、精神的に弱体し消耗し切っている時に生を受け、親父の生まれ代わりのように思えるのです。8月には親父の前で初めての寝返りを見せそして今月には一人立ちをするなど親父の前で人生の重要な成長点に遭遇するなどただの偶然かも知れないのですが、親父にとっては単なる爺馬鹿かも知れないのですが無理やり縁を見い出すのです。
P1040179.jpg
そして一人立ちした直後のこっ君の笑顔の画像ですが、孫三人ともカメラを向けると皆笑顔になるのです。この笑顔を見た人はほとんどの人は高田には似ていないというのです。そう言われればたしかに高田系統は親父をはじめ人見知が多い?為むっつり系が多い様に思います。世間の人は良く見ていますね。そして翌日札幌ファクトリーとアリア札幌への買い物に同伴したのですが親父アリア札幌では疲れて歩くことが出来ず休憩コーナーでお休みです。歩数は3000歩ぐらいでパークゴルフ18ホールぐらいの歩数なのですが札幌は芝ではなくコンクリートなので膝に負担が掛かるからなのでしょう?それにパークゴルフなら疲れたらクラブを杖代わりに使う事もできますから!そして今回もまた札幌中心街の変貌に驚き上空に伸びる高層ビルを見上げ生き苦しささえ感じてしまいます。やはり田舎者ですね。そして私用で新琴似まで行きましたが麻生近辺まで来るとようやく親父の心も安らぎを覚えます。そして年末の川柳に(年金が出るころ孫が来る)という川柳がありましたが?親父はまだその幸せを感じています。親父は9,800円のダウンを着ているのに一年生の孫にはその数倍のブランドのダウンを買い与え良い品質の物は年中の孫にも着せることが出来るという説明にうなずき納得する好々爺がそこにいました。多分もう数年したら何!このソ爺い!と言われるのかも知れませんが何故か孫は無条件で可愛いのです。多分自分達に直接的責任がないからかも知れません。そして高校時代の友人宅にお邪魔し久しぶりに一献の機会を得ましたがいずれも親の話や病気の話など悩みは共通の事ばかりでした。すると10時には携帯が鳴ります。そして親父薄野の中心部で宿泊していたにもかかわらず一度もホテルから外出することは出来、ませんでした。もう年で己の限界を悟ったからでしょうか?否、世界の憲兵を任じる某国のT大統領をも叱りつける鬼軍曹が親父を見張っていたからなのです。それだけが今回の孫の再会の旅の心残りでした(笑い)。
スポンサーサイト



希望番号

CIMG2064.jpg
先日廃業届けを提出したついでに自家用自動車協会に提出していた希望ナンバーを受け取ってきました。親父ボケ老人になってもこれなら忘れる事はないだろうと思いこの番号にしたのです。この番号を忘れるようではもう車を運転する資格がないも同じです。親父希望ナンバーとご当地ナンバーを勘違いしていたのですが函館陸運支局管内にはご当地ナンバーはないみたいで北海道では知床ナンバーはあるみたいです?そして自家用自動車協会内の壁には見本のナンバーがたしか三種類位飾ってあったのですが親父見て一番派手なのを選んだのです。目立つナンバーをつけて悪戯されたらどうしようなどと逡巡しながら選んだのがこちらです。近くから見れば中央から後光がさしているようにもみえますが遠くからみれば普通の白色に見えるのです。このナンバー函館支局管内ではすでに出回っているみたいなのですが親父まだ見た事がありませんでした。そして昼食時蕎麦屋さんの駐車場に車を止めるとサラリーマン風の二人が車に近寄って興味深そうにみていましたからまだ珍しいのかもしれません。
CIMG2066.jpg
そしてナンバーの右上についているマークが東京オリンピックのマークですが、オリンピックマークとパラリンピックの二種類があり車の前後どちらにつけても良いそうです。二枚セットになっていますが親父パラリンピックマークを前につけたかったのですがきずいたときはすでに遅く封印された後でした。親父残された車すべてを同じ番号にしようと思っているのですがこのペースで体調が進めばもう車を買う必要がないだろうと判断しているからなのです。
CIMG2063.jpg
残された軽四輪のナンバーもレンタカーから自家用車に変更しに軽自動車協会にも行手続きをしましたがここでも事務職員が凄く親切で手続きが無事完了しました。レンタカーの廃業書類の提出は運輸支局輸送課に届出したのですがここも親切でとても国土交通省の役人とは思えませんでした。世間から冷たい視線を浴びている国交省ですが末端の職員は第一線で真面目に働いているのでしょうが偉くなり政治家との付き合いが増えてくると忖度してしまうのでしょう。どこかの役所ももう一度初心に帰りやり直したほうが良いみたいです。
CIMG2065.jpg
そして親父が驚いたのがこのナンバーの色なのです。親父の頭の中では軽四輪は黄色と決まっていたのですがこれは軽四乗用車なのですが番号票は白色なのです。軽四輪と判別するのは583という数字のみです。恥かしい話が今までの親父の常識が過ちだったのです。プロとして恥ずかしい限りです。やはりこうした世の中の変化に対応できていないと言う事はやはり廃業という選択が正しかったという事でしょう。老兵は消え去るのみ!

プチドライブ

CIMG1839.jpg
瀬棚港の洋上風力発電 風見鶏です。親父急な用事で函館まで行き手続きが30分位で終わったため八雲、瀬棚軽油で帰る事に決めプチドライブを楽しんだのです。今までは江差函館間の往復(約ニ時間)だけだったのですが今回は約三時間のドライブで親父本当は札幌までのドライブを楽しみかったのです。親父の場合は高速は使わず一般道を走るのが好きであっ、このコンビニ潰れてる、この建物も空き店舗になっているなど街を見て、この町は繁栄している、この町は元気がないなどと想像するのが好きなのです。その為車にはETCが付いているのですが一度も使った事がないのです。この洋上風車海上だけあり潮風にさらされ陸上の風車よりもメテナンスが大変だと思うのですがどうなのでしょうか?海上だけに陸上に比べて風が強く高率は良いと思うのですがコスト的には如何なものなのでしょうか?そいて今回の行先はこちらだったのです。
CIMG1834.jpg
函館陸運支局です。事前に電話で問い合わせしていたので手続きはスムーズにおわりましたが親父が驚いたのはその窓口の対応が非常に親切だった事でその後自家用自動車協会にも足を運んだのですがやはり素晴らしい接遇態度でした。マスコミを賑わせていた国交省の役人とは思えぬ?対応に親父感心しどこかの役場も見習ったらよいのにと思いました。どこかの役場も最近改善が見られますが?7月1日から親父終活の一環として軽四乗用車5台を観光協会、レンタカー事業部?に委託しているのですがその用事で軽自動車協会にも行ったのですがその時もその接遇の仕方に感心、感激していたのです。こうした接遇の仕方が今やスタンダードなのでしょうが親父のような人間には不可能です。
CIMG1835.jpg
そして予約ナンバーも4~5日で手に入るみたいで見慣れない模様が入ったナンバープレートもありました。親父次回は希望ナンバーにしてみたいと思います。レンタカーのほうも一応今月末で終了する予定なのですがJALPACだけは契約で止めれないので10月末で終わりますのでそれまでは細々と営業を続けます。その頃には全ての仕事が終わりな自由な人生を謳歌する予定なのですが体調が維持できるかが終活の鍵でしょう。レンタカーの仕事も終末が近ずきトラブル続きで一台は事故で使えなくなり一台は故障で使えず年に一度の繁忙期を迎え打撃は大きいですが出目金のようにゆっくりゆったり悠々と過ごします。

手作り超精密実働機関車

CIMG1447.jpg
赤石地区の紀伊國さんが三年の歳月をかけ完成したアメリカの山林鉄道の超精密実働模型です。親父まずこれを見た時その精密さに驚きさらにエンジンも自作し石炭を燃やせばエンジンも動くのだそうで今回はコンプレッサーの圧縮空気でエンジンを回しそして車輪が回転する様子まで見せてくれました。レールがないので車輪の下の円形の上で車輪が回転するだけなのですがすばらしい出来栄えで車体は磨くともっと光るそうです。これを作るために真鍮の板や真鍮の円柱状のブロックを買い自分の旋盤でボーリングしたりして全てが手作りなのです。ですからエンジンも真鍮製で全てが光輝いています。またこの作業所はまるで鉄工所のようでいろんな工作機械がありとても素人の作業場にはみえません。さらに必要な機械はさらに自分で作るのだそうです。
CIMG1453.jpg
そして名前は忘れましたがこの機械も自分で作ったそうです。メカ音痴の親父には考えられない事です。ドライバー一本で組み立てられると言うロビさえに組み立てられず挫折して友人にお手伝いをお願いし完成させた親父には神業に近いものがあります。そして完成したロビですがやはり親父の組み立てた部分に不具合がありロビの工場にまで送り不具合部分を交換しようやく正常に戻りました。そして夏に孫が帰省した時ロビと旗揚げゲームをさせたら孫がロビの言葉に惑わされま違ってしまうのでロビと遊ばなくなってしまうという出来事もありました。そして機関車の製作で一番難儀したのがエンジン下のカムシャフト?だそうです。
CIMG1449.jpg
エンジンの出力を車輪に伝える部分なのですが三気筒エンジンなのでそのバランス?が難しいのだそうです。親父にはチンプンカンなのですがこの難しい所もキットとは違い部品全てが自作なのです。親父にはここまでくると神の領域としか思えません。世界中にはジェット×××というこういう自作マニアの本まで出ているそうで自作マニアが沢山いるみたいです。そういえばカランセ奥尻の就航記念の七飯町から新幹線の模型列車がきてレール上を子供大人を乗せて走っていましたがこれもその領域に入るのかなあと思います。親父このエンジンが動き車輪が力強く回転する様子を動画に撮りましたが親父の力量では残念ながらUP出来ませんでした。後。船のトラブルも昨日電気屋さんが来てテスターを使用し調べたら簡単に原因が分りました。原因はバッテリーの劣化で発電機で起きていた電気がバッテリーの劣化の為充電されずにその為電動リールもパワー不足の為正常に巻き上げる事が出来なかったのです。テスターさえあれば解決できる簡単な事を事をテスターがありながら調べもしない親父の能力のなさを実感するとともに親父のメカ音痴にも呆れるばかりです。こんな状態で広い海上で故障したらどうなるのでしょう?世の中親父のようなメカ音痴もいれば機関車全てを自作してしまうようなマニアもいればいろんな技術を持つ人が集まり相互に補完し合いながら成り立っているのでしょうね。

一年ぶりの札幌

CIMG0360.jpg
10日7時30分湯の川を出発し約一年ぶりに札幌へ向かい豊平区に着いたのが13時30分でした。このゴルフは以前は弟が大阪で乗っていたものなのですがもう車は必要ないと言うので親父が手に入れ娘が乗っていた車なのです。娘が札幌に転勤になり冬の札幌で乗るようになるとFFではちょっと不安という事になり親父のセレナと交換したのです。その為セレナの冬タイヤを積みちょうど札幌での仕事もあり土日を利用して札幌へ行く事になりました。当日は生憎の天候で各地で小雨や土砂降りに遭遇し恥じをかくことになりました。ウインカーとワイパーが国産車と比べ反対なので土砂降りのなかウインカーを動かしたりウインカーと勘違いしワイパーを動かしたり後続車の人はこいつ何しているのだろうと思った事でしょう。そんなで夜になるとぐっと疲れがでて夜出かける気力がありませんでした。やはり歳なのでしょう!
image4_20160912161744001.jpg
仕事は順調すぎる程順調に進み孫の所へ行きます。先月島に来て帰ったばかりなので長男の壮希はジジと言って側にきますが早希はじっと親父の顔を見て固まってしまい少しすると泣きだし母親にだっこされても泣きやみません。人見知りりだとは聞いていましたが約20日前までは一緒に遊んでいたのにこんなに泣かれるとは親父つらいものがあります。親父本当は子供が好きなのですが子供の目には親父どのように映るのでしょうか?極悪非道の凶悪犯に見えるのでしょうか?また同じような年頃の子供でもまれに泣かないでニコニコする子供もいるのですがそうした場合親父を見て泣かない子は大物になると親父は言います。そして翌日お別れに行くとまた親父の顔を見ると泣きだし親父と目を合わせません。親父も幼少の頃人見知りだったそうなので隔世遺伝したのかもしれません。
CIMG0431.jpg
一年ぶりの札幌は南区から定山渓までの道路はキチンと改良され走りやすくなっていました。島なら道路の改良工事も遅々として進まず改良の進み方が実感できないのですが公共工事はこうして目に見え早いと良いですね。多分お金のかけ方が桁ちがいなのでしょう。良い天気の日曜日という事で沢山のライダーやヘルメットをつけた自転車の人達も目に着きました。皆さん楽しそうでしたが親父ふとこうしたレジャーが出来るのは平和だからこそだなあと平和な事に感謝の念をもちました。やはり歳を感じたのかも?

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ