FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

池の掃除

DSCN0999.jpg
毎年春、秋に行っている池の掃除を昨日行いました。普段はろ過器によるろ過フイルターによる池の水のろ過と紫外線フイルターによる水の循環だけなのですが、これだけでも効果は十分にあると思うのですが、年に二度池の水を排水して掃除をおこなうのです。その効果かも知れませんが小さな鯉、金魚の死が少なくなっているのです。今年は確認できただけで鯉が一尾死亡、一尾行方不明、金魚は死亡2尾だけだったのです。鯉はある程度の大きさがあるので死亡しても亡骸が見つかるものなのですが亡骸が見つかないので行方不明なのです。池の中央の深いくぼみは池を作る時に中央に埋めたタイル張りの風呂桶で冬の間池の表面が凍ってもここに鯉、金魚が避難すれが生き延びられるという考えだったのでしょう。昔は今より寒さが厳しく?池の底まで凍る可能性があったからなのでしょうか?現在は池の上に小屋がかけられ水を少しずつ出しっぱなしにしているので冬期間でも氷が張る事はなく水温は4~5度をキープしています。
DSCN1003_201910180506321ba.jpg
そして排水しながら胴付き長靴を履き手にはデッキブラシを持ちながら周囲の岩に付いた汚れを落とし、池の底をデッキブラシでこすり汚れた水を排水します。汚れた水の中を鯉、金魚は右往左往しデッキブラシにぶつかりかわいそうですが仕方ありません。こうしたことをするので鯉、金魚は和尚に懐かないような気がするのです。一日一度昼頃に婆さんが池に行き餌をやるのですが婆さんの足音が聞こえるといつも餌をやる場所に集まるのだそうです。鯉金魚は人間を識別して集まるのか?お腹が空いている時間だから集まるのか?不明です。鯉金魚に人間識別能力があるとは思えませんが?ひょっとしたら人間の心を読む能力があるのかもしれません。和尚は餌を与える時は熊よけの鈴を鳴らし、鈴が鳴ったら集まる用に習慣付けをしているのですが餌を与える回数がす少ないので効果の程は未知数です。
DSCN1002.jpg
そして池の隅にあるオーバーフローした水を排水するパイプですが、和尚いままでここは池と完全に分離していると思っていたのです。しかし今年の夏この小さな空間に10cmぐらいの金魚がいて和尚こんなところに何故金魚がいるのだろうと思い手で捕まえ池に放そうとしたところ急に潜っていなくなったのです。この場所は水深2cmぐらいの狭い表面だけ池本体と繋がっているのですが、和尚はこの狭いところを間違って入り込みジャンプしてこの狭い場所にいたのだろうと思っていたのです。しかし消えた金魚の事が気になりこの隙間に手を突っ込み底の石を探ってみると中間部分に隙間があり指3本ぐらいが入るではありませんか!ここから鯉金魚がこの排水の為の場所と行き来していたに違いありません。これで和尚の前で消えた金魚の説明も行方不明の鯉の説明もつきます。行く絵不明の鯉は間違ってこの場所に入り込み帰れなくなりこの排水パイプを通って流されたに違いありません。その為排水パイプの内部を掃除する為にビニールホースを入れ排水のU字溝までの約10mを掃除し完了ですがすんなりホースが通過しない箇所が二箇所ありました。そしてこの池との隙間には砂利を詰め込み補修して横断は出来なくしました。
DSCN1008.jpg
そして排水が完了した池ですが塩5キロを投入して作業は完了です。左に見えるのはろ過器でその奥に見えるのは和尚が作った金魚の産卵礁なのですが残念ながら効果はありませんでした。オスがメスを追い回す光景は二三度見えたのですが稚魚の誕生には至らなかったみたいです。和尚同様メスを襲う気力、体力、精力はない?のかもしれません。鯉か金魚か確認不明な黒い魚三尾は順調に成長し大きくなっていますが魚体は鯉にそっくりで和尚は鯉だと思うのですが?しかしこの三尾は自分の魚体の色が回りの魚の色との違いを認識しているのか?群れの中にいる事はあまり見ません。鏡のない池の中で自分を見ることも出来ず自分の魚体の色を知ることも出来ないはずですから。それとも今話題を集めている人間社会に良くある いじめ? かと思いじいっと観察しますがその様子もありません。いったいこの黒い魚は?間違って本マグロの稚魚なら?養殖して大儲け?妄想は膨らみます。
スポンサーサイト



庭の選定他もろもろ

CIMG2456.jpg
親父放浪の旅に出る前に庭の新芽だけは綺麗にしようとして剪定に専念しお疲れモードですが、昨日はこの樹齢(推定100年以上)の松の木を大胆にも切ってしまいました。樹齢推定100年以上というのは母親がここへ嫁さんに来た時はこの道路の両側にこの松の木があって夜は出歩くのは気持ち悪かったそうです。当時は電気なども無くランプの生活ですからもちろん街路灯というものも無かったでしょうから夜の暗闇は気持ち悪かったでしょう。このま伸びれば電線にも引っかかり、また新芽を切る為にもこれ以上伸びたら新芽を切ることが出来なくなるのです。結局独断と偏見で軽四トラック二台分をカットしてしまい形は悪くなりましたが道路への飛び出しも無くなり安全になりましたがこのままでよいのでしょうか?切り口に消毒剤を濡れ!と言われても高所恐怖症の親父には不可能です。
CIMG2452.jpg
そして池の片隅に金魚の産卵に備え大型の鯉が入れないようにブロックと石で防ぐエリアを作りました。この場所は蓮の花が咲くエリアで、もし産卵したら隠れる場所もあり稚魚の生き伸びる可能性のある草の生えている場所なのです。現在の水温は15度ぐらいでまだ産卵には早いでしょうが産卵場所として水草などが良いのでしょうが、水草を確保できない為床掃除用のモップを入れて代用しています。産卵の為には20度以上の水温が必要だそうなのでまだ早いと思うのですが函館へ行き水草を買うまでの代用です。普段温和な親父みたいな正確?の金魚がお腹の大きなメスを追いかけ回す様子見たことありますか?草食男子なる言葉で言われている現在の男子には考えられないほど攻撃的なのです。お腹の大きいメスを追いかけ回しお腹を突っつきメスは鱗が剥げ落ち皮膚も破れてしまうのです。可哀相と思うのですがこうした苦労して子孫を残さなければならないのでしょう。世の草食男子?に温和な?金魚の反面を見せれば草食男子の意識にも変化が現れ少子高齢化社会が変わる一助になるかもしれません。そして池の側には見たとこもない綺麗な小鳥が?
CIMG2451.jpg
綺麗な小鳥が息絶えていました。親父もちろん名前も知りませんが目で見て体に大きな異常は見当たりません。可哀相に!
CIMG2458.jpg
そしてパークゴルフ場とゲートボール場を仕切る斜面にはなぞの置物が?木の根を磨いた物みたいですがその切り口にあるのは?芸術作品かも知れません?そして斜面一面には花が植えられているのです。前回の高齢者事業団の大会18日には無かったのでそれ以降に斜面を利用した花壇が作られたのでしょう。こうして毎週、否毎日奥尻パークゴルフ場変化しているのです。
CIMG2459.jpg
そして花壇には早くもすずらんが咲いています。その上の方の花の名前は分かりませんが、草と花の区別がつかない親父には花壇の手入れはは無理で花が咲かなければ全部切ってしまいそうです。こうしてOPGはボランティアの皆さんの持っている個人個人の特有の才能によって運営されているのです。
CIMG2460.jpg
そして朝早くパークゴルフ場へ行くとSさんが皆がプレイを楽しむ前に皆さんに迷惑をかけないためにとグリーンに除草剤を散布していました。雑草を見つけその上にピンポイントで除草剤を散布するという気の遠くなるような細かい作業です。芝を守るために雑草(名前を聞いたが忘れてしまいました)だけに狙い打ちにしているそうです。こうした縁の下の努力によりグリーンが維持されより良い芝を目指しているのです。Sさんこそ陰のグランドキーパー否本物のグランドキーパーかもしれません。皆さんありがとうございます。

消えた鯉?

DSCN0647.jpg
池の水温も7度以上になり金魚、鯉の動きが活発になり池の汚れも目立つようになり親父昨年の秋以降約6か月ぶりの池の掃除をしました。掃除と言ってもデッキブラシで池の周りの岩をこすりコンクリート製の底をこすり汚れた水を排水口を空け排水するだけなのですが、親父胴付き長靴を履きこするだけなのですが親父にとっては結構な重労働です。その為今日予定していたパークゴルフの練習は中止になりました。風が強かったものの天候に恵まれ多くの愛好家がパークゴルフを楽しんでいました。そして昨年10月山古志の鯉生産組合から購入した三匹の鯉の内2尾が見つからないのです。冬の間親父鯉を見に池へ行くと足音を聞くと小さな金魚、鯉が動きだすのですあその時以来二尾が見当たらなかったのです。
DSCN0648.jpg

こうして金魚の産卵の為の浅瀬が見えるまで排水したのですが三色、昭和三色の二尾が見当たらないのです。そして買った直後一番元気のなかった大正三色一尾だけが確認できるのです。親父未確認魚を確認するため函館のS先生に相談したところ未確認の黒い魚をタモで救い上げひげ?の有り無しを確認して金魚か鯉かを確認したら?と言われ二度程タモを持ち試みたのですが黒い魚を救い上げる事は出来ませんでした。魚はタモを持ち救い上げようとすると本能的に逃げるのでしょう。この動作は多分生きているもの全ての本能なのでしょう。この黒い魚も冬の冬の間も成長し体型から親父は鯉だと思うのですがこのサイズになっても黒いままなのが不思議なのです。食用の鯉は黒いのが多いと思うのですがいままで家では黒い鯉を飼った事はないのです。
DSCN0652.jpg
そして排水した後は消毒の為塩5キロを投入します。昨年の秋から4月まで金魚は二尾死亡しているのですが金魚の場合は死骸を確認していますし、体型も異常なく、伝染病の疑いもなく埋葬したのですが鯉(三色、昭和三色)の場合は死骸も確認出来ていないのです。どこへ消えたのでしょうか?これで我が家の池には二つのミステリーが存在する事になります。出自が不明の三匹の黒い魚、そして消えた二尾の鯉(三色、昭和三色)。ミンクの仕業なら被害は二尾だけで済まないはずでミンクなら全滅の憂き目にあっていたでしょう。

冬への備えPⅡ

CIMG2219_201812061437389b7.jpg
循環ポンプをはずした池の様子ですがろ過の為の循環水の波紋も見られず表面はすごく穏やかです。表面左に見える青いホースの下には水中ポンプがついていて水を吸い上げ中央の黒い円筒形の中に紫外線ランプがついていてこれで殺菌し殺菌された水は右側の青いホースから池に戻されるのです。個人的にはこの殺菌装置は非常に優れものと思っているのですが大きな鯉が一年の」間に何尾も死んだのは寿命の他に水質の問題があったのではないか?と親父は思っているのです。60cm異常もある5キロ以上の鯉がわずか一年の間に次々に死んだのですから。寿命の他に水質の悪化があり高齢の鯉ほど抵抗力が弱くなり寿命を全うしたのではないか?というのが親父の推理です。親父も同じく高齢者の仲間入りで池の掃除、船の大掃除の翌日には何故か体のあらゆる筋肉が痛み身体障害者のような歩き方をしていましたから。今日は何とか回復しましたがその体力のなさに情けなくなります。
CIMG2218_20181206150303301.jpg
そして9ヶ月間の汚れを洗車機で洗いきれいになったろ過器ですがフィルターが弱ってきました。水温が高い夏の間は3日間に一度清掃し今は一週間に一度の清掃の頻度ですがやはり効果は絶大です。下の円筒形の中にフイルターが入っていて水中ポンプで吸いあげフイルターできれいになった水を中央の出口から排出して池に戻すのです。10日前ぐらいから餌を与えていないので鯉、金魚の排泄物も出なくなり水質の悪化も避けられ池の底もきれいです。(夫の後始末)を読んでいて{「奉仕」とは排泄物を世話すること}というページがあります。ギリシャ語の言語では奉仕「デアコニア」の意味は「汚いものを通して」ということだそうです。やはり奉仕とは究極の選択であり残された人間にとっても決定的?なことなのかもしれません。親父に万が一のとき出来るか?と聞かれれば一度か二度かは別として毎日ならう~んとなってしまうでしょう?生き物を飼う、介護保険料を天引きされる年代になり健常に生きることの難しさ?が脳裏をかすめます。

錦鯉その後

CIMG2180.jpg
放流してちょうど一ヶ月がたった鯉(これは昭和三色?)と推測されますが上二尾は金魚で下二尾はドイツ鯉です。親父最もポピュラーな三色セットを購入したのですが昭和三色と大正三色との違いがいまいち良く理解できていないのです。昭和三色は大正三色と比べて黒が多いぐらいの違いしかわからないのです。鯉の愛好家にとってはその優劣が簡単にわかるのでしょうが初心者の親父には全くわかりません。日本シリーズで敗れたカープ党もかわいそうですが幼少の鯉のうちから容姿で判断されてしまう鯉もかわいそうです。この下のほうのドイツ鯉は鱗がないのが特徴で池には数匹いるのですが魚なのに鱗がないとは?不思議ですよね。そして三尾のうち大正三色と見られる一尾は親父に似て人見知りみたいなのです。
CIMG2168_201811141114088bf.jpg
放流後しばらくその存在を確認できなかったのですがここ一週間ぐらいで岩の陰に隠れるようにしているのを見ることが出来るようになったのです。そのため群れに混じって泳ぐことは最近ようやくきることが出来るようになったのですがやはり普段は岩陰に隠れるようにじっとしていることが多いのです。そのためえさをあたえても餌に飛びつくようなこともありませんしやはり親父に似て大人しい?のです。生き物は飼い主に似るといいますが親父に似たのはこの一尾だけですからこの例えもあまり信用おけません。今の水温は12度くらいでやや低いと思いますがもう少し水温が高い方が成長を望めるのかもしれません。湧水を使用しているのでもう少し水温が高いほうが良いと思うのですが。
CIMG2177.jpg
そして前回もアップしましたが未確認魚です。白い鯉のすぐ前を泳いでいるのがその魚ですが計三尾いるのが確認できました。親父買ってきた記憶もありませんので自家繁殖したものと思われますが昨年にも見た記憶があるのですが色は黒で魚体形は鯉形で金魚体形ではありません。突然変異した新種の鯉ならば親父大儲けするビッグチャンスなのですけれど?無職になりいかに儲けるかを考えている親父ですがまだ住所があるだけでもましでこれが住所不定?無職・前科何犯がつくようになると親父もこの世の終わりです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ