プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

PG場土木工事終了

CIMG1287.jpg
18ホールすべてに芝が張られたコースの全景ですがこの場所は島の甲子園とも呼ばれていた旧奥尻中学校のグラウンドだったためトラック部分と内野部分以外は緑の雑草に覆われていたのです。その為コーストとフエアウエイの区別は一目ではつきませんがまだら模様になっている部分がフエアウエイ、グリーンなのです。
CIMG1292.jpg
張芝の証明書ですが同じケンタッキー種でも三種を混合し病害虫に強くなるよう混ぜ合わせているそうです。芝は何度かに分けられ運搬されてきたのですが幅30cm長さ2mに切り取られロール状で運ばれてきてそれをコースに合わせ張りまたコースに合わせ鎌で切り取られるのです。幸い芝張り股間中は炎天下での作業は少なく毎日ガス模様で芝の根付けに適した気象条件でした。そして芝張りを終わったコースにはボランティアのNさんSさんが連日水撒き作業を手伝ってくれ水道の水を浴びせる程撒いてくれます。すると連日高音続きの道央圏から運ばれてきた芝は水を得た魚のように水を吸い膨張するのです。まさに芝は生き物です。こうして善意の人々に助けられた芝はほとんどが無事成長していますが炎天下の輸送中蒸れた状態の芝は?
CIMG1290.jpg
このように薄茶色に変色した芝もあるのですが所処に緑の芽が出てきています。連日水撒き作業してくれたNさんSさんの作業の結果芝も生き返ったのでしょう。まさにこのPG場はこうした善意の人達の協力でなしでは作られないのです。昨日もおやじ朝四時半に起き水撒き作業をしていたら配管に不具合があり土中に水があふれ出しますが親父の手に負えず水道屋さんにお願いしますが仕事終わりに来てくれ直してくれますが修理代はいらない、サービスだと言ってくれます。本当に島の人達の善意に親父感激してばかりです。そして芝が根着くまで毎日の水撒き作業ですが三人寄れば文殊の知恵です。
CIMG1289.jpg
島のホームコンビニへ行き散水器を購入してきて省力化を図りました。そして水圧が足りない為旧奥尻中学校の水道を一時的に使用させてもらいたく担当者にお願いしたところ今度は心良く承諾して頂き芝への給水体制は万全です。後は芝が島の善意を意気に感じ生長してくれる事を待つのみです。幸い今朝の雨模様で週末も雨の予報です。観光の繁忙期を迎え観光のお客様には申し訳ないのですが親父雨が降って欲しいのです。親父も観光に携わる身でありながらも今年だけは炎天高温にならない事を願っているのです。
CIMG1288.jpg
まだティー台が設置されていませんがフエアウエイの芝が順調に成長している第一コース距離30mパー3のショートコースです。コース自体はそんなに難しくはなくコースに変化を付ける事で難易度を上げてあるそうですが島民誰でもが楽しめるコースになる事でしょう。老若男女誰でも楽しめるパークゴルフ場を目指します。先ほどメールが届きまして全長878mパー66だそうです。皆さん楽しみにしてくださいね。親父釣りにも行かず水撒きに励んでいます。
スポンサーサイト

天然うに漁始まる(日本一旨い)

CIMG1281.jpg
今朝野名前地区船揚場に着いた磯船のきたむらさき海栗です。今朝は波があり南部地区はウニ取りが出来なかったそうです。野名前地区とは海栗(ノナ)前ともいい目の前はうにの宝庫なのです。一人一日獲る量は50キロと決められそれ以上採った人は超過数量を海へ戻されるそうなのです。浜には漁協職員が待ち構えていて数量を調べるのだそうです。最初のうに漁なので皆海藻の生い茂る場所へ行くそうで皆さん今日のうにの実入りは良かったと言っていました。ウニの平均の実入りは17%程でOさんは今日は7キロ位あるのではとニコニコしながら話してくれました。小売りはなんとキロ12000円位するそうで顔がほころぶのも当然でしょう。
CIMG1286.jpg
そして日本一旨いと言われるうにですがこの海水に秘密があるのです。親父昨日飛行機(濃霧の為二度着陸を試み15分遅れで着陸)できたお客様がなんとウニの為日本中を歩く関係者だったのです。そのお客様が親父に島のウニは日本一うまいもっと自信を持ってウニを売り込めというのです。それには島ならではの秘密があるのです。食品衛生法?には食品は水道水で加工?しなければならないのだそうで本土、本道では水道水を加工して人工海水を作り処理するのですが島では水道水を使うと水道水が不足するので海水の使用が例外的に認められているそうです。その為島では海水を吸い上げ殺菌処理し無菌海水としてウニの処理に使用しているのです。このウニも無菌海水の中にあるのですがこれが島のウニは最高の旨さだといわれる理由なのです。人口海水を使用すると海水の風味が失われるのだそうです。親父納得です。以前瀬棚でウニを食したのですがなぜか奥尻のうにのほうが美味しく感じたのです。食通でない親父でも感じたのですから島のウニは間違いなく美味しいのです。
CIMG1285.jpg
そしてこの装置がマリーン企画が販売している濾過装置で島のうに取り漁師の家庭に設置されています。本体価格は40万円ぐらいだそうですが漁協から約20万円補助がでて後は自己負担だそうです。一番気を使うのは食中毒で温度管理が非常に重要だそうで3.5度くらいを保たなければならないそうです。そして無菌海水を作るのは紫外線とオゾンだそうで熱や薬品は絶対使わないそうです。そして島の為のさらに重要な情報が!今現在積丹沖のウニは壊滅に近く状態で三陸沿岸もうにが不漁だそうで島のうにのさらなる値上げが予想されるみたいです。Aさん曰く積丹ブルーは観光客の為には良いが漁師の為にはならないといいます。プランクトンがいないから海がきれいでそれを食べる小魚もいないから小魚を食べる大型漁もいない事になるといい藻場が少ないからうにの実入りも悪くなると言っていました。島はまだ藻場があると言っていましたが奥尻ブルーを売り出していたら将来積丹のようになるのは目に見えています。産業と観光の両立難しい問題かもしれませんが親父の子供の頃の海は海藻が足に絡まるぐらいに茂っていましたから今とは雲泥の差です。これ以上うにが高騰すると親父の口には入らなくなります。

パークゴルフⅢ

CIMG1274.jpg
パークゴルフ場の造成もボランティアの協力もあり順調に進んでいます。これは芝を張ったあと目砂といって芝を張った後芝と芝の間に隙間が出来る為その間を埋めこの上からさらにローラーをかけるのです。そうする事によりその隙間にも芝が生えてくるのだそうです。そして島にも夏が訪れ高温になり芝には最悪な状態になりつつあります。㈱ラルクからの専門業者が芝張りをしその後をボランティアのNさんが水撒きをし最近ではまたボランティアのSさんがベテランに混じり芝張りの極意を会得したのか芝はりを率先して行ってくれています。この珍しい砂撒き機械多分島では見る事が出来ない機械だと思うのですが綺麗に砂が撒かれている状態が分ると思います。これはゴルフ場でも使用されているそうです。
CIMG1275.jpg
そして工事は着々と進み95mパー5のロングホールのグリーンの様子です。まだ芝の貼られたばかりの状態なのですが今はグリーンとラフが混在しているように見えますがこの後ラフを親父いつもお世話になっているT社長にお願いし乗用草刈り機を借り草刈りしたのです。ちょうど仕事中にも関わらず気持ち良くかして頂き感謝に耐えません。そして昨日夕方には頼まれもせずにSさんが暗くなるまで水撒きをしてくれていたのです。親父偶然近くまで行くとその姿を見たのです。涙もろい親父はまたまた感激ですが明日からは全島一斉にウニ取りが始まります。親父今日偶然島のウニがなぜ日本一旨いのか?その原因をある業者の方からお聞きしました。明日のブログで報告いたします。そして今週末には島の一大イベント室津祭りが行われる為島の宿泊設備が満杯状態になる為㈱ラルクの皆さんも島を離れなければなりません。完成まで後少しなのですがまだ来てない用品もありますので帰らざるを得ないようです。CIMG1278.jpg
そしてグリーンの芝を張っている状態ですが先にコースの芝をはり最後にグリーンの芝を張っている状態です。このコースのグリーンは比較的平らですがそのコースによっては高い低いがあり難易度を上げているのでしょう。芝はこのように丸められた状態で運ばれてきてこの結束バンドを切る事により2m×30cmの芝になりそれを並べる事により連続した芝になるのです。すかしながら最初に貼った芝にも黄色く変色した芝も見られ残念ながら島で生き残れなかった芝もあるみたいです。親父今夕グリーンに張った芝に水かけをしていた芝を見て芝は生き物だと実感しました、芝と芝の継ぎ目に重点的に水を与えるのですが水を与えると芝が生き返ったみたいに膨らむのです。そしてメタボ体型の親父の足元が浮き上がるのです。親父にアルコールが必要であるみたいに芝には水が必要なのでしょう。自然の摂理でしょうか?


パークゴルフ場その後

P1030885.jpg
その後のパークゴルフジュの様子ですが雑草が剥がされている部分が芝をはりフエアーウエイになる部分です。そしてこの雑草の切り取られた部分に真芝が張られフエアーウエイとなります。コースはバンカーなどを作らずコースを単調にせずそれによって難しくするのだそうです。
P1030887.jpg
このタイヤの側にある刃がコースの形に沿って土を切りフエアウエイの形を作るのです。その後をユンボが表土を削りとりその後に芝を張るのです。芝も早来町からトラックによりピストン輸送されています。
P1030888.jpg
芝はこのように丸められた状態で運ばれてきます。そして芝の上にある鍬が芝を切りコースの形に合わせます。見ていても気持ち良く芝が切り裂かれていきます。まさに職人の技です。
P1030889.jpg
これが最新のコース図ですが変化を付けていてB-9のコースは95mパアー5のロングコースです。
そしてまたW社長から大量の送り物が!
P1030881.jpg
御礼の電話をすると明日から稚内利尻礼文の旅にでるそうで、親父鱈ならいくらでも釣れるよと言うとまた今度だそうです。
そして二日前も。
P1030883.jpg
数日前知り合った蘭越町の知人から大量のいんげんが送られてきました。I さんは腎臓移植をしていて8年前に農家に再就職しトマトやブロッコリーを栽培しいんげんは直接販売用に栽培しているのだそうです。I さんはブログもしていて親父のブログも見ていたようですが(恥ずかしい)I さんのブログは(腎臓移植と食事と仕事と)です。親父も腎臓が最近平常値から少し高めなので注意しなくてはなりません。I さんのブログをみて参考にしなければなりません。最近は忙しすぎて体力が回復しないのです。いんげんもサイズ別に分けられているのでしょうね。

パークゴルフ場造成開始

CIMG1262.jpg
7月4日から本格的にパークゴルフ場の造成が札幌から専門業者が来島し始まりました。親父供養のすすぎで体調を崩し午後からようやく体調が回復しお手伝いに行ってきました。フエアウイになる部分は雑草がはぎとられ1コースはすでに芝が張られていました。芝は今朝昨日の船でトラックで運ばれてきた一般のゴルフ場でも使用されている真芝だそうで根付くまで水の管理が大変だそうです。ちょうど暑い時期に向かう今雨が降らない限り夕方に散水しなければならないそうでちょうど繁忙期に向かう今親父に出来るか・不安はありますが他を犠牲にしてもやらなければと思います。手前が第一コースの芝張りが終わった状態です。
CIMG1266.jpg
皆さんこの車何だと思いますか?非常に珍しい車で張った芝の上に目砂といって砂を撒く車で非常に珍しい車だそうです。今日はまだ第一コースに芝を張っただけでこの車の出番はありませんでした。昨日からコースの形に芝を切りその土を剥がし撤去しそこに芝を張る作業をしていたのです。芝を張る人はプロの職人で綺麗に張り余った部分はきれいにカットするのです。そして親父午後からは芝に水をかける単純な作業を手伝ってきましたが誰か日中水かけするボランティアの人はいないでしょうか?親父も繁忙期に入り毎日手伝う訳にはいかないのです。
CIMG1265.jpg
パークゴルフ場の良し悪しを決めるのは芝の状態だそうで親父パークゴルフをした事が無いので分らないのです。まずプレオープンの10月5日まで芝を養生し根付かせる事、それが非常に大事だそうで親父に維持管理が出来るか非常に不安ですが愛好会のメンバーの力を借りながら頑張ります。海に行く機会も減るでしょうし趣味の時間も減るでしょうが乗り始めた船ですから逃げる分けにはいきません。あっ後親父全く考えていなかったのですがパークゴルフ場の名前がまだ決まっていません。いままでは仮称奥尻パークゴルフ場となっていたのでが良い名称がありましたら教えてください。参考になります。親父ならキナンポパークゴルフ場がぴったりかんかんだと思うのですがキナンポと名称が付けばだれも遊びに来てくれないのではと不安になるのです。良い名称があれば教えてください。そしてボランティア募集中です。単純な作業です。皆さんぜひお願いいたします。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ