FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

テスト送信です

P1040517.jpg
二代目の古いPCからです。うまくUP出来たかな。
スポンサーサイト



池の掃除

P1040357.jpg
池の水温も9度近くになり、鯉、金魚の動きも少し活発になってきました。家の婆さんが鯉、金魚たちが長い間冬眠していたので腹が減っていると思い餌をやりたがっていたのですが、親父は冬眠明けにすぐ餌をやっては駄目だと言い餌を与える事を禁止していたのです。ものの情報によると餌やりは水温が10度位に上がってから。また鯉は胃がない為初めは少しずつ、餌を多く与えると腸が詰まる可能性があるのだそうです。胃がないため餌はすぐ腸まで直行し詰まってしまうそうで、親父は金魚は糞詰まりでお腹が大きくはれ上がり最後は可愛そうですが死んだのは見た事があります。
P1040358.jpg
その他の病気を防ぐため約5か月ぶりの池の掃除を行います。まずデッキブラシで周囲の岩をこすり、次に底をこすり汚れた水を排水しながらの作業です。その為金魚、鯉は汚れた水の中を右往左往しこすっているデッキブラシにぶつかりますが、仕方ありません。そして排水した後は池に給水しますが水道を全開にして約2時間かかりました。そして排水直後の池に食塩5キロを投入し食塩をかき混ぜます。すると食塩の解けた池の水は表面が泡立ち、泡だった表面の泡が消えるまでは約24時間位必要でした。
食塩は鯉、金魚が病気になったら必ずといっても良いほど塩水浴させますので病気にたして効果があるのでしょう。
P1040362.jpg
掃除後の池の全景ですがろ過機を取り付け金魚の産卵礁を作りました。産卵礁は昨年も作ったのですが成功しませんでした。産卵に適した水温にならなかったのか?犬猿の仲といわれる鯉、金魚の同居に原因はあるのか?あるいは池の金魚のオスは飼い主に似て草食系なのか?皆さんの推理は同ですか?親父は飼い主ににて神の領域に近ずきつつあるからだと思うのですが?そして不思議な事に池の掃除の前は毎日ゆっくりと泳いでいた出目金が見当たらないのです。排水口からは小さな金魚達が吸い込まれないようにネットをかけているので排水から流される事はないのですが?三年ぶりに生存が確認された出目金なので、強い生命力をもっている幸福の女神?のようなものですのでまた生き延びていて欲しい物です。

ブドウの剪定

P1040277.jpg
二年間全く手入れせず伸び放題だった自作流ブドウ棚ですが、無職になり暇を持て余した親父はなにを思ったのか?ブドウの剪定を行いました。前日ネットでブドウの剪定について調べた親父ですが難しく内容が理解できないままキナンポ流剪定を行いました。
ブドウの剪定は難しくプロにお願いしたほうが無難ですと書かれていたのですが、どうせ昨年は一房もならなかったので今年も全滅しても良いと思い日頃のうっ憤をはらすかのようにバッサバッサと切りまくったのです。以前のこの木の所有者は結構収穫していたみたいなのですがこの木を頂いた頃の親父はこうしたものには全く興味のない生活を送っていたのです。それがこうした自然界のものに興味をもつとは!まさに真逆の性格に!180度性格が変わったのでしょうか?人格が変わってしまったのでしょうか?
P1040280.jpg
そして親父の気まぐれで適当にカットされた枝の山ですが和尚の頭のようにすっきりしましたが寒そうです。事実和尚の頭も二日ごとに剃り上げるので最近は綿のイスラム帽ではなくニット製のイスラム帽になりました。年齢とともに耐久力がなくなり寒さが身に沁みるようになったのです。イスラム教に改宗したら嫁さんを四人まで所有出来るという望みも失せてしまいました。なぜこうした植物や樹木に関心を持つようになったのでしょうか?親父は好きな事してきたからいつ死んでも良いと日頃から言っているのですが、ひょっとしたら心の片隅に親父の思い、果たせなかった思いを自然界の生き物に託そうとしているのではないか?などと勝手に思っています。まあそれだけ死が身近になったという事でしょう。
P1040281.jpg
そしてそのそばに植えられているのが青森ヒバと欅でいずれも樹齢20年位で挿し木から育ったものだそうです。青森ヒバは5M位でケヤキは8M位あり、ヒノキのそばで左斜め上に伸びているのがケヤキです。曲がりを直そうとロープで引っ張ってあるのですが直りません。前所有者に聞くと木の曲がりは育てる人の心と同じだ!”という事で直す方法はないそうです。まず親父の心の歪みを正さす事が肝要でしょう。ケヤキが島で挿し木で育つなんて想像できませんでした。そして島のシンボルナベツル岩頂上には 大 鷲 が親父の生末を案じるようににらみを利かせていました、
P1040269.jpg

生きていた黒出目金

P1040240.jpg
陽気に誘われ池に行くと親父一瞬目を疑いました。糖尿病による眼底出血により正常に物が見えなくなったのではないか?と体が凍りつきました。そして目をこすり良くみると間違いなく三年前から見えなくなっていた黒出目金なのです。親父昨年は鯉、金魚は一尾も買わず、二年前にはあの山古志鯉生産組合から鯉を三尾通販で購入し、そして三年前に出目金、コメット、琉金を三尾ずつ函館で購入し池に放したのですが冬までには全滅したと思っていたのです。そして亡骸も出目金一尾を確認できず亡くなったと思っていたのです。そして14日春の様な天候に誘われウオーキング前に池に行くとこの黒出目金を偶然目撃したのです。一年に最低二度池の水を抜き掃除しているのですが発見できなかったのです。
P1040247.jpg
この日の水温は4.5度で午後でしたので太陽の温かい日差しに誘われ鯉、金魚達は悠々と泳いでいたのでしょう!そして親父大鷲を撮るためいつでもポケットに入っているデジカメを取り出し撮影したのですが、二枚目はピントが合っていません。この場所は金魚の産卵用として親父が自己流で作った岩場なのですがこの石の下が隠れ家みたいです。石についた苔と同じような色なので見つかりにくいのです。これなら家の婆さんが親父より池に餌やりに行く回数が多いのですが見つけにくいでしょう。それにしても三年間一度も見つからず生存していたとは驚きです。見た感じは8~10センチ位で購入した時は5センチ位ですから成長したのでしょう。餌をやるときは習慣付けをするため熊よけの鈴を鳴らしてから餌を与えるのですがその時でも姿を現す事はなかったのです。出目金は親父の様なメタボ体形で動きも遅く病弱のように見え親父そっくりなのですが、調べてみると意外と強く長生きするそうです。函館のS先生の池で15センチ以上もあるような黒出目金を見たとき、びっくりして先生この魚なんて言う名前と聞いて普通の出目金だよと言われ驚いた事を思いだします。和金程ではありませんが出目金も見かけによらず以外と長寿だそうで和尚も見習いたいものです。
P1040244.jpg
この鯉が山古志から買った鯉でただ一尾生存している昭和三色?か大正三色?で二年目ですが体長20センチ位でなかなか大きくなりません。良家の出は成長が遅いのでしょうか?新型インフルで賑わう世情とは違い平和な池の中の鯉、金魚は病気もなく平穏です。常に流行の最先端を行く親父は一か月前にブルーバード菌インフルに感染し完治しましたが現在はコロナ菌だそうでライバルなので強力なのでしょう?親父は昔のブルーバードSSSが大好きな車でした。

池の掃除

DSCN0999.jpg
毎年春、秋に行っている池の掃除を昨日行いました。普段はろ過器によるろ過フイルターによる池の水のろ過と紫外線フイルターによる水の循環だけなのですが、これだけでも効果は十分にあると思うのですが、年に二度池の水を排水して掃除をおこなうのです。その効果かも知れませんが小さな鯉、金魚の死が少なくなっているのです。今年は確認できただけで鯉が一尾死亡、一尾行方不明、金魚は死亡2尾だけだったのです。鯉はある程度の大きさがあるので死亡しても亡骸が見つかるものなのですが亡骸が見つかないので行方不明なのです。池の中央の深いくぼみは池を作る時に中央に埋めたタイル張りの風呂桶で冬の間池の表面が凍ってもここに鯉、金魚が避難すれが生き延びられるという考えだったのでしょう。昔は今より寒さが厳しく?池の底まで凍る可能性があったからなのでしょうか?現在は池の上に小屋がかけられ水を少しずつ出しっぱなしにしているので冬期間でも氷が張る事はなく水温は4~5度をキープしています。
DSCN1003_201910180506321ba.jpg
そして排水しながら胴付き長靴を履き手にはデッキブラシを持ちながら周囲の岩に付いた汚れを落とし、池の底をデッキブラシでこすり汚れた水を排水します。汚れた水の中を鯉、金魚は右往左往しデッキブラシにぶつかりかわいそうですが仕方ありません。こうしたことをするので鯉、金魚は和尚に懐かないような気がするのです。一日一度昼頃に婆さんが池に行き餌をやるのですが婆さんの足音が聞こえるといつも餌をやる場所に集まるのだそうです。鯉金魚は人間を識別して集まるのか?お腹が空いている時間だから集まるのか?不明です。鯉金魚に人間識別能力があるとは思えませんが?ひょっとしたら人間の心を読む能力があるのかもしれません。和尚は餌を与える時は熊よけの鈴を鳴らし、鈴が鳴ったら集まる用に習慣付けをしているのですが餌を与える回数がす少ないので効果の程は未知数です。
DSCN1002.jpg
そして池の隅にあるオーバーフローした水を排水するパイプですが、和尚いままでここは池と完全に分離していると思っていたのです。しかし今年の夏この小さな空間に10cmぐらいの金魚がいて和尚こんなところに何故金魚がいるのだろうと思い手で捕まえ池に放そうとしたところ急に潜っていなくなったのです。この場所は水深2cmぐらいの狭い表面だけ池本体と繋がっているのですが、和尚はこの狭いところを間違って入り込みジャンプしてこの狭い場所にいたのだろうと思っていたのです。しかし消えた金魚の事が気になりこの隙間に手を突っ込み底の石を探ってみると中間部分に隙間があり指3本ぐらいが入るではありませんか!ここから鯉金魚がこの排水の為の場所と行き来していたに違いありません。これで和尚の前で消えた金魚の説明も行方不明の鯉の説明もつきます。行く絵不明の鯉は間違ってこの場所に入り込み帰れなくなりこの排水パイプを通って流されたに違いありません。その為排水パイプの内部を掃除する為にビニールホースを入れ排水のU字溝までの約10mを掃除し完了ですがすんなりホースが通過しない箇所が二箇所ありました。そしてこの池との隙間には砂利を詰め込み補修して横断は出来なくしました。
DSCN1008.jpg
そして排水が完了した池ですが塩5キロを投入して作業は完了です。左に見えるのはろ過器でその奥に見えるのは和尚が作った金魚の産卵礁なのですが残念ながら効果はありませんでした。オスがメスを追い回す光景は二三度見えたのですが稚魚の誕生には至らなかったみたいです。和尚同様メスを襲う気力、体力、精力はない?のかもしれません。鯉か金魚か確認不明な黒い魚三尾は順調に成長し大きくなっていますが魚体は鯉にそっくりで和尚は鯉だと思うのですが?しかしこの三尾は自分の魚体の色が回りの魚の色との違いを認識しているのか?群れの中にいる事はあまり見ません。鏡のない池の中で自分を見ることも出来ず自分の魚体の色を知ることも出来ないはずですから。それとも今話題を集めている人間社会に良くある いじめ? かと思いじいっと観察しますがその様子もありません。いったいこの黒い魚は?間違って本マグロの稚魚なら?養殖して大儲け?妄想は膨らみます。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ