FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

経皮的冠動脈形成術

DSCN0926.jpg
経皮的冠動脈形成術と医学的に表現すればなにやら難しく聞こえますが、簡単にいえばカテーテルによる手術のことです。よくTVの番組で紹介されていますが和尚まさか自分がお世話になるとは思っていませんでしたので、いままでは興味本位で他人ごととしてTVを見ていたのです。カテーテルによる検査は昨年一度手首の動脈からの検査を経験していますのでまたその単なる延長線上の事と楽観視していたのです。しかし今回は説明するので肉親者も連れてきてくださいといわれていたので何か胸騒ぎを感じていたのです。そして和尚いつもお世話になっている同じような病状を持つ当麻町のIさんから万が一カテーテル手術を受けるなら旭川にカテ-テルの名医がいるから(現在は札幌勤務)そこで手術を受けたほうが良いのではといわれていたのです。そして検査の結果は?
DSCN0930.jpg
和尚セカンドオピニオンを希望するので札幌へ行って見たいというとDrはセカンドオピニオンも大事だけで今の和尚の病状はそんなに余裕はなく早ければ早いほど良いと言うのです。しかし和尚は長男で兄弟の了承を得る必要があるといい翌日翌日手術に関する説明・同意書を提出します。すると11日午前9・30分からなら手術室に空きがあるということで手術が決まりました。手術は右足の付け根の大動脈からカテーテルを挿入し挿入した血管をバルーン(風船みたいなもの)で広げ、そこにステンドをいれるというもので予定通り約一時間で終了しました。万が一に備え左足の付け根にもカテーテル挿入用の管を入れておいたのですが左の管は使用しないで済みましたが、この左足の皮下出血の後は今でも少しですが残っています。手術は部分麻酔で行われるので手術仲のスタッフの緊張感は否応無く伝わり和尚は椅子の淵を握り占めDrの一言一言を聞き逃すまいと集中します。しかし脳の劣化は著しく術後覚えているのは20ミリと30ミリのステンドが入ったのではないかと想像できるぐらいです。看護師さんの説明によるとステンドが二本入っているとの事なので和尚の記憶も間違いない見たいです。
DSCN0921.jpg
そして和尚が今回利用した病室がこちらです。普通のビジネスホテルのシングルの二倍以上広さがありますが和尚もし入院したら常に人生の最後と心に決めている為なのです。一昨年の10日間の意識不明事件までは和尚人生の最期は海でも山でもいいから人知れず最後を迎えるので満足だと思っていたのですが、和尚の身代わりのような可愛い孫が生まれてからは孫に囲まれて最期を迎えたいと思うように心変わりしたのです。宝命和尚もごく普通の人間でカリスマ性はゼロですね(笑い)いままでパークゴルフをリハビリの為に楽しんでいたのですが30Mも歩かないうちに胸が苦しくなり少し休んではまた歩く、胸が痛くなると胸を押さえ休憩を取る、水を飲んだり果ては(救心)を飲むなどしていたのですが、昔から動機、息切れに救心というコマーシャルは良く知っていたのですがまさか自分がお世話になるとは思いもよらぬことでした。オペを躊躇う和尚にDrは男性の平均寿命は81才あり今オペをして成功すればまだ10年は生きられるかも知れないといい、またまた診療行為によるリスクも詳しく説明してくれたO・Drにも感謝です。今こうして駄文を書くことが出来るのですから。そして病院に関して言えば看護師さん達の接遇も非常に良かったことにも感謝です。ありがとうございました。
スポンサーサイト



剃髪

DSCN0837.jpg
偽和尚の風貌がまだ未完成な和尚ですが、最近頭を自分で剃ることが楽しくなってきたのです。蘭越町の I さんから剃り方を聞いてから入浴時間の約半分を剃髪に費やしているのです。最初はまだらで虎刈り状態だったのですが回数を重ねるほど剃り残しが減りすべすべしてきたのです。この自撮り画像は風呂上りの直後のですが我ながら70点ぐらいの出来なのでは?と思います。綺麗に剃れると頭皮を撫ぜると赤ちゃんのお尻のようにもち肌のようにすべすべしていて手肌が皮膚に吸い付くような感覚になるのです。しかし剃り残した部分があると硬い毛髪部分が残り直線状態になったりしていて直ぐに分かるのです。そしてT型かみそりで剃ると頭が丸いことが実感できるのです。T型かみそりの刃の幅で剃れるのではなく中央部でしか剃れずに頭が球体であることを確認できるのです。
DSCN0836.jpg
当初スキンヘッドにした目的は僧侶の真似をすることではなく、スキンヘッドの持つ反社会性に半分憧れ仕事をしている内は絶対スキンヘッドには出来ないだろうと思い、そして人生をリタイアした今なら夢がかなえられると思い敢行したのです。そしてある日突然のようにも思い出し家内に剃髪を告げ理容院に出かけたのです。しかし理容師さんも何度も本当に剃っていいの?と何度も聞き親父の決意が揺ぎ無い事を確認しバリカンを入れたのです。そして何度もいろいろな角度から剃り真っ青なすがすがしい?みずみずしい?頭になったのです。そしてまるで珍しいものにでも触るように頭を撫で回し剃り上げが完了したのです。頭皮が手肌に吸い付くような赤ちゃんのお尻の感触に浸っていたのかもしれません。こうして完成したスキンヘッドは当初予想していたよりはるかに手間がかかり大変なのです。想像以上に髪の伸びが速く2日もすると硬い髪が伸びその髪の長さでも下着を着るとき襟首に引っかかり着脱が簡単に出来ないのです。そのため頭髪にクリームなどを塗らなければならず余計な手間がかかるのです。スキンヘッドの前は短髪で手入れもしたことのない状態だったのでなおさら感じるのかもしれません。長髪で毎日整髪をしている人ならそんなに感じないかも知れないのですが?
DSCN0840.jpg
真上から見た頭の様子ですが大事な頭が無防備の状態です。すでに頭の中は空洞で記憶も徐々に否すでに無くなっている状態なので、人に迷惑をかけず最低限の日常生活を送れれば良し!、としているのでヘルメットなどで頭を守る必要は無いでしょう。そういえば古代インドでは頭を剃るということは重罪を犯した者への刑罰だったらしいのですが、今のように優れたカミソリなどなかった時代どの様に頭を剃ったのか気になります。まさか鋭い石器で剃るとしたらそれこそ本当に怖い刑罰ですよね!ミスったら頭が割れる?なんて。巷からは偽和尚に向かい(頭を剃るより心を剃れ!)と言う声が聞こえてきまが本当にそうだと思いますがすでに手遅れです。

全道の道の駅  完全制覇

DSCN0819.jpg
十勝は大樹町にある宇宙航空施設ですが、和尚は今回第三次北海道遠征計画により全道122の道の駅巡りの旅を無事故、無違反で達成することができました。全走行距離約6200キロで17日間(内一日は利尻島遠征)で同じ道を何度も走ったりと言うミスもありました。今回は前回回りきれなかった道央の一部と日高、十勝を回る予定で五日間(一日は予備日)を予定していたのですが今回は事前に計画を立て予定どうり回ることが出来たのです。
DSCN0816.jpg
画像では良く分かりませんが道道236号線浦河から日高山脈を超え十勝に抜ける天馬街道ですが、この峠を越えると十勝の広大な土地が続きます。こうして車で走ると高い日高山脈から永遠に続くかのような直線道路と変化に富んだ北海道の大地が続き退屈しないのです。そしてその土地により畑作だったり水田だったり牧畜だったりと景色が一変し景観が変化するのです。それぞれの環境にあった第一次産業で成功しているのでしょう。その地域では農協の建物が立派だったりまたオホーツク沿岸では漁協が立派だったりと地域の特徴がよく出ていて地域発展の源であるのが良く理解できました。それに比べ檜山管内の衰退が良く理解できました。そして石狩川、天塩川、沙流川など河川の持つ絶大な力の恵みの大きさに認識を改めました。島で長年暮らしていると海の力の大きさを感じても川の持つ力の大きさは感じることが出来ませんでしたから。太古の昔から河川の洪水によって豊かな大地が作られた経緯からすれば人類の歴史は微々たるものなのでしょう。そして北海道の大きさを体で感じた旅でした。そして我が奥尻島の未熟さを痛感しましたが、未熟ということは発展の余地があるということですが和尚の想いは悲観的です。和尚にとっては初めての全道を周遊する旅、大変勉強になりましたがもう20年早ければ?だったでしょう。

利尻島訪問記 Ⅱ

P1030974.jpg
人生初の黒色ハイヤーによる観光はドライバーの親切な案内により順調に進みますが利尻島の場所が分かる簡単な標識ですが、以前は小樽と海路で繋がっていたそうです。サハリンまで100キロで稚内の倍の距離ですので外国航路も簡単に開設できそうですが、現在は稚内サハリン間航路は営業されていません。ベテランドライバーは花と草の違いの分からない和尚に一生懸命車を止め草花を指差しながら説明してくれますが、××の耳に念仏状態状態です。そして海栗の身採りの終わった漁師の人達に奥尻からのお客さんだと紹介すると漁師の人達はニコッとして下に頭を下げてくれますが同じ島同士連帯感を感じます。そして海栗の値段を聞くと前日までは9,000円だったそうですがこの日は6,500円だったそうです。しかしうに丼の値段に変化はなく4,000円前後でしたので和尚は今年はまだうに丼を食していないのですが修行の身の上ぐうっと我慢でした。この差が奥尻と利尻の差で需要と供給の関係で経済の原則です。札幌のホテルなどでも土曜日はグンと値上がりし日曜日になると下に戻り、また普段と違いハイシーズン料金を設定したり、レンタカーなどでもハイシーズン料金料金を設定しています。和尚も以前は良心的でない、ボッタクリだなどと思っていたのですが今、冷静に考えてみると一年間この仕事でご飯を食べている以上当然だと思えるようになってきたのです。またこれが利尻の実力なのです。
P1030972.jpg
そして江戸時代後期北方警備についた会津藩の藩士達を弔う碑が島内に三箇所もあり顕彰碑が作られています。当時の粗末な住居やビタミンなどの栄養不足、帰還途中に船が沈没したりでかなりの犠牲者が出たのだそうです。そしてドライバーからラナルド・マクドナルドの話を聞きドライバーの豊富な知識に関心し利尻の旅が思い出深いものになりました。この人物は密入国の罪で捕らえられ長崎に送ら座敷牢に入れられたそうですが藩士に英会話を教えペリー来航の折には英会話を勉強した藩士が活躍したそうです。日本に憧れ捕鯨船の乗り組み員となり自ら希望し利尻に上陸したラナルド・マクドナルドは野塚という所に上陸しここには上陸記念碑があり、日本初の英会話教室を長崎で開かれたそうです。P1030983.jpg
名前は忘れましたがこのような小さな祠にもきちんと整備されていて本当に暇なく島内を休む暇なく説明してくれます。観光資源とは物だけでなく人物の造詣に深さで、物(資源)と人(人物)が合わさった物が観光資源といえるものではないか?と思えるのです。その点わが奥尻島は人材不足の観は否めません。(あくまで和尚の主観)です。
P1030964.jpg
そして永遠のアイドル吉永小百合さん主演の映画のロケ地など本当に沢山のビューポイントがあります。
P1030990.jpg
そしてオタトマリ沼など沢山の観光客でにぎわっていますがやはり綺麗に整備されています。沼と湖の違い分かりますか?うろ覚えですが水深で決まるのだそうで水深5m未満が沼で水深5m以上が湖に分類されるそうです。キナンポ頭の和尚ですから自信はありません。そして利尻ではポン山、ポンモシリ島などポンがつく地名が多くあるそうですが、ポンはアイヌ語で小さいという意味だそうで、和尚妙に納得です。そういえば小さい真鱈を島ではポン鱈と言います。ひょっとしてポン鱈のポンはアイヌ語ならば納得です。白い恋人の絵はオタトマり沼近くから見た利尻山だそうですがあいにく利尻山は見ることが出来ませんでしたが、残念がるドライバーにもう直ぐ離婚するので離婚記念旅行だから利尻山は見えなくて当然と言いドライバーを煙に巻く和尚でした。


利尻島訪問記 Ⅰ

CIMG2478_20190619044949255.jpg
和尚、かねてから念願だった利尻島を訪れることができました。同じ北の島なのに訪れる観光客のその数の違いは何なんだろうとかねてから疑問に思い、自分の目で確かめようと思っていたのです。そして車で稚内に着いたのは夕方でネットでホテルを探しても空きはなく、道の駅内にある観光案内所を訪ねて空きを確認してもらいますがホテルは全て満杯で、ただ業者向けの旅館ならら素泊まりで一件空いている所があるというので即決でお願いします。和尚の中古車は一応車中泊の準備は整っていて車中泊は可能なのですが、年のせいか夜間トイレが近くそれが一番の悩みなのです。道の駅と駐車場は離れていてその上駐車場は他府県ナンバーの車中泊用の車で一杯なのです。そしてホテルの数も大きさも大きくかなりの収容力があると思われるのですがそれも満杯でそこで第一に利尻、礼文の人気に驚きます。そして場末のような旅館(お上さんは親父と同じ病で入院した経験を持ち親切)を朝早く出て7時20分頃の鴛泊行きに乗り込みますが、同じハートランドフエリーで会社は同じですがフエリーは当然カランセ奥尻のほうが新しいので綺麗で船内放送もはっきり聞き取ることも出来、船内の案内も奥尻の方が親切です。しかし船の速力は2ノット違うだけで引き波の速さが違い奥尻のフエリーもこれだけの速さがあれば2時間を切ることができるのにと思う和尚でした。離島の場合二時間を切るか切らないか?は一つのポイントだと和尚は考えます。船酔いする人にとっては船酔いは地獄ですから一分一秒でも早いほうが望みですから。
P1030994_201906190536174f2.jpg
姫沼でよく晴れた日はこの水面に逆さ利尻富士が映えるそうですがこの日は和尚の普段の行いが悪いせいか逆さ富士は見れませんでした。そして美幌峠でも知床峠でも片側は曇りでその反対側は濃い濃霧と天候には恵まれず道北では半袖の人はほとんど見ることが出来ませんでした。稚内のフエリーターミナルにも駐車場があり一日1,000円ですが足の不自由な和尚は当然こちらを利用します。そして立派なターミナルへ入るとそこの案内所に偶然以前島に居た事のある職員が居て懐かしく声をかけますが、鴛泊にはターミナル周辺にはレンタカー店舗が何店もあり大丈夫だと思うと教えてくれます。そしてターミナル二階からフエリーに乗船するのです。ボーディングブリッジ?と言うらしいのですが飛行機の搭乗口のようなものです。これなら雨が降ろうが雪が降ろうが濡れる心配もなく、足の不自由な人にも負担が少ないすぐれ物です。やはり旅行客の集客力の差がこうした設備にも現れるのでしょう。そして船内の乗客を見るとほとんどが観光客を思しき人達で、大きな一眼レフを首から提げタブレットを持ち背中にはリックを背負いその上に寝袋をつけた旅慣れた人と思える人達がほとんどです。まだ本格的な観光シーズンでない6月上旬からして客層が違います。そして鴛泊港に着きレンタカーを予約していない和尚は近くにいたレンタカー店の人に声をかけますがあいにく満車ですと断られます。この後和尚あきらめずに他のレンタカー店を探せばよかったのでしょうが近くに居たタクシーに声をかけると即OKの返事をもらい、和尚まれて初めてのタクシー観光を経験するのですがこれが結果的に大満足で約3時間で利尻島の資源の豊かさを知る事になるのです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ