プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

二度目のそい釣り

CIMG1212.jpg
昨日は朝四時出港で人づてに聞いた黄ソイが釣れていると言うポイントへ向かいましたが乗り子のOさんは約束の時間に遅れるとまずいと思い二時から起きていたそうです。どうりでで親父が時間より10分はやく船へ行くとOさんの車があり大分待っていたそうです。こうして前日親父のブリの記録更新して気合いが入っている海響はいつものポイントには目もくれず西海岸へ。東海上はベタ凪ですが賽の河原を超えると西海上は波が立ち巡航速度を維持できません。
CIMG1211.jpg
これが賽の河原沖合にある海中からそそり立つ標識ですが夜間は灯台からサーチライトで照射されています。漁船はこの標識の内側に入る事は暗岩が有る為危険なのです。そして肝心の新しいポイントの釣果は?Oさん前日地元の漁師に黄ソイのポイントをきいていてそのポイントも親父が数年前行った事のあるポイントと合致するのですが皆無状態でした。それだけならまだしも魚探の反応に乗せると40センチもあるフグに襲われ餌は獲られT社長から貰った自慢の二本針も切られてしまい最悪の状態です。その上親父をメスフグと勘違いしたのか射精までする状態でその量もハンパなくデッキポンプで洗わなければならない状態です。
CIMG1209.jpg
早々諦めいつもの根に向かいますが途中立岩でも試してみますが反応はありません。この立岩はさすらい北海道という旅行記ではガリバー岩と言われていますが南西沖地震で岩の上部が崩れ岩が低くなったのだそうで透明度が高く日本で一番きれいな海と称された場所なのです。そしてここから近くの場所で親父11本Oさん6本の釣果でソイ釣は終了です。二人ともフグに餌が取られたため餌が底をついたのです。餌さえあれば多分まだ釣れたのでしょうがその上お目当ての黄ソイが一本も揚がらないので戦意喪失したのです。例年ならここは良い形の黄ソイが多く釣れる場所なのですが。そして大物の真鯛が釣れた場所宮津弁天のGPS画像です・
CIMG1207.jpg
西海岸へ向かう途中の画像ですが参考になるでしょうか?沖合いから等深線が弁天岬に向かい進んでいます。この等深線に沿って真鯛は侵入したのでしょうか?親父こんな大物の真鯛はいりませんからせめて35センチでも良いから死ぬ前に一度釣りたいと思う親父でした。
スポンサーサイト

爆報 島に真鯛が!そして親父記録を突破

IMG_1594.jpg
日曜日釣りのメッカ宮津弁天でなんと80センチの真鯛がルアーで釣り上げたられました。Tさんが釣り上げたそうなのですがT社長からこの画像がメールで送られてきました。親父恥ずかしながら真鯛は料理屋で塩焼きされたものしか見た事はなく、ましてはこのサイズですから次ぐT社長に電話して魚種を確認したのです。これは相撲界で優勝もしくは横綱昇進祝いに関取が片手に持っているサイズです。親父以前真鯛が青苗の底網にたまに入るのは聞いた事がありますがこのサイズが陸から釣れるなんて考えた事もありませんでした。函館でも鯛を釣る為に青森の方に行くというのは聞いた事があるのですがまさに驚きです。海流の異変か?今朝の海水温は確か14度位で暖流が強くなっているのでしょうか?えびで鯛を釣るというのは聞いた事がありますがルアーで陸か釣れるとは!きっと弁天さんがおびき寄せてくれたのでしょう!
CIMG1203.jpg
そして今朝親父爆睡し四時半過ぎの太陽ですが海上はベタ凪です。実は親父二日間の剪定作業で疲れ果て昨夜はアルコールを一滴も飲まず九時に寝てしまったのです。アルコールを抜いたのは多分一年ぶりぐらいでしょう。高所恐怖症の親父は脚立の上に立つだけで足が震えその上片手でのこを持ったりするので余計に疲れたのでしょう。情けない親父です。これで万が一入院なんて事になってもアルコールなしで寝れる事が確認できました。そんな良い子の親父に龍神様からのご褒美が!
CIMG1206.jpg
親父ついに10キロ超えか?と思い計量すると9.9キロ後100グラム足りません。小さい方で4.5キロですからその大きさが分ると思います。最初はそんなに大きいとは思わなかったのですが側にきてビックリで最初引き揚げようとしたのですがラインを持つ手のラインが伸び失敗しこんどは針のすぐ上のラインを手に三重巻にしありったけの力をだし船上に日揚げました。親父今朝は大物の予感がしたのか腰にコルセットをしていたのです。ついに8.5キロから9.9キロ記録更新です。このサイズぜひ秋に釣りたいですね。秋ならキロ3000円はするでしょうから楽しみですね。準組合員として胸を張れる時は親父にいつ来るのでしょうか?いつも鱈を入れるハッポーに入れようとしたのですが入らず尾の方の身を切り折り曲げ内臓を取りようやく入れる事ができました。一日アルコールを抜いただけでこんなご褒美が来るなら断酒しても良いと思う親父でした。

みょうがたけ

CIMG1200.jpg
今日いつものW社長からみょうがが届きました。おれいの電話をするといつも利用する食堂にもおすそ分けしてくれとの事です。持っていくと社長いつ来るの?と聞きますが今は多分農作業が忙しいのでは?そして鱈が釣れないと来ないのでは・と答えますがW社長いつも鱈が釣れないと来島しないのです。この時期親父まだ鱈釣りはしないのですが2,3日まえ宮津沖の根に船がいたので多分釣れていたのでしょう。親父最近は釣りより庭の剪定に一生懸命で剪定の楽しさに目覚めたみたいです。数年後の姿を想像しカットするので数年後を想像するのが楽しいのです。
CIMG1201.jpg
みょうがたけは親父北海道ではあまり見かけた事はなく食べ方も解からないのですがレシピも同封されています。早速今晩の酒肴にして頂きます。W社長いつもありがとうございます。
CIMG1202.jpg
いろんなレシピがありますがはたして家内にまかせるどんな料理になるのでしょうか?そういえば最近小ぶりが釣れているみたいで親父も明日挑戦する予定なのですが島でルアーで大変な大物が釣り上げられたみたいです。明日にでもアップします。W社長ありがとうございました。

今朝のソイ釣

CIMG1196.jpg
今朝のソイ釣の貧果です。五時起床したのですが小ぶり釣りかソイ釣に行くべきか悩みながらソイ釣に決めました。冷凍庫から昨年のイカを取り出し船のイケスにいれ解凍しましたが今朝の目的地稲穂岬に着く頃には半解凍の状態になりちょうど良い状態です。しかし餌の状態はベストですが潮は1マイルの状態で全く釣れません。ポイントを変えながら何度も試しますが5投目で今日の大物50センチを釣り上げます。結局ここで二尾だけで最悪の状態です。潮波がたち時々白波も見えますがこれでは恥ずかしくて帰るわけにはいきません。天気予報を信じて西海岸へ向かいます。
CIMG1194.jpg
やはり波があり巡航速度を維持できませんが目的地に到着ですが魚探の反応は今一です。ここの根は非常に小さく寝に乗せても一投で根から外れてしまうので何度も根の上まで船を持って行かなくてはなりません。そしてここで4尾釣り上げますがいずれも小型です。ソイ釣は一投目でそこにいる一番の大物から釣れると言いますのでこの根は誰かに釣られた後なんでしょう!今年最初のソイ釣は最悪の結末でその上黄ソイ、マゾイは一尾も釣れませんでした。釣られてしまった後なのでしょう。
CIMG1192_20170616192241ccc.jpg
そいて今朝の賽の河原と稲穂灯台です。今月22日島の三大祭りdある賽の河原祭りが行われます。海難犠牲者や水子供養を弔う行事なのですが近年は観光化されています。家の婆さんも5,6年位前は毎年お参りしていたのですが最近では車から降りて長い距離を歩くのがたいぎだといい行かなくなりました。ソイ釣は例年この賽の河原の頃ガピークなのでもう三週間位ソイ釣は楽しめるでしょう。そして昨日早朝玄関の前には、
CIMG1187.jpg
KKさんに頼んでいた餌ようのイカのハッポーがカラスに狙われないようにポリ箱をかぶせて置いてありました。余り漁がないみたいなのですが早く帰って来たので玄関に置いたのでしょう。このいかカラスに狙われる前に家内に取られて刺身となってテーブル上に上がっていました。カラスより人間に注意しなくてはなりません。人間が食べても美味しいイカをソイ、鱈が食べないはずはないのですが今朝はソイが思うように釣れません。
CIMG1189.jpg
今回は一人で釣りをする場合に備え10数パイずつの小袋に分けましたが80パイ位もイカが入っていました。多分Kさんのサービスなのでしょう、Kさんに感謝です。それで今年は4箱のイカを確保したのですが餌用の冷凍庫は家庭用食品に占拠されこれ以上冷凍する事はできません。本当に×××は欲が深く物を捨てられない性格なのでしょう。捨てろと言っても捨てられないなら変わりに親父が捨ててやると決めた親父です。Kさんは水温が上がればいかは獲れるのではないか?というのですが今朝で水温12.5度ぐらいでした。親父今年から秋からは本格的に鱈つりをしようとしているので餌の保存が必要なのです。
CIMG1199.jpg
瀬棚から島に到着したフエリーからは沢山の明日のムーンライトマラソンに参加スルランナーが新造船カランセ奥尻から続々と降りてきます。タラップが二つ使用されていると言う事は100人以上の乗客がいる場合に利用されるのです。そしてレンタカーをご利用の仙台からのお客様二人様の明日のマラソンに参加されるのですが初ハーフだそうです。そして今からウニマルキャップを着用し散歩している人もいます。それをみて親父もタイムを競う大会でないから楽しんで完走してくださいと云うとうなずいてくれました。ただ親父の前を通る時は目立つ格好してくれ!親父マイクを持って応援するからとプレシャーをかけておきました。ぜひムーンライトマラソンを楽しんでください。

庭の剪定

CIMG1182.jpg
垣根のオンコの剪定をしましたが親父の根性と同じで曲がり真っすぐすがこれが剪定後の様子でデコボコな状態がわかると思います。脚立を使用し電池式バリカンを使用するのですがなかなかまっ直ぐにするのは難しいのです。本当は糸を張り真っすぐにすればよいのでしょうが親父の性格はそんな緻密な作業には向いていないのです。そして近眼と老眼さらに乱視の入り混じった目では見る角度によって違いますから真っすぐにはならないのです。そして作業していると写真の手前は深い緑色なのですが置くの方に行くとオンコの葉が濃い緑色ではなく葉が若緑色なのです。それも一本ではなく数本が若緑色で葉が枯れているのもあるのです。何かの病気なのでしょうか?気になります。隣の木と葉がくっ付いていると病気が伝染すると聞いた事があるのですが本当なのでしょうか?親父青森ヒバを植林した時ヒバが病気になった時3m以上離して植えないと伝染すると聞いて3m以上離してうえました。
CIMG1183.jpg
そして高い山などに自生していると言われているはい松?ですが親父先日Kさんの所へ所要で行った所庭で作業していてはい松について手入れの仕方を聞いてきたのです。この松は親父の死後6年間全く剪定をしていなかったので葉が岩に下が隠れる位伸びていたのですが思いきってかなりの枝を切り揃えました。まるでどこかの国のK主席の頭のになってしまいました。A国のT大統領ならこの頭を刎ねてしまいたいでしょうが?話はそれましたが親父も刈り上げすぎたかなあと思いましたがもうどうしようにもありません。本来亡き親父が岩の側にこの松を植えたという事は岩とはい松とのコララボレーションを考えての事だとソントクして納得するしかありません。6年間も剪定していないのですから。
CIMG1184.jpg
そしてこの岩もはい松に覆われ岩の形が分らなかったのですが親父なりの将来の松の形を考え思いきってバッサリ切ってしまいました。この松の右側の部分を伸ばし岩の上に行くように伸ばしていくのです。先日Kさんいお聞きした所伸ばしたい部分はそのままにして後の部分は伸ばしたくない部分はカットするとそのままの部分は伸びて行くのだそうです。庭にはこの外にも大きな石と直径3m高さ1.5m位の所にもはい松がありそれをどう剪定しようかと悩む親父です。散髪とちがい松の伸びは年単位ですからミスは許されません。
CIMG1186.jpg
そして二本の松から剪定された枝です。大きな岩のそばにはい松がいずれも植えられていると言う事は何かの考えがあっての事でしょうが美的センスが皆無の親父にはどうすれば良いのかわかりません。失敗はゆるされないのが剪定でやはりプロの仕事なのでしょう、そして親父には致命的欠点があるのです。梯子をかけて高い所には足が震えて登れないのです。昨日夕方黒松の新芽を高枝鋏で切ろうと脚立を利用して切ろうとしたのですが一番低い所は切れたのですが70%以上は切れませんでした。なにせうにまるパークセンタービルの屋上でも震えが止まらないのですから。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ